So-net無料ブログ作成

福島県・浪江航空基地(候補地) [├場所]

   2018年6月 訪問  



無題d.png
撮影年月日1947/11/11(USA M640 119)  
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)
福島県双葉郡浪江町。

陸軍の「磐城飛行場」(現・福島第一原発)の北約9kmに海軍航空基地の候補地がありました。

防衛研究所収蔵資料:「海軍航空基地現状表(内地の部)」(昭和二十年八月調)の中に当航空基地の情報がありました。

以下引用させて頂きます。

位置:福島県双葉郡幾世橋村
基地名:浪江
最寄駅よりの方位距離粁:常磐線浪江駅E4
建設の年:(記載なし)
飛行場 長x幅 米:3,000x200
主要機隊数:中型機
主任務:作戦
隧道並に地下施設:平坦なるも松林の大部を占め抜根工事大、其の他工事諸条件良好
其の他記事:候補地

中型機運用の作戦基地、滑走路は3,000m級ですから結構な規模の航空基地を考えていたんですね。

で、海軍は具体的に浪江のドコにどんな向きで滑走路を考えていたのかが気になるところですが、

具体的な情報は滑走路の長さのみで、滑走路方向の記載がないんですよね。

方向が分かれば位置推測に非常に助かったんですが。。。

ということで、残念ながら限られた情報でアレコレ想像することになりますのだ。

資料にある通り「浪江駅E4」地点をグーグルマップ、航空写真でマークしてみたんですが、

E4地点のすぐ南側は広い河口付近になっているので、飛行場適地はE4地点以北ということになると思います。

E4地点から西北西方向に広い畑地が広がっていて、如何にも滑走路建設によさげです。

このE4地点~畑地は標高1~2mなんですが、上の航空写真の濃い部分は丘になっていて、

標高1~2mから唐突に20~30mになってしまいます。

グーグルアースで標高を見ながらいろいろ線を引いてみたんですが、

E4地点からどの方向に向かっても、直線で3,000mの平坦地を確保するのは難しいように思います。

資料には「平坦なるも松林の大部を占め抜根工事大」とあり、

当初は海岸沿いが松林で、そこに滑走路を計画したのかも。

と考えたんですが、この「松林の大部を占め」は「隧道並に地下施設」の項目にありますので、

滑走路はあまり関係ないのかも。

ともかくオイラには「ここだ!」とビシッと示せるような場所が見つかりませんでした。

ということで、上のグーグルマップは、資料通り3,000x200mだとこんな感じですよという程度のものです。

ご了承くださいませ。

「森林伐採程度はやった」という情報もあり、もしドコを伐採したか分かれば場所特定に有力な情報なんですが。。。


DSC_0096.jpg
平坦地はどこまでも平坦なんですが。。。



     福島県・浪江航空基地(候補地)         
浪江航空基地(候補地) データ
設置管理者:海軍
空港種別:作戦基地
所在地:福島県双葉郡幾世橋村(現・双葉郡浪江町)
座 標:N37°29′32″E141°02′05″(E4地点)
標 高:1m(E4地点)
滑走路:3,000mx200m
(座標、標高はグーグルアースから)

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料:「海軍航空基地現状表(内地の部)」(昭和二十年八月調)


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。