So-net無料ブログ作成

大阪府・津守神社南方地区 [├場所]

  2015年10月 訪問 

無題.png
1947年4月当時の写真(USA M265 121) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)


大阪府大阪市西成区津守3丁目にある津守神社

「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、

今宮職工學校(当時)に滑空研究會があり、津守神社南方地区を滑空場として使用していたとありました。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんありがとうございましたm(_ _)m

今宮職工學校は現在の大阪府立今宮工科高等学校です。

「神社南方地区」ということなのですが、1947年の航空写真で見ると、

上図囲った部分が更地に見えます。

仮にこんな感じだったとすると、最大で100m×130mのスペースとなります。

これは本格的な滑空場としては小さ過ぎるのですが、当時各地の校庭で行っていた数十メートルの離着陸訓練なら

充分行える規模と思います。

 

D20_0172.jpg

撮影地点より。

オレンジで囲った範囲が当時更地だった部分。

ここで滑空訓練をしていたのではないかと思うのですが。。。


      大阪府・津守神社南方地区     
今宮職工學校は淀川滑空場も使用していました

津守神社南方地区 データ
空港種別:滑空訓練場
所在地:大阪府大阪市西成区津守3丁目
座 標:N34°38′23″E135°28′57″
標 高:2m
着陸帯:100m×130m(最大)
(座標、標高、着陸帯長さはグーグルアースから)

沿革
1945年10月現在 津守神社南方地区にて滑空訓練実施

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0