So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

富山県・富山県立高岡工芸高等学校 [├場所]

   2018年5月 訪問  



無題k.png
撮影年月日1946/11/16(USA M320-A-10 39)  
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)の中にある、

「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、

高岡市中川富山縣立高岡中學校に「高岡中學校滑空部」があり、「高岡中學校運動場」を使用していたとありました。

この情報はアギラさんからいただきました。

アギラさんありがとうございましたm(_ _)m


で、肝心の「富山縣立高岡中學校」の場所なんですが、

(ここがそうだろう)と考えて、「富山県立高岡高校」にお邪魔して撮ったのが、2015年7月。

ところがです。

自宅に戻ってから念のため高校に問い合わせのメールをしたところ、

富山県立高岡高校の教頭先生から直々に非常に丁寧なメールを頂きました(ノ><)ノヒイィィ

いただいたメールによりますと、

「本校(富山県立高岡高校)は昭和63年に現地に移転しており、

昭和15年当時のグラウンドは、現在の高岡工芸高校のグラウンドの場所にありました」

とのことでした。

つまりオイラの撮った場所はまったくの誤りで、

現在の高岡工芸高校のグラウンドこそ、当時滑空訓練をしていた場所だったのですΣ(゚Д゚;)ガーン

ということで、今回3年ぶりに現地にお邪魔したのでした。

1946年当時の航空写真で見ると、グラウンドは2面あるように見えます(写真のAとB)。

広さはおおよそですがそれぞれ、A:100mx110m  B:175mx90m で、訓練用としてはどちらも十分です。

ということで、両方を撮ったのでした。


DSC_0079.jpg

A地点

適当な撮影場所を見つけられなかったのでちょっと遠いんですが、

画面中央のゴールポストよりちょい手前から奥が当時のグラウンド。


DSC_0078.jpg

B地点

昭和15年当時、AとBのどちらか、もしくは両方でグライダーが飛んでいたと思うのですが。。。



     富山県・富山県立高岡工芸高等学校         
高岡中學校(当時) データ
空港種別:滑空訓練場
所在地:富山県高岡市中川町1
A:
座 標:N36°45′07″E137°01′28″
標 高:8m
広 さ:100mx110m
B:
座 標:N36°45′06″E137°01′35″
標 高:13m
広 さ:175mx90m
(座標、標高、広さはグーグルアースから)

沿革
1940年10月 当時グラウンドにて滑空訓練実施

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)

謝意:
高岡高校K教頭先生


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

鹿児島のこういち

場所が現在の高岡高校の隣だったんですね。教頭先生ありがとう!(*´▽`*)
by 鹿児島のこういち (2018-06-04 11:11) 

とり

■鹿児島のこういちさん
そうなんです。
教頭先生ありがとう!\(^o^)/
by とり (2018-06-04 20:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。