So-net無料ブログ作成

五井水上基地跡地 [├国内の空港、飛行場]

   2018年6月 訪問  



無題4.png
撮影年月日1947/02/22(USA M50 115)  
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

千葉県市原市にあった「五井水上基地」。

ここも情報が極端に少なくて、ずっとナゾの基地だったんですが、

防衛研究所収蔵資料:「海軍航空基地現状表(内地の部)」(昭和二十年八月調)の中に当基地の情報がありました。

以下引用させて頂きます。

位置:千葉県市原郡五井町
基地名:五井(水)
最寄駅よりの方位距離粁:房総西線五井駅NW3
飛行場:台2基
用地面積(除飛行場):敷地2.500x700
主要機隊数、主任務、隧道並に地下施設、掩体 記載なし
其の他記事:工事約50%にて中止す 港内浚渫の土砂にて陸飛行場
(千葉空)を計画せり

まず基地名ですが、

凡例の項目に、基地名欄についての説明がありました。

〇印…別図あり
(両)…水上陸上両基地
(水)…水上基地

ということで、「五井(水)」とありますから、「五井水上基地」ということですね。

次の「最寄駅よりの方位距離粁」ですが、「房総西線五井駅NW3」とあります。

五井駅は現在JR内房線なので、「房総西線ってナニ?」 という感じだったんですが、

Wiki先生によりますと、

蘇我駅 - 木更津駅 - 安房鴨川駅間は昭和8年~昭和47年まで、

房総西線(ぼうそうさいせん)として分離していたんだそうです。

実は五井駅から正確にNW3だと、当時はまだ海面でした(先頭のグーグルマップ青マーカー)。

航空写真で見ると、正確にNW3の位置から少し東側にいかにもな白っぽい箇所があるので、

コレが基地ではないかと。

また、「敷地2.500x700」とあり、水上基地としては異様な広さなんですが、

「其の他」の項目では、「港内浚渫の土砂にて陸飛行場(千葉空)を計画せり」とあります。

「千葉空」ですって!

そんな計画があったんですね(@Д@)

同資料内では、同じく千葉県の館山が「館山水上陸上両基地」として記載されています。

館山基地は広大な敷地に滑り台と1,000m滑走路を2本有する基地でしたから、

五井も当初はこういう大規模な基地を目指していたのかも。

「敷地2.500x700」とありますが、

上の1947年の航空写真で白く映っている部分は最大でも1,800mしかありません。

「工事約50%にて中止す」とある通り、本当はもっと大きくするつもりだったんでしょうね。

上側になんか細長い部分がありますが、これは埋立途中のものなのかも。

当基地は資料にある通りまだまだ造成途上で、実際にどの程度使用していたのか不明です。


DSC_0183.jpg
現在はAGC旭硝子工場になっています。



     千葉県・五井水上基地跡地         
五井水上基地 データ
設置管理者:海軍
空港種別:水上機基地
所在地:千葉県市原郡五井町(現・市原市五井海岸)
座 標:N35°32′03″E140°05′16″
標 高:3m
滑走台:2
敷 地:2,500mx700m(資料より)
(座標、標高はグーグルアースから)

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料:「海軍航空基地現状表(内地の部)」(昭和二十年八月調)


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

an-kazu

養老川臨海公園(この界隈で唯一一般入場可能)のどこかかな?と
想像していましたが、まさかそっちだったとは(゚д゚)!
良く車停車できましたね~

ちなみに、外房線は房総東線だったらしいです。



by an-kazu (2018-08-14 22:39) 

とり

■an-kazuさん
おお、いろいろ考えて頂いていたんですね~。
>唯一一般入場可能
やっぱりそうだったんですか。
実はお目当てのポイントがあまりにも一般車両が近寄れない雰囲気だったため、
ここの公園から養老川越しに撮ろうかしらん。
とも考えてました。
オイラが撮影した場所は、お察しの通りで路上停車なんてとてもできず、
線路渡って場内に停車して内部にカメラ向けようものなら、
警備員がすっ飛んで来そうだったので、
外回り沿いの緑地帯の南側に停めて、徒歩で撮影ポイントまで移動しました。
>房総東線
勉強になる~。φ(..)メモメモ
by とり (2018-08-15 05:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。