So-net無料ブログ作成

石川県・松波飛行場跡地 [├場所]

  2015年7月 訪問 

D20_0184.jpg

石川県能登町松波にあった「松波飛行場」。

「能登松波郷土事典」の中で、「今の石川県畜産総合センターの敷地内に、太平洋戦争末期にオートジャイロの飛行場が設置され、暁部隊の兵員が駐在し本土防衛に当たった。ジャイロは10機ほど、隊員は萬福寺と松岡寺に宿泊した。」

という記述があります。

ここは非常に珍しいオートジャイロ用の飛行場でした。

オートジャイロは、飛行機ではなく回転翼機に分類され、当飛行場に配備された萱場カ号観測機は、Wikiによれば、

向かい風なら数 mの滑走で離陸でき、無風状態でも30 - 50 mほどで充分という性能を持ち、

着陸はほとんど滑走せずに行う事が可能だった。また、もしエンジンが停止したとしてもオートローテーションで安全に着陸できた。

と記されています。

ということで、飛行機のような大掛かりな滑走路は不要であり、

1947年当時の航空写真(下記リンク参照)で石川県畜産総合センターの辺りを見ても、

平坦な場所はせいぜい300m程度でそれほど大きくありません。

ということで、ここは「飛行場」ではなく、「ヒコーキ関連の場所」としてカウントすることにします。

実際に操縦しておられた方の詳しい手記をネットで閲覧することが出来ます(下記リンク参照)。

 

松波飛行場跡地 map   


      石川県・松波飛行場跡地     

松波飛行場 データ
設置管理者:旧海軍
空港種別:オートジャイロ用飛行場
所在地:石川県鳳珠郡能登町松波
座 標:N37°20′51″E137°14′31″
標 高:29m
着陸帯:300m?
*座標、標高、着陸帯長さはグーグルアースにて算出

沿革
1945年8月1日 オートジャイロ機、高岡市より転進

関連サイト:
田畑義雄軍曹オートジャイロ部隊物語    
国土地理院 1947年11月当時の写真(USA M631 113) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 4

こけもも:

オートジャイロも使っていたとは。ggってみたら主翼の無い飛行機にローター付けたみたいな機体が見つかりました。カリオストロみたいな洗練されたデザインじゃないのね。
by こけもも: (2015-12-14 11:22) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございますm(_ _)m

■こけもも:さん
>カリオストロ
やっぱりソッチを真っ先に思い浮かべますよね。
宮崎大センセーならではのデザインと思います。
by とり (2015-12-14 20:55) 

me-co

「萱場」⇒「カヤバ」と聞いて、コンクリートミキサー車とかサス部品とかのあの会社か!と思わず身を乗り出しました。昔はオートジャイロ(初めて聞きました)なんか作っていたんですね。ふぅ~ん…某S社といい、特装車とヒコーキ、なんらかの関連性がありそうな?なさそうな??
by me-co (2015-12-15 01:54) 

とり

■me-coさん
零戦、紫電改の脚もカヤバ製なんですよね。
記事に含めときゃよかった。
>特装車とヒコーキ
確かにそうですね。
航空機関連技術者が空白の七年期に各分野に散ったのと関係があるのかしらん。
by とり (2015-12-15 04:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0