So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
■旅行記 ブログトップ
前の5件 | -

東北、関東・5 [■旅行記]


Ⓐ道の駅あずの里いちはら→Ⓑ五井水上基地跡地→Ⓒ東葛飾高等学校→Ⓓ自宅


5日目 22℃ 曇り

3:25 起床

3:55 道の駅あずの里いちはら出発

4:25 見学ポイント近くの公園についたけど、曇っててまだ少し暗いので時間調整

台風5号、本日大東島に最接近。

梅雨前線を刺激し関東南部は朝から大雨の予報でした。

4:40 五井水上基地跡地

5:55 東葛飾高等学校

これにて今回の予定ポイント全部終了(積み残しあり)。


IMG_20180610_062642.jpg
6:20 デニーズで焼き鮭朝食

8:20 自宅近くで給油、買い物

8:35 自宅着

東京湾から埼玉の自宅までなんて、平日の日中なら気が遠くなるほど時間かかりそうなんですが、

休日の朝の時間帯だったのでほとんど混まずに戻って来れたのでした。

それから今回出発時に、「財布の中身がナント1万円チョイ」という、

オイラの中の全米を震撼させたキャッシュクライシスがあったんですが、

結局今回の旅行の総支出は21,705円、そのうちガス代が14,609円でした。

現金はほとんで使わなかったので余裕でした。

それもこれもTカード様のおかげ。

時代はキャッシュレス。と改めて実感したのでした。

これで東北、関東強化月間は終了です。

長々とお付き合い、ありがとうございました。

(もう続かない)



本日の走行距離:127km
総走行距離数:2,219km

コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東北、関東・4 [■旅行記]


Ⓐ道の駅那須高原友愛の森→(某滑空場)→Ⓑ中禅寺湖水上機基地跡地→Ⓒ真壁(金敷)秘匿飛行場跡地→ⒹJUIDA・GOKOつくば試験飛行場→Ⓔ大日本飛行協会中央滑空訓練所(石岡飛行場)跡地→Ⓕ阿見飛行場(廃止後)→Ⓖ香取航空基地跡地→Ⓗ香取航空基地周辺の掩体壕→Ⓘ道の駅あずの里いちはら


4日目 晴れ20/32℃

4:25 起床

5:05 道の駅那須高原友愛の森出発

実は道の駅のすぐ近くにある某滑空場に向かったのですが、探せませんでした。。。

事前に地図で調べた際、南側から侵入進入できそうだったので、南から入る経路の準備をしていたんですが、

南側は私有地内に畜舎、農家がズラリと並んでいて、日中の時間帯なら敷地の方に許可を得て入って行けるんですが、

現在時刻は朝の5時台のため、とても入っていけるような雰囲気ではありません。

それでもドコか奥に入れる場所はないものかとウロウロしていたら犬に吠えられるし、

牛? にも鳴かれるし、迷惑かけちゃうので撤退したのでした。

自宅に戻って改めてグーグルマップで見てみたら、

北側からなら公道で進入できそうなので、次回再チャレンジすることに。

名前を出すと、せっかく検索で来られても情報が1コも増えないので、

次回ちゃんと撮影できたらまた改めてご紹介させて頂きます。

ここは諦めて、次のポイントに向かうことにしました。

ココはすぐ見つかると思ってたんだけどなぁ(まだ言ってる)。


DSC_0110.jpg


DSC_0118.jpg
7:35 中禅寺湖。

まさか飛行場跡巡りでこんなド定番の観光地に来ることになろうとは。。。

いろは坂、上りは7時台からバイクも多くて結構混雑してたんですが、

下りは1台もなし。

おお、ここが須藤兄弟のホームなのか。。。などと思いながら走ったんですが、

残念ながらランエボは1台も見かけませんでした。

彼らが走るのは夜の時間帯だからですね。きっと。


IMG_20180609_082649.jpg
8:20 ガストでボリュームモーニングセット

10:00 仮眠。

栃木県から茨城県に入りました。

ここまで来ると、やっと関東に戻って来たという感じ(栃木県も関東だけど)。

11:45 真壁(金敷)秘匿飛行場跡地

11:50 セイコマでお握り昼食

12:45 JUIDA・GOKOつくば試験飛行場

14:00 大日本飛行協会中央滑空訓練所(石岡飛行場)跡地

15:10 阿見飛行場跡地

16:50 香取航空基地跡地

茨城県の見学ポイントを周り終わり、千葉県に入りました。

17:00 香取航空基地周辺の掩体壕

本日はここで時間切れ(明るさ的な意味で)。

ここから自宅までは、直線距離で110km。

帰りに八潮の珍来に寄っても、今日中に家に戻れます。

でも千葉県の市原市と柏市のあと2カ所、予定していたポイントが残っています。

千葉だったら改めて後日でもすぐ行ける距離だし、もうこのまま帰っちゃおうか。

とも思ったんですが、いろいろと迷った挙句、折角なのでもう1晩車中泊して、

予定していたポイントを全部終わらせることに。

18:10 セブンで幕の内弁当

19:50 道の駅あずの里いちはら

20:20 寝る

おやすみなさい

本日の走行距離:428km

(続きます)

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東北、関東・3 [■旅行記]


Ⓐ道の駅大谷海岸→Ⓑ米沢飛行場(計画?)→Ⓒ寒河江の滑空場跡地(推定位置)→Ⓓ仙台空港→Ⓔ浪江航空基地(候補地)→Ⓕ御代田航空基地跡地→Ⓖ道の駅那須高原友愛の森


3日目 曇り後雨 21/32℃

4:00 起床


DSC_0039.jpg
「道の駅大谷海岸」。

仙台空港に向かう途中、丁度疲れて眠くなる地点にあったから。

昨晩ただそれだけの理由でここに車中泊したオイラは、

朝起きて、明るくなった敷地内を歩いて初めて、何の予備知識もなく偶然泊まったこの道の駅が、

大変な場所だったことに気が付いたのでした。


DSC_0033.jpg



DSC_0006.jpg


DSC_0007.jpg


DSC_0011.jpg


DSC_0012.jpg


DSC_0017.jpg


DSC_0020.jpg


DSC_0023.jpg


DSC_0025.jpg



DSC_0027.jpg



DSC_0028.jpg


DSC_0029.jpg



DSC_0031.jpg




DSC_0032.jpg



DSC_0038.jpg



DSC_0037.jpg



DSC_0036.jpg
「JR気仙沼線」等でググってみてください。

5:10 道の駅での撮影を終え、仙台空港を目指し出発。


IMG_20180608_074800.jpg
8:00 途中、仙台市内のジョイフルで幕の内朝食

1日目、2日目と、ここまで非常に順調に来れたんですが、流石東北地方唯一の政令指定都市仙台。

平日の通勤時間帯ということもあって、とんでもない渋滞にはまってしまい、全然動かない(-"-;)

目指す仙台空港はこの大都心部を抜けた先にあり、このままでは延々通勤ラッシュの中を進むことになるため、

予定を変更して先に内陸山形の見学ポイントに向かうことに。

10:00 途中猛烈な睡魔に襲われ、公園で仮眠。

仕事の電話2件。

10:50 山形県寒河江市の米沢飛行場(計画?)見学

11:10 同じく寒河江市内の滑空場跡地見学

再び仙台空港を目指すことに。

11:30 途中ファミマで海苔巻き昼食

今度こそ仙台空港に到着し、無事アチコチ周り終わったのは14:15 でした。

仙台空港については過去記事に追記してあります  

ここから福島県浪江町を目指し、国道6号線を南下。

浪江町には海軍航空基地の候補地があって、ずっと行きたかったんですが、

その場所というのが福島原発一号機の北約8kmにあり、

立入り不可の「避難指示」地区に指定されていました。

それが2017年3月31日に「解除準備地区」に変更になり、 日中の立入りが可能になりました  

現場に近づくにつれ、「双葉町~富岡 二輪車通行禁止」という表示が目立つように。

ナビで確認すると、目的地は二輪車通行禁止になる2.3km手前で左折して太平洋岸に出るルートなので、

一応大丈夫。四輪だし。

この「二輪車通行禁止」が始まるのは、原発1号機から直線距離で6.2kmの地点。

オイラはその少し手前で曲がってしまったので規制の現場を見ていないんですが、

そこに近づくまでの数十キロに渡り、ビックリするほど普通の生活が営まれていました。

大規模店舗は普通に営業しており、駐車場にはたくさんの車が並び、自転車でやって来る人、

中古車店では展示車の洗車をする店の人、犬と散歩している人等々、

ニュースで見聞きしてオイラが勝手にイメージしていたのとは異なり、

拍子抜けするほどどこにでもあるような日常の風景が広がっていました。

しかしそんな風景は、いよいよ規制地区まであと数キロに迫り、国道6号から左折して県道に入ったところで一変。

そこここに立ち入り規制の看板が並び、「ここは線量が高いので、長時間駐車しないように」、

「窓を開けないように」と、注意を喚起する標識を多々目にするようになり、

立ち並ぶ家並は空き家が多く、ゴーストタウンの様相でした。

通行する車両は、土砂を積んだダンプ、作業員を運ぶバンばかりが目立つように。

16:20 現地到着。

ここから原発までは直線で8.2km。

なるべく滑走路端から撮る主義のオイラとしては、本当はあと1kmほど原発方向に移動したいんですが、

周辺は完全に作業車ばかりが行き交っており、原発方向から強風が吹いていたため、

撮るだけ撮って即Uターンし、次の見学ポイント郡山市を目指したのでした。

浪江町から郡山市に向かう道中、原発からはどんどん離れ、内陸に向かう方向に走ったんですが、

数十キロ?に渡り「帰宅困難地区」に指定されており、脇道という脇道は通行止めで、

大きな道には口をタオルで覆っただけ(とオイラには見えた)の誘導員の方々が。

ともすると忘れてしまうのですが、こんなに原発から近い場所で働いている方々がおられ、

原発内部でも働いている大勢の方々がおられるのですね。




DSC_0098.jpg


DSC_0099.jpg


DSC_0100.jpg


18:50 御代田航空基地跡地見学。

撮っている最中からポツポツと大粒の雨が降り始め、程なく豪雨に。

本日はここまで。

明日の見学ポイントである栃木県那須塩原市を目指すことに。

19:00 ファミマでのり弁

20:20 須賀川の健康ランドで入浴

21:15 給油。この区間の走行距離は810kmでした。

給油した量からすると、あと100kmは走れそうなんですが、

明日は早朝からスタンドなさそうな所を走り回るので、早目に給油。

21:45 道の駅那須高原友愛の森着

本日は津波で流された線路から始まり、震災の影響を様々目の当たりにし、いろいろ考えさせられる1日でした。

22:00 寝る

本日の走行距離:512km

おやすみなさい

(続きます)

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東北、関東・2 [■旅行記]


Ⓐ道の駅花愛里にいつ→(某飛行場)→Ⓑ象潟海岸→Ⓒ新屋の飛行学校跡地→Ⓓ後三年滑空機練習所跡地→Ⓔ佐藤章飛行士発着跡地、六郷飛行場跡地→Ⓕ山田水上機基地跡地→Ⓖ道の駅大谷海岸


2日目 21℃/32℃ 晴れ

3:25 起床

3:55 道の駅花愛里にいつ出発

4:30 新潟県A市の某航空基地跡地撮影終了。

オイラはこうやってアチコチほっつき歩く時は(これまでのイタイ経験を元に)、

自宅で滑走路の作図をキチンと済ませてから出掛るようにしています。

で、現地でカーナビと作図と現地を見比べて、「おお、ここからこっちの方向に滑走路が伸びてたのか~」

などとトリップしながら撮っております。

ここの某航空基地跡地も、事前作図を元に、

「おお、ここから(以下省略)~」などとウットリしながら撮ったんですが、

イザ自宅に戻ってから記事にしようとしたところで、

滑走路の向きを甚だしく間違えて撮っていたことに気が付いたのでした。

資料によれば、滑走路の方向は"NNE"と書いてあるのに、オイラは"NNW"で作図していたのでした。

なんでこんなミスをしちゃったのか。。。_| ̄|○ il||li

多分現地の地割が見事に"NNE"で揃っていたので、なんかいつの間にかそれに引っ張られちゃったんだと思います。

ここはググっても、たった1つのサイトでチラッと出ているだけの未完の飛行場で、

次は一体何年後に撮りに行けるか分からないです。

基地名を書いちゃうと、せっかく検索で来ていただいても、1コも情報増えないという残念なことになるため、

名前は伏せておきます。

ここから山形県を越えて一気に秋田県へ。

ナビに目的地を入れると、254km先、到着予想12:34 と出ました。

明るい時間帯に延々移動のみに時間を費やすのは勿体ないんですが、致し方なし。


DSC_0125.jpg
4:40 某航空基地近くにて。

本日現地の日の出は4:22だったんですが、ご覧の通りで日の出方向に雲があり、

地面があまり明るくなりませんでした。

ていうか、こんな写真撮ってる場合じゃなかったよ。。。


IMG_20180607_071552.jpg
7:00 途中のガストで鯖味噌朝食

Tポイントは貯まるんだけど、Tマネーは使用不可ですた(;´Д⊂)

新潟県からずーっと国道7号で日本海沿いに北上したんですが、

景色はいいし、道は広々で交通量も少なくて高速巡行が続けられてすごく走り易かったです。

国道7号最高!\(^o^)/

ということでナビの到着予想時刻はみるみる早くなっていったんですが、

今回の旅行に出発する直前に場所が判明して急遽行くことが決まった、

秋田県の象潟海岸が行き先から漏れているのに気が付きました。

秋田県に入ったところで思い出して、急きょ行き先変更。

危うくオーバーシュートしちゃうとこだったよ。。。(-"-;)

なんか今回はお金持って来ないし、作図間違えるし、おっちょこちょい連発で残念なことに(;´Д⊂)

9:00 象潟海岸到着


DSC_0136.jpg


DSC_0137.jpg


DSC_0143.jpg
10:35 新屋浜飛行学校にて。

見ていて怖くなるくらい、風切り音を立て結構な勢いで回ってました。

11:00 昼食はお握りランチ。

12:30 後三年滑空機練習所跡地

その後、昨日お電話頂いた地元の図書館へ。

佐藤飛行士の碑の場所を教えて頂く約束になっていますのだ。

昨日の電話の時点では男性職員の方に「午後4時頃到着の予定」と伝えてあったんですが、

時間が大分早いです。

大丈夫かしらん。と思いながら館内へ。

カウンターには2人の女性職員さんのみ。

要件を伝えると、「私は居りませんけど、分かるようにしておきますから」という昨日の言葉に違わず、

「あー!」と即座に意図を理解してくださり、封筒を手渡されました。

中を見てみると、なんと中にはわざわざパソコンで作成した碑までの分かり易い地図が!(;´Д⊂)

くれぐれもよろしくお伝えください。とお礼を述べて現地に向かったでした。

地図には、わざわざその場所まで出掛けて行って撮って下さったのであろう標識と碑の写真まで添付してありました。

こんなに丁寧な地図まで作って頂けるとは夢にも思っておらず、恐縮だったのでした。

13:00 無事佐藤章飛行士発着跡地到着。

ありがたや。

13:35 六郷飛行場と切られた松撮影。

こちらは過去記事に追記してあります  

次のポイントは岩手県閉伊郡‎山田町。

一気に太平洋側に出ます。

ナビに目的地を入力すると、到着予想時刻は19:30 と出ました。

13:50 給油。初日の朝、自宅近くで給油してから829.3km走ってここまで来れました。

順調な走行が続き、到着予想時刻19:30 だったのを18時台まで詰めたのに、

進路上の国道が突然の通行止め!Σ(゚Д゚;)ナゼ?

オートリルートの結果、到着予想時刻はまた19:30に戻ってしまい、やり直し。

本日の日の入りは18:56 なので非常にまずいです。

幸いだったのは、まだ早い時間帯の出来事だったということ。

秋田県から目的地までは、一旦太平洋側に出て、そこから国道45号線で海岸線を数十キロ北上することになります。

海岸沿いに走る国道は、上ったり下ったり、目まぐるしく標高が変わり、

「震災時、津波がここまで来た」ということを示す、浸水地区の始まりと終わりを知らせる大きな標識の数々。

ビックリするほど高い堤防の壁。

如何にも人工的に作り上げた高台の上に立ち並ぶ住居。

「復興はまだ始まったばかり」、「まだまだこれから」という言葉の通りでした。

18:00 岩手県・山田水上機基地跡地

予想時刻よりかなり早く撮影を済ませることができたんですが、

工事中のため現場に近づくことが出来ませんでした。

ここも過去記事に追記してあります  

本日の撮影はここまで。

次の目的地は直線距離で170km先の仙台空港。

下道で目的地に向かいつつ、道の駅を探すことに。

その前に夕食。

周辺にはいくつかコンビニがあったけど、迷うことなくその中の1軒のローソンへ。

ここで食事をしようと決めてました。

オイラがここに初めてお邪魔したのは、震災から半年後の2011年9月のことで、

その時もここのローソンを利用しました。

以下3枚の写真はその時のものです。


D20_0168.jpg
大沢漁港堤防の上から内陸側


D20_0171.jpg
ポールは根元から折れ…


D20_0170.jpg
プレハブの仮設で営業中。

当時は周辺にまだ営業しているコンビニは(オイラが見た限りでは)なくて、

朝7時台ということもあり、作業服の客が多くて店内は混雑していました。

震災の爪痕の様子はテレビで散々見ていたのですが、

「映像ではとても伝えきれない」と聞いていた現地の一端を直視して心を潰されたオイラは、

レジのおばさんからレンジで温めた幕の内弁当を笑顔で差し出されただけでもう胸が詰まってしまい、

車内で温かい弁当を口にした途端、涙が溢れて止まらなかったのでした。


DSC_0003.jpg
現在はこうなってました。

20:50 道の駅大谷海岸着

その名に違わず、時折「どーん」と波の音が聞こえます。

21:05 寝る

おやすみなさい

本日の走行距離:708km


(続きます)

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東北、関東・1 [■旅行記]


Ⓐ自宅→Ⓑ坂東飛行場跡地→Ⓒ東長倉小学校跡地→Ⓓ聖博物館(航空博物館)→Ⓔ高田練兵場着陸場跡地→Ⓕ深才航空基地跡地(推定位置)→Ⓖ道の駅花愛里にいつ


1日目 21℃ 雨→曇

5:20 自宅出発。

小雨のパラつく空模様で、「関東地方は今日にも梅雨入りか」と言われていました。

自宅近くのスタンドで給油、エアチェック

7:20 群馬県の坂東飛行場跡地

8:00 セブンで朝食にお握りを買ったんですが、ここで驚愕の事実が判明!!

今回は4泊5日で主に東北を周るつもりで出発したんですが、

オイラの財布の中身が1万円チョイなのです(XДX)

お握りはnanacoで支払ったんですが、レシート確認したら、残高2,479円也(-"-;)ビミョー

そろそろチャージしなきゃと思ってたんだよな~。

昨晩ちゃんと数枚の万札を準備して、アソコの上のアレに入れてあるの確認してたのに。。。

もっと早く気が付いていたら、自宅に戻ろうか。とも考えたんですが、

もう出発して3時間近く経ってるし、Tカード様があるので、このまま進むことに。


9:50 軽井沢の東長倉小学校跡地

東長倉小学校には大正時代に県下初の飛来機があったのです。

このことは前回軽井沢の老舗写真店にお邪魔した際、知ったんですが、

「東長倉小学校」が現在のドコに当たるのか、どう調べても分からなくて、

出発直前に写真店にお電話してお尋ねしたのでした。

電話に出た奥さんがオイラのことを覚えていて下さって、「今は県立高校の隣ですよ」と教えてくださったおかげで、

無事場所を特定することができたのでした。

毎日たくさんの来店があると思うんですが、1か月経って一見客のオイラを覚えておられるなんて、

奥様が並外れた素晴らしい記憶力の持主なのか、

はたまた「ヒコーキヒコーキ」言ってるオイラが余程怪しかったか、

そのいずれかだと思うのですが。ヒコーキ(゚Д゚;≡;゚Д゚)ヒコーキヒコーキ!!


昨日の埼玉は30℃で、仕事で運転中はずっとエアコンつけっぱだったのに、こちらは16℃!

流石避暑地です。

10:20 佐久市立中央図書館

ここで野辺山航空基地の資料を閲覧するつもりだったんですが、なんと休館日でしたΣ(゚Д゚;)

ここは航空図書館が併設されてるんですね。

またいつか来よう。。。

雨足はますます強くなる一方だったので、先月の積み残しになっていた丸山は今回もスルーすることに。

12:00 ファミマで海苔巻き購入。Tマネーで購入したんですが、こちらは残金4,212円でした。

ん~、微妙だけどこれでなんとかなるかな~。


お昼のニュースで、「近畿、東海、関東、甲信が梅雨入り」と言ってました。

「甲信越」ではなく、「甲信」なのがミソで、オイラはこの後信州を経て越州を経由して東北に行くのだ。

13:50 長野県麻績村にある「航空博物館」。

ここは2011年に一度お邪魔したんですが、改装中で中に入れなかったため、また来たのでした。

今回は無事に館内、敷地内をゆっくり見学することができました。

この後は新潟県へ。


梅雨入りした信州から越州に入る頃、本当に雨がやんできました。

先ずは上越市にある中田原練兵場跡地を目指そうと走っている最中、秋田県の某図書館から電話がありました。

実は秋田内にどうしても分からない場所があって、

自宅出発の3日前に地元図書館様に問合せメールを送ってあったのでした。

明日の午後4時頃実際に現地に行く予定であることをお伝えしたところ、

場所について丁寧に教えて頂き、分からない場合は、職員は19時まで居る。

閉館後自分は居なくなるが、わかるようにしておくので、来てください。

と司書さん?から言われたのでした。

なんて親切な。。。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


ということで練兵場のあった上越市まで来ました。

ここは練兵場敷地内に着陸場が設定されていて、かなり古くからヒコーキに縁のある場所です。

現在跡地はすっかり様変わりしてしまいましたが、着陸場跡地と、

「中田原練兵場」という名称の踏切を撮るつもりでした。

地図を見て、先ずは着陸場跡地を撮って、それから踏切を撮ろう。

と思っていたのに、現地に着いて渡った踏切の名前を何の気なしに見たら、ここがお目当ての踏切で、

慌てて近くに駐車して踏切を撮ったのでした。

もっとアチコチ探し回って時間かかるかも。と思っていたんですが、かなりササッと見て回れたので、

次の見学ポイントも今日中に行けるかも。

18:20 深才飛行場推定位置

日暮れまでギリギリでしたが、間に合いました。

本日はここまで。


次のポイントを目指しつつ、途中の道の駅で車中泊することに。

18:30 セブンで幕の内弁当

20:10 道の駅花愛里にいつ着

次の目的地は新潟空港の近くだったので、ここが車中泊に不向きだったら、

北海道フェリーターミナルの駐車場とか、直ぐ近くに大きくて素晴らしい道の駅があるので、

そこに行こうかと思っていたんですが、ここの道の駅で泊めさせていただくことに。

20:30 寝る

おやすみなさい。

本日の走行距離:444km


(続きます)

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - ■旅行記 ブログトップ