So-net無料ブログ作成

アラスカ・アネット・アイランド空港 [├海外の空港、飛行場]

   2019年1月作成(データは作成時のものです)  



無題9.png
SkyVector.com(中央の車両進入禁止マーク)

アラスカ州アネット島にある「アネット・アイランド空港」。

前記事の「タンガスハーバー水上機基地」の南南西約3kmにあります。

1947年10月開設、METLAKATLA INDIAN COMM 所有のプライベート空港で、

2284 x 46 mの舗装滑走路と、1740 x 46 mの砂利敷き滑走路を有しています。

1990年1月16日までの1年間、1日平均23便の運航があり、

内訳はトランジットゼネアビ60%、軍用24%、エアタクシー12%、ローカルゼネアビ5%でした。

Wikiによりますと、当空港は第二次世界大戦中にアネット島陸軍飛行場として設立。

1973年にケチカン国際空港が開港するまで、当空港がケチカンの主役でした。

1947年にパンナムがDC-4でシアトルとジュノーに毎日直行便を運航し、

週6回、カナダのユーコン準州のホワイトホースまでジュノー経由で運航し、

その後フェアバンクスまで運航していたのだそうです。時代ですね~。

1940年代~1970年代の沿革がWikiにあります。

リンク貼っておきますので、興味のある方は見てみてください。

英語ですけど。




     アラスカ・アネット・アイランド空港        
アネット・アイランド空港 データ
Owner:METLAKATLA INDIAN COMM
空港種別:Private
IATA Code:ANN
ICAO Code:PANT
FAA Code:LID
標 高:119 ft. / 36.3 m
標 点:N55°2.54' / W131°34.25'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面)
・12/30 7493 x 150 ft. / 2284 x 46 m asphalt
・2/20 5709 x 150 ft. / 1740 x 46 m gravel

関連サイト:
AirNav/Annette Island Airport  
Wiki/Annette Island Airport  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー