So-net無料ブログ作成

A380生産終了・5 メーカーの話(上) [├雑談]

A380総受注数
エアバス公式サイトに受注、引き渡し状況のページがあります。
それによりますとA380は、
確定受注合計:331
引き渡し合計:229
受注残数:102
となっています(2019年4月現在)。
ただしこの数字、2018年7月31日で更新が止まっています。
いろいろ検索してみるとこの最終更新の後、
2019年2月に入って、エミレーツ39機、カンタス8機、エアアコード3機、
アメデオ20機のキャンセルがありました。
また、UNDISCLOSED(未公開)となっている10機は、「香港航空」のキャンセル分
という情報もあり、これも含めると合計80機のキャンセルが出た計算に。

エアバスの公式データが更新されないので推定になってしまうんですが、
事実上A380の受注残は、エミレーツ19機とANA2機(2号機は6月デリバリーらしい)のみとなり、
A380の総受注数は、2019年4月時点で、251機と思います。
2016年にエアバスは受注が319機の段階で「機体として損益分岐点を越えた」
と発表していましたので、非常に厳しい状況となってしまいました。


747のデリバリー数
747の年代別デリバリー数を出してみました。
2010年代はまだ途中の数字なのと、受注残数(22)も含んでいます。

1960年代 4機
1970年代 410機
1980年代 341機
1990年代 481機
2000年代 182機
2010年代(153)機

747のデリバリー開始は1969年末だったので、
実質1970年から始まったようなものなんですが、
こうして見ると、デビュー直後の1970年代よりも
1990年代の方が売れてるんですね。
-400のデリバリーは1989年~2009年まででしたから、
1990年代はまさに-400の黄金期です。
そして2000年代に入るとデリバリー数は一挙に落ち込みます。
(-400への切り替え需要が一巡したのが大きいんでしょうか?)
そして2010年代には燃費、航続性に優れた小/中型機の台頭により、
747も存亡の危機を迎えます。

A380の方が3倍売れた
一方A380のデリバリー数なんですが、A380は2007年にデリバリー開始し、
2019年4月現在、総受注数は前述の通り251機(オイラ調べ)。
A380がデリバリーを開始した2007年から2019年までの期間に限ると、
747のデリバリー数と受注残の合計は、192機で、A380の方が多いです。
しかも747の数字には-8F(貨物機)の 107機が含まれますので、
747の旅客型に限ると、85機となります。
実は-400の貨物型もかなりの数生産されているんですが、
年別のデリバリー数が分からないため、計算に含めていません。
なので2007年以降の旅客型に限るともっと減ると思います。

つまり、同じ期間で比較すると、A380の方が3倍は売れています。
確実にその数だけ747の需要を奪いました。
「あと10年早ければ」という言葉がありますが、
仮にA380のデリバリーがあと10年早く1997年だったとしたら、
747-400が最高に売れた黄金期の後半に当ります。
前記事でも書きましたが、747-400と比較して、A380の方がずっと大きく、
しかも1席当りの燃費はA380の方が優れていることはボーイングも認めています。
各航空会社も、「そんなにイイヒコーキが出るんなら、ちょっと待ってそっちにしようかなぁ」
と考えるかも。
A380の登場があと10年早かったら、貨物型も開発され、
双方の生産数は随分変わっていたのではないかと。

ネット上には「A380はB747との競争に敗れた」的な論調の記事があります。
確かに総受注数(251機と1,572機)、生産年数(14年と50年)を見れば、747の圧勝なんですが、
デリバリー開始からの期間に限って見れば、A380の方がずっと売れてます。
A380がちっとも売れないのに、747は相変わらず売れ続けているのではなく、
超大型機の2機種が仲良く衰退している訳ですので、
どっちが勝った負けたではなく、敢えて何に負けたかといえば、
どちらも、「 時 代 に 負 け た 」んじゃないでしょうか(いいこと言った風)。


貨物型
大ヒットとなった747-400の後を継いだ747-8は、
旅客型の受注が僅か47機に留まっており、既に全機引き渡し済み。
A380はつい先日「2021年で生産中止」と発表しましたが、
実は747だって、もうとっくに生産中止の発表があってもおかしくなかった訳です。
そうならなかったのは、747-8には貨物型があるから。
こちらは107機の受注があり、現在受注残の22機を細々と生産中です(2019/4現在)。

運ぶのが人なら、旅客機はある程度小さくても支障はなく、
むしろ経済性を求める航空会社のニーズとも合致しますが、
貨物の場合、モノがすごく嵩張ったり重かったりすると、
どうしても大型機でなければ運べません。
一連の記事で繰り返し述べていますが、大型機、そして4発機はコスト面で不利で、
これが超大型旅客機終焉の主因なんですが、
貨物機の場合、そうした大きなマイナスを差し置いてでも、
大型機でなければならない理由がある訳です。
一応アントノフに747より大型の貨物機はあるんですが、
これまで半世紀にわたり、モデルチェンジを繰り返しながら
1,500機超の売り上げを誇る絶大な信頼感と性能は唯一無二のものです。

元々747計画は、当時の米空軍の次期大型輸送機開発で
ロッキード案に敗れたところからスタートしました。
この時のボーイング輸送機案を見ると、機首をガバッと開けて積み下ろしが可能なように、
コックピットは上に設けられており、エンジンが4発なのは現在の747と同様です。
ただし軍用輸送機らしい高翼機で、現在の747とは大分印象が違います
(興味のある方は【Boeing CX-HLS】でググってみてください)。
747開発当時、ボーイングの社長は、「747は貨客兼用機としても売れる」と考え、
軍用輸送機案と同様、コックピットを二階に置き、機首を開けられるようにしました。
ノーズをガバッと開けて貨物の出し入れができれば、
胴体側面のカーゴドアからはとても入らないような長尺の貨物でも
積み込みができます(A380はこういう設計になってない)。
また、当時は近い将来超音速旅客機の時代が来るとされており、
ボーイングの開発者たちは、「そうなったら、747は貨物機に転用しよう」と考えていました。

結局超音速旅客機の時代は来ず、747が主役の時代が長く続きましたが、
その代わり今度は燃費の優れた双発の小/中型機の時代が到来。
今度こそ超大型旅客機は引退の時期を迎え、A380が一足先に生産中止を発表したのですが、
747は貨物専用の-8Fのおかげで首の皮一枚繋がっている状態。
「そうなったら、747は貨物機に転用しよう」という思惑が半世紀を経て活きたことになります。
でも当時の747開発者たちは、超音速機ではなく、まさか「ミニジャンボ」
と呼ばれた737(とその後の787等)が747を引退に追い込む存在にまで
発展を遂げることになろうとは、夢にも思わなかったんじゃないでしょうか。


戦後のジェット旅客機開発

初飛行年 メーカー 機 種 座席数  生産数
1949年 (英)デ・ハビランド コメット 36-79 112
1955年 (仏)シュド・エスト カラベル 60-140 279
1957年 (米)ボーイング B707 147-195 1,010
1958年 (米)ダグラス DC-8 132-259 556
1959年 (米)コンベア CV880 110 75
(米)ボーイング B720 149-170 154
1961年 (米)コンベア CV990 133 37
1962年 (英)ホーカーシドレー トライデント 128-180 117
 ↑ (英)ビッカース VC-10 151 54
1963年 (米)ボーイング B727 150-189 1,831
 ↑ (英)BAC 1-11 89-119 230
1965年 (米)ダグラス DC-9 90-139 976
1967年 (米)ボーイング B737 115-130 1,021
(欄)フォッカー F28フェローシップ 60-85 241
1969年 (英仏)BAC、シュド コンコルド 100 20
1971年 (独)VFW VFW614 44 12
 ↑ (仏)ダッソー  メルキュール  150  12

一応A300等ワイドボディ機就航以前のジェット旅客機を全部含めたつもりです。
座席数、生産数共に資料によって若干バラつきがあるのと、
この中で唯一生産が続き、未だに5,000機近いバックオーダーを抱えているB737は、
おおよそこの表で扱っている年代の-100、-200型機だけの数字です。
ご了承くださいませ。
この時代のジェット旅客機は、エンジンの数が2発、3発、4発と様々なんですが、
全て単通路型のナローボディ機で、座席数もおおよそ100席クラスで共通しています。
B707とDC-8なんて、4発機なのに100席台~なんですよね。
現代の感覚からするとビックリです。

表の通り、ジェット旅客機の歴史はイギリスのコメットから始まりました。
話が広がり過ぎてしまうので、東側以外の全メーカーを対象に表を作ったんですが、
全17機種全て西欧とアメリカのメーカーで占められています。

1955年初飛行のフランス製カラベルは、採算分岐点200機のところ279機も売って、
「商業的に成功」と評されており、
1963年のイギリスのBACワンイレブンも230機の生産で、
「イギリス製ジェット旅客機で最も成功」とされています。
1967年のオランダのフェローシップも241機生産されて採算分岐点
(225機とされていた)を超え、これをベースに続くシリーズが製作されました。

ただしそれ以外が、米国と比較すると文字通り桁違い。惨憺たる有様ですね。
最後の2機なんて、12機ですよ…(資料により諸説あり)。
ジェット旅客機で12機しか生産されないとか悪夢です。
ボーイング、エアバスの生産数に慣れている現代の感覚では、
このテの小型双発機なら数百機、数千機売れて当然。という感じなので、
「え、ナニ? 12機って…あっそうか! 試作機? 試作機だよね? エッ違う?
…じゃあ、すぐ派生型に生産移ったとか??」
なんて思ってしまうのですが、
VFW614は真面目に1,000機市場に投入するつもりでしたし、
メルキュールだってDC-9の後継機として、「1,500機は売れる!」
と本気で目論んでました。

開発したヒコーキの種類でいうと、米国の8に対して欧州は9で数は多いんですが、
生産数を比較すると、

欧州:1,077機
米国:5,660機

となり、米国製のシェアは84.0%に達します。
ということで、1950年代、1960年代の第一世代、第二世代のジェット旅客機製造競争は、
数字から明らかな通り、米国の完全勝利。
(主に)西側諸国の空には、米国製の100席クラスのジェット旅客機が
何千機も飛び回る状況となったのでした。


(今回で終わると思ったけど続きます)


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

■アメリカの空港、飛行場など■ [├海外の空港、飛行場]


 アメリカ 
■ワシントンD.C.■     
ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港   
ワシントン・ダレス国際空港
  
アンドルーズ空軍基地  


■アイオワ州■
サウスイースト・アイオワ・リージョナル空港  
イースタン・アイオワ空港  
ダベンポート市営空港  
デモイン国際空港  
ダビュークリージョナル空港  
フォート・ダッジ・リージョナル空港
  
メーソンシティ市営空港  
スーゲートウェイ空港コロネル・バッド・デイ・フィールド  
ウォータールーリージョナル空港  


■アイダホ州■
レウィストン・ネッズパースカウンティ空港  
ボイシ空港  
アイダホフォールズリージョナル空港  
マウンテンホーム空軍基地  
ポカテッロリージョナル空港  
マジックバレーリージョナル空港  
フリードマンメモリアル空港  


■アラスカ州■
テッドスティーブンズ・アンカレッジ国際空港  
エルメンドルフ・リチャードソン統合基地
  
メリルフィールド空港  
クレイグ飛行艇基地  
ピーターズバーグ・ジェームス・A・ジョンソン空港  
マーシャル・ドン・ハンター・シニア空港  
アダック空港  
アクヒオック空港  
アキアチャック水上機基地  
アキアック空港
 
アクータン水上機基地  
アラカヌーク空港  
アルナジク空港  
アラカケット空港  
アンブラー空港  
アングーン水上機基地  
アニアック空港  
アンビク空港  
アークティック・ビレッジ空港  
アトカ空港  
アタカスク・エドワード・バーネル・シニア・メモリアル空港  
ウィレイ・ポスト=ウィル・ロジャース・メモリアル空港  
ウィレイ・バーターアイランドLRRS空港  
ビーバー空港  
ベセル空港  
ベトルズ空港  
バーチクリーク空港
  
ブレビグミッション空港  
ブックランド空港  
ケープリスバーンLRRS空港  
セントラル空港  
チョーキーイッドシク空港  
チェフォーナック空港  
シェバック空港  
チキン空港  
チグニクレイク空港  
チグニクベイ水上機基地  
チュアトバルク空港  
サークルシティ空港  
クラークスポイント空港  
コールドベイ空港  
マール・K・ムッドホール・スミス空港  
クルックドクリーク空港  
デッドホース空港  
ディアリング空港  
ディリングハム空港  
イーグル空港  
イーク空港  
エッジギク空港  
エカック空港  
エックック空港  
エルフィンコーブ水上機基地  
エリム空港  
エモナック空港  
エクスカーションインレット水上機基地  
フェアバンクス国際空港  
ラッドアーミー飛行場  
イールソン空軍基地  
フォールスパス空港  
フォートユーコン空港  
ガリーナ空港  
ガンベル空港  
ゴロビン空港  
グッドヌーズベイ空港  
グレイリング空港 
グスタバス空港  
ヘインズ空港  
ヒーリーレイク空港  
ホリス水上機基地  
ホーリークロス空港  
ホーマー空港  
フーナ空港、フーナ水上機基地  
フーパーベイ空港  
ヒューズ空港  
ハスリア空港  
ハイダバーグ水上機基地  
イギーヒグ空港  
イリアムナ空港  
ジュノー国際空港  
ケイク空港  
ケイク水上機基地   
カルスカグ空港  
カルタッグ空港  
カルーク空港  
カサン水上機基地  
カシグラック空港  
キナイ市営空港  
ケチカン・ハーバー水上機基地  
ケチカン国際空港  
ボブ・ベーカー・メモリアル空港  
キングコーブ空港  
キングサーモン空港  
キップナック空港  
キバリーナ空港  
クラウォック空港  
コバック空港  
コディアック空港  
コリガネク空港  
コンギガナック空港  
コットリック空港  
ラルフ・ウィーン・メモリアル空港  
コヤック空港  
コユカック空港  
クウィスルク空港  
クウィンギリンゴク空港  
レイクミンチャミーナ空港  
ラーセンベイ空港  
レブロック空港  
マンリーホットスプリングス空港  
マノーコタック空港  
マグラス空港  
メコリャック空港  
メトラカットラ水上機基地  
マイヤーズチャック水上機基地  
ミント・アル・ライト空港   
マウンテンビレッジ空港  
ナパキアック空港  
ナパスキアック空港  
ネルソンラグーン空港  
ニュースタヤホック空港  
ニュートック空港  
ナイトミュート空港  
ニコライ空港  
ニオルスキーエアステーション  
ノアタク空港  
ノーム空港  
ノームシティフィールド  
ノンダルトン空港  
ロバート・ボブ・カーティス・メモリアル空港  
ヌーラト空港  
オールドハーバー空港  
オウジンキー空港  
ペドロベイ空港  
ペリカン水上機基地  
ベリービル空港  
パイロットポイント空港  
ユーガシクベイ空港  
ユーガシク空港  
パイロットステーション空港  
プラチナム空港  
ポイントベーカー水上機基地  
ポイントホープ空港  
ポイントレイLRRS空港  
ポートアルズワース空港  
ワイルダー/ナットウィックLLC空港  
ポートグラハム空港  
ポートヘイデン空港  
ポートモラー空港  
クインハガック空港  
ランパート空港  
レッドデビル空港  
リュービー空港  
ロシアンミッション空港  
セントマイケル空港  
サンドポイント空港  
サボオンガ空港  
セルダビア空港  
シャジェラック空港  
シャクトゥーリク空港  
シェルドンポイント空港  
シシュマレフ空港  
シェングナック空港  
ロッキー・グティエレス空港  
スカモンベイ空港  
セラウィク空港  
スカグウエー空港  
スリートミュート空港  
ステッビンズ空港  
スティーブンズビレッジ空港  
セントジョージ空港  
ストーニーリバー2空港  
セントポールアイランド空港  
タコトナ空港  
タタリーナLRRS空港  
ラルフ・M・ キャルフーンメモリアル空港  
テラー空港  
テナキー水上機基地  
ティンシティLRRS空港  
トギアック空港  
トック空港  
トック空港2  
トックジャンクション空港  
トクソックベイ空港  
トゥルクサック空港  
タンタチューリアック空港  
タンナック空港  
ツインヒルズ空港  
ウナラクリート空港  
バルディーズ空港  
ベネチ空港  
ウェーンライト空港  
ウェーンライト航空基地  
ウェールズ空港  
ウォーターフォール水上機基地  
ホワイトマウンテン空港  
ランゲル空港  
ヤクタット空港  
ウナラスカ空港  
メイクリーク空港  
ヤングクリーク空港  
セントメリーズ空港  
アリタック水上機基地  
アマックベイ水上機基地  
キトイベイ水上機基地  
モーゼーベイ水上機基地  
オルガベイ水上機基地  
ポート ウィリアム水上機基地  
ポート ベイリー水上機基地  
ウェストポイント水上機基地  
ザチャーベイ水上機基地  
ポートライオンズ空港  
シールベイ水上機基地  
サンファン・ウガニク水上機基地  
チギックレイク空港  
チギックラグーン空港  
チギック・フィッシャーズ空港  
サウスナクネック空港  
レッドドック空港  
アトマウトルアック空港  
ヌナビッチャック空港  
ナイーキュース空港  
アナクトブック・パス空港  
ブルックスロッジ空港  
ソーンベイ水上機基地  
ノースホーエル水上機基地  
コッフマンコーブ水上機基地  
ニニルチク空港  
ナンウォレック空港  
カコーノック空港  
ポートプロテクション水上機基地  
ナウカティベイ水上機基地  
トーキーン水上機基地  
エルキャピタンロッジ水上機基地  
コールドフット空港  
アーレックソン飛行場  
カスココーブコーストガードステーション  
インディアン・マウンテンLRRS空港  
ホッグリバー空港  
アルパイン離着陸場  
CD-3 離着陸場  
オリクトックLRRS空港(廃止)  
アニュー=クパーアック空港  
バダミー空港  
バレン・ポイント空軍基地  
ポイント・トムソン離着陸場  
コディアク市営空港  
コディアックリリー湖水上機基地  
トライデントベイシン水上機基地  
べセル水上機基地  
ハンガー湖水上機基地  
アキアチャック空港  
ニャック空港  
ドリフトウッド湾空軍基地  
アクタン空港  
サリチェフ岬空港  
ヘレンディーン・ベイ空港  
スコーハーバー水上機基地  
ジョンソンズ・ランディング空港  
アイバノフベイ水上機基地  
フォートジェンセン空港  
ナクネク空港  
ネイキーン空港  
ポーテージ・クリーク空港  
ヌシャガク空港  
シャノンズポンド水上機基地  
ブリンレイク水上機基地  
チグニク空港  
バック・クリーク空港  
ポートクラランス・コーストガードステーション  
フェザー・リバー空港  
ベイシン・クリーク空港  
ケープ・ロマンゾフ LRRS空港  
テイラー空港  
クォーツ・クリーク / クーガロック空港  
サーモン・レイク空港  
カウンシル空港  
ソロモン・ステート・フィールド空港  
アイシーケープ空軍基地  
キャンドル 2空港  
インディペンデンス・クリーク空港  
ベアー・クリーク 1空港  
グラニット・マウンテン・エアステーション  
モーゼスポイント空港  
カコ空港  
タンタチューリアック水上機基地  
プラチナム・マイン空港  
ケープ・ニューエナム LRRS空港  
ローランド・ノートン・メモリアル離着陸場  
アンビク水上機基地  
ムーア・クリーク空港  
フラット空港  
ドンリンクリーク空港  
ナパイミュート・パイオニア飛行場  
テイラー・マウンテン空港  
ティクチクロッジ水上機基地  
ゴールデンホーンロッジ水上機基地  
トリポッド空港  
アルナジク・ミッションストリップ空港  
アルナジク水上機基地  
ダール・クリーク空港  
カラカケットクリーク・エアステーション 
ベアークリーク3空港  
コロラドクリーク空港  
オーファー空港  
ヤンキー・クリーク 2空港  
ライム・ビレッジ空港  
スパレボーン LRRS空港  
ビッグ・マウンテン空港  
クリク・レイク空港  
ロンリーエアステーション  
イニゴク空港  
テリーダ空港  
ヒンクス空港  
フェアウェル空港  
フェアウェルレイク水上機基地  
ティン・クリーク空港  
タティトナ空港  
ストーニー・マウンテン・ロッジ空港  
カルークレイク水上機基地  
アミアット空港  
クレビス・クリーク空港  
ヴォル・レイク・ウォーターレーン水上機基地  
アメリカン・クリーク空港  
アートZ空港  
カンティッシュナ空港  
パーキーパイル空港  
レイニー・パス・ロッジ空港  
タラチャリトナリバー空港  
スクウェントナ空港  
リバー・ジョン空港  
イェンナベンド着陸場  
ジュエル空港  
C T S 空港  
ポーカーブラフ空港  
ベルーガ空港  
タイオネック空港  
ニコライ・クリーク空港  
トレーディング・ベイ・プロダクション空港  
ドリフト・リバー空港  
リダウトビュー水上機基地  
ハイビスタ空港  
マクガハン・インダストリアル・エアパーク  
カーティーズ離着陸場  
アイランド・レイク水上機基地  
カリフォーンスキー・メドウズ空港  
ガイード空港  
ソルドトナ空港  
マッキーズ・レイクス水上機基地  
バンガーター・フィールド空港  
スクータース・ランディング・ストリップ  
ムースラン滑走路  
アラスカ・エアパーク  
カシロフ空港  
ハックニー・ランディング水上機基地  
エンスルスキー・レイク水上機基地  
ローウェルフィールド空港  
アンカー・リバー・エアパーク  
ルックアウト空港  
ホーマー・ベルーガ・レイク水上機基地  
グレイシャービュー・ストリップ空港  
イーストランド空港  
ベアー・コーブ・ファーム空港  
ブラッドレイ・レイク・ハイドロエレクトリ・プロジェクト飛行場  
ドッグ・フィッシュ・ベイ空港  
ブートレガー・コーブ空港  
ジェイコロフ・ベイ空港  
ギャルブレイス・レイク空港  
チャンダラー・シェルフ空港  
ワイズマン空港  
プロスペクト・クリーク空港  
ユリーカ・クリーク空港  
ニナナ市営空港  
クリア空港  
クリア・スカイ・ロッジ空港  
エバ・クリーク空港  
トタットラニカ・リバー空港  
ヒーリー・リバー空港  
マッキンリー・ナショナル・パーク空港  
デナリ空港  
サミット空港  
キャントウェル空港  
ゴールデン・ノース飛行場  
スタンピード空港  
ナゲット・ベンチ空港  
ソングロー・ビスタ空港  
フォートクロスビー空港  
レンジビュー着陸場  
タルキートナ空港  
タルキートナ・ビレッジ・ストリップ空港  
クリスティアンセン・レイク水上機基地  
ボールド・マウンテン空港  
バーチ・クリーク空港  
デビッドソン離着陸場  
カールス着陸場  
モンタナ・クリーク空港  
セクルーディド・レイク空港 
ラスティック・ワイルダーネス空港 
カッシュウィトナ・レイク水上機基地 
トーマス・ストリップ空港 
ウィロー空港 
ウィロー水上機基地 
シャーリー・レイク空港 
ロング・レイク水上機基地 
スキッド・マークス空港 
ナンシー・レイク水上基地 
パン・レイク・ストリップ空港 
ヴィスノー・レイク水上機基地 
ジョーンズ・ランディング水上機基地  
ビーバー・レイク水上機基地  
シーモア・レイク水上機基地  
ビッグ・レイク空港  
ワシラ空港  
ワシラ・レイク水上機基地  
アッパー・ワシラ・レイク水上機基地  
エルク・ランチ空港  
ウルフ・レイク空港  
アンダーソン・レイク空港  
コットンウッド・レイク水上機基地  
フィンガー・レイク水上機基地  
パーマー・バディ・ウッズ市営空港  
クラッグ・マウンテン空港  
スカイ・ランチ・アット・パイオニア・ピーク空港  
ビュート市営空港  
ハンター・クリーク空港  
バーチウッド空港 
ヒルトップ空港 
D&C・ファイア・レイク・フライング・クラブ水上機基地 
ボルド空港 
ファルコン・レイク・ストリップ空港 
ロビンズ・ランディング空港 
シックスマイル・レイク空港 
ブロッカー・レイク水上機基地 
グースベイ空港 
ディオミード・ヘリポート 
カビク・ストリップ空港  
チャンダラー・レイク空港  
クウェイル・クリーク空港 
ライヴェングッド・キャンプ空港 
トルバナ・ホット・スプリングス空港 
チェナ・ホット・スプリングス空港 
ハードロック・フィールド空港 
スカイフライト空港 
チェナ・リバー水上機基地 
チェナ・マリーナ空港 
メトロ・フィールド空港 
モーンズ・ランチ空港 
ラクロイ・エアパーク空港 
ダーリンプルズ空港 
ブラッドレイ・スカイ=ランチ空港 
エアウェイ空港 
レイクウッド空港 
クリア・クリーク空港 
ブレア・レイク空港 
グレッグ・セージ空港 
スコッツ空港 
ゴールド・キング・クリーク空港 
ポゴ・マイン飛行場 
アークティック・エンジェル空港 
デルタ・デーブス空港 
デルタ・ジャンクション空港 
アレン・アーミー飛行場 
ウィングソン・エステーツ空港 
レミントン・フィールド空港 
ロッキング・T空港 
オール・ウエスト空港 
マグラス水上機基地 
キナイ・リバー・エアパーク空港 
サウス・ガスライン空港 
キング・ランチ空港 
ビクトリー空港 
ゲイツ・ランチ空港 
シープ・マウンテン空港 
ミ―キンズ・エアサービス 
ホープ空港  
ガードウッド空港  
ウィッター空港 
サミット・レイク水上機基地 
クォーツ・クリーク空港 
ロウウィング空港 
シューアード空港 
ブッシュ・クリーク空港 
ティワンクリーク 907au 
レッドクリーク空港 
レイクルイーズ空港 
レイクルイーズ水上機基地 
スノーシューレイク空港、水上機基地 
タズリーナ空港 
タズリーナ(スモーキーレイク)水上機基地 
トルソナレイク水上機基地 
クロスウィンドレイク空港 
ローブレイク水上機基地 
ペリー島水上機基地 
エラマー水上機基地 
タティットレック空港 
チェネガ・ベイ空港 
ジョンストーン・ポイント空港 
ボズウェル・ベイ空港 
ストロベリー・ポイント空港 
コードバ地方空港 
ブラック・ラピッズ空港 
パックスソン空港 
マンコメン・レイク空港 
チストチーナ空港 
ダフィーズ・タバーン空港 
ガルカナ空港 
コッパー・センター2空港 
チティーナ空港 
トンプソン・パス空港 
タナクロス空港 
テットリン空港 
スポーツ・マンズ・パラダイス空港 
デヴィルズ・マウンテン・ロッジ空港 
チサナ空港 
スイフトクリーク空港 
ファイアウィード空港 
マッカーシー空港 
ジェイクス・バー空港 
グレイシャー・クリーク空港 
ヤカタガ空港 
バウンダリー空港 
ノースウェー空港 
ホースフェルド空港 
セルドビア水上機基地 
サウスハリウッド空港 
キャンベル湖水上機基地 
フライング・クラウン空港 
スカイ・ハーバー空港 
フッド湖水上機基地 
ブライアント陸軍空港ヘリポート 
ミドルトン・アイランド空港 
アイシー・ベイ空港 
サークル・ホット・スプリングス空港 
コール・クリーク空港 
ヤクタット水上機基地 
シタック空港 
ハーレクイン・レイク空港 
タニス・メサ空港 
アルセック・リバー空港 
ドライ・ベイ空港 
イースト・アルセック・リバー空港 
エアカット・エアパーク空港 
18 メドウズ飛行場 
ヘーンズ水上機基地 
バートレット湾水上機基地 
フーナ水上機基地 
ホークインレット水上機基地 
フンターベイ水上機基地 
ジュノー・ハーバー水上機基地 
フォールス島水上機基地 
チャタム水上機基地 
シトカ水上機基地 
ダヴ島ロッジ水上機基地 
バラノフウォームスプリングスフロート水上機基地 
タクハーバー水上機基地 
スネッティシャム空港 
ロイド R ラウンドツリー水上機施設 


■ニュージャージー州■
ニューアーク・リバティー国際空港  


■マリアナ諸島■
グアム国際空港  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・ロイド R ラウンドツリー水上機施設 [├海外の空港、飛行場]

   2019年1月作成(データは作成時のものです)  



無題.png
SkyVector.com(中央の錨マーク)

アラスカ州にある「ロイド R ラウンドツリー水上機施設」。

ピーターズバーグ空港のすぐ北にある水上機施設です。

普通は水上機「基地」ですが、ここは Seaplane "Facility"で、水上機「施設」なんですね。

初めての名称なんですが、どういうことなんでしょうか。

先頭のグーグルマップをご覧の通りで、桟橋が所狭しと長く伸びており、

水上機版高層ビル群のようです。

1951年3月開設、ALASKA DOT&PF SOUTHCOAST REGION 所有の公共用水上機施設で、

2743 x 335 mの離着水エリアが設定されています。

2017年の1年間、1日平均22便の運航があり、内訳はエアタクシー75%、トランジットゼネアビ25%でした。

4機の単発機が当水上機施設を定置場にしていました。

凄い便数ですね(XДX)




     アラスカ・ロイド R ラウンドツリー水上機施設        
ロイド R ラウンドツリー水上機施設 データ
Owner:ALASKA DOT&PF SOUTHCOAST REGION
空港種別:public
FAA Code:63A
標 高:0 ft. / 0 m
標 点:N56°48.68' / W132°57.60'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面、状態)
NE/SW 9000 x 1100 ft. / 2743 x 335 m water, in excellent condition

関連サイト:
AirNav/Lloyd R Roundtree Seaplane Facility  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・スネッティシャム空港 [├海外の空港、飛行場]

   2018年12月作成(データは作成時のものです)  



無題2.png
SkyVector.com(中央やや右上の錨マーク&Ⓡ)

アラスカ州スネッティシャムにある「スネッティシャム空港」。

前記事の「タクハーバー水上機基地」の東北東約18.3kmにあります。

1969年3月開設、アラスカエレクトリックライト&パワー所有のプライベート空港で、

762 x 30 mの砂利敷き滑走路と、914 x 82 mの離着水エリアが設定されています。

SkyVector.のチャートを見ながら順に記事にしているんですが、ここまで12連続で水上機基地でした。

(ここは水陸両用ですけど)久々に滑走路のある空港です。

1978年5月11日までの1年間、月平均21便の運航があり、

内訳はエアタクシー80%、トランジットゼネアビ20%でした。

英語版Wikiによりますと、

「Snettisham空港は、アラスカ州SnettishamのSnettisham水力発電プロジェクトの近くにある公営の私用航空機施設です。 それはアラスカエレクトリックライト&パワーによって管理されています。」

とありました(Google翻訳)。



     アラスカ・スネッティシャム空港        
スネッティシャム空港 データ
Owner:AEL & P
空港種別:Private
FAA Code:7AK2
標 高:14 ft. / 4 m
標 点:N58°8.06' / W133°43.77'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面)
・15/33 2500 x 100 ft. / 762 x 30 m gravel
・4W/22W 3000 x 270 ft. / 914 x 82 m water

関連サイト:
AirNav/Snettisham Airport  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・タクハーバー水上機基地 [├海外の空港、飛行場]

   2018年12月作成(データは作成時のものです)  



無題2.png
SkyVector.com(左側の錨マーク)

アラスカ州にある「タクハーバー水上機基地」。

CITY AND BOROUGH OF JUNEAU 所有の公共用水上機基地で、

914 x 305 mのの離着水エリアが設定されています。

2017年の1年間に100便の運航があり、内訳はトランジットゼネアビ50%、エアタクシー50%でした。



     アラスカ・タクハーバー水上機基地        
タクハーバー水上機基地 データ
Owner:CITY AND BOROUGH OF JUNEAU
空港種別:public
FAA Code:A43
標 高:0 ft. / 0 m
標 点:N58°4.15' / W134°0.92'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面)
NE/SW 3000 x 1000 ft. / 914 x 305 m water

関連サイト:
AirNav/Taku Harbor Seaplane Base  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー