So-net無料ブログ作成

ごあいさつ [■ブログ]

今年も拙ブログにお越し頂きまして、本当にありがとうございましたm(_ _)m

毎年恒例の「空港探索」の進捗状況を(12/31現在)。

今年新たにお邪魔した飛行場/跡地:24
今年お邪魔したヒコーキ関連の場所、再訪した飛行場/跡地:29
これまでにお邪魔した飛行場/跡地計:802
まだお邪魔してない飛行場/跡地:35(前年同月比+3)
これまでに場所特定した飛行場/跡地計:837(前年同月比+26)
(数年前に訪問して、今年カウントに含めた跡地があるため、辻褄が合ってません)

今年は、
2泊3日:1回(研修のついで)
5泊6日(車中泊):2回

であちこちほっつき歩いたのでした。

各地の皆さまお邪魔致しました。そして大変お世話になりました。

今年はお邪魔した飛行場/跡地がついに大台を超えました(XДX)

そして、今年は「ここにあるよ!」と情報をたくさんいただいたこともあり、

まだお邪魔してない飛行場の数が前年よりも増えてしまいました。

ここまでは、ちょっとずつでも毎年減らしてたんですけどね~。

一体、いつ0になるのか。。。


今回も1月から2月いっぱいまでコメント欄を閉じさせて頂きます。

来年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

                          とり。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・ミ―キンズ・エアサービス [├海外の空港、飛行場]

   2018年2月作成(データは作成時のものです)  




無題g.png
SkyVector.com(真ん中のⓊ)

アラスカ州シープ・マウンテンにある「ミ―キンズ・エアサービス」。

前記事の「シープ・マウンテン空港」の東2.5kmにあります。

グリーンハイウェイ沿いにある一連の5つのうち、最後の空港なんですが、これがちょっと曲者でして、

上のチャートを見ての通り、当空港の〇の中にUが入っています。

チャートにはこれまでもこのⓊマークは幾つもあり、実際にグーグルマップで見ると、

いかにも大昔に廃止した溶けかかってる空港跡地と相場が決まっていたので、

これは廃止空港のマークなんだろうと思っていました。

ところがここはグーグルアースで確認すると、ヒコーキが映っていますΣ(゚Д゚;)

2018年2月現在、最新の画像取得日は2017年5月31日なんですが、

2005年8月11日の画像でも同様にヒコーキが映っています。

そして公式サイトもあります(下記リンク参照)。

Ⓤマークとは一体なんなのか、改めてSkyVectorを調べてみたんですが、

Ⓤマークの説明欄には、"unverified"(未確認の)とあります。

廃止という意味じゃなかったんですね。

"Meekin's Air Service"とは当空港を運営する会社の名称と思うんですが、

拙ブログでは会社名ではなく、空港の名称で記事を作っている関係上、

空港の名称をいろいろとググってみたんですが、

残念ながらオイラのIT技術(インターネット・テクニック)では、ちょっと探せませんでした(;´Д⊂)

チャートで「未確認」と謳っている以上、当然といえば当然なんですが、

SkyVector、AirNavに当空港の専用の項目無し。

ということで、以下公式サイト、グーグルアースからの情報です。

それによりますと、Meekin's Air Serviceは、1981年に開設し、経験豊富な2人のパイロットが、

3機のスーパーカブ、2機のセスナ185を運用しており、

遊覧飛行、チャーター、ツアーガイド等行っているのだそうです。

グーグルアースで見る限り、390mx8m、420mx5m 2本の滑走路があり、

多分どちらも砂利敷きではないかと思います。

滑走路の北側に「マジェスティック ヘリ・スキー」があり、ヘリが駐機しているのが映っています。



     アラスカ・ミ―キンズ・エアサービス        
ミ―キンズ・エアサービス データ
Owner:Mike Meekin
空港種別:private
標 高:878m
標 点:N61°48.59' / W147°27.28'
滑走路:(方位、長さ 、表面)
・02/20  420mx5m  gravel
・05/23  390mx8m  gravel
(標高、標点、方位、長さ、表面はグーグルアースから)

関連サイト:
公式サイト/  


コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・シープ・マウンテン空港 [├海外の空港、飛行場]

   2018年2月作成(データは作成時のものです)  




無題g.png
SkyVector.com(真ん中。Ⓤの隣の〇)

アラスカ州シープ・マウンテンにある「シープ・マウンテン空港」。

前記事の「ゲイツ・ランチ空港」の東約18kmにあります。

1950年8月開設、アラスカ州運輸公共施設局(DOT&PF)の公共用空港で、

692 x 18 mの砂利/ダート滑走路があります。

先頭のグーグルマップで見ると、なんだか滑走路がもの凄く太く見える(75mある)んですが、

資料にある通り、実際には幅18mです。

その名称通り、838mと非常に標高の高い空港ですね。

2013年の1年間に、120便の運航があり、内訳はトランジットゼネアビ83%、エアタクシー17%でした。




     アラスカ・シープ・マウンテン空港        
シープ・マウンテン空港 データ
Owner:ALASKA DOT&PF CENTRAL REGION
空港種別:public
IATA Code:SMU
ICAO Code:PASP
FAA Code:SMU
標 高:2750 ft. / 838 m
標 点:N61°48.68' / W147°30.54'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面、状態)
5/23 2270 x 60 ft. / 692 x 18 m gravel/dirt, in poor condition
RY 05/23 OVERGROWN WITH 3 FT WEEDS AND BRUSH.
LARGE LOOSE ROCKS ON RY. ALL TERRAIN VEHICLE TRAIL ALONG BOTH SIDES OF RY.

関連サイト:
AirNav/Sheep Mountain Airport  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・ゲイツ・ランチ空港 [├海外の空港、飛行場]

   2018年2月作成(データは作成時のものです)  




無題f.png
SkyVector.com(一番右のⓇ)

アラスカ州グレイシャー・ビューにある「ゲイツ・ランチ空港」。

前記事の「ビクトリー空港」の東北東約4.7kmにあります。

1982年11月開設、BARRY L. GATES 所有のプライベート空港で、663 x 15 mダートの滑走路があります。

ゲイツ氏、空港も所有していたんですね~(違)

年代は不明ですが、1機の単発機が当空港を定置場にしています。



     アラスカ・ゲイツ・ランチ空港        
ゲイツ・ランチ空港 データ
Owner:BARRY L. GATES
空港種別:Private
FAA Code:28AK
標 高:1875 ft. / 572 m
標 点:N61°48.53' / W147°51.56'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面)
6/24 2175 x 50 ft. / 663 x 15 m dirt

関連サイト:
AirNav/Gates Ranch Airport  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・ビクトリー空港 [├海外の空港、飛行場]

   2018年2月作成(データは作成時のものです)  




無題f.png
SkyVector.com(左から二番目のⓇ)

アラスカ州ビクトリー・バイブル・キャンプにある「ビクトリー空港」。

前記事の「キング・ランチ空港」の東約21.5kmにあります。

1971年7月開設、RYAN COTE 所有のプライベート空港で、549 x 21 mダートの滑走路があります。

1971年7月からの1年間に50便の運航があり、内訳は全てトランジットゼネアビでした。

また1機の単発機が当空港を定置場にしていました。



     アラスカ・ビクトリー空港        
ビクトリー空港 データ
Owner:RYAN COTE
空港種別:Private
FAA Code:0AK6
標 高:1800 ft. / 549 m
標 点:N61°48.20' / W147°56.65'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面)
11/29 1800 x 70 ft. / 549 x 21 m dirt

関連サイト:
AirNav/Victory Airport  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新宿に行った話 [■旅行記]

先週のことですが、

日本航空写真家協会2018写真展に入選したオイラの師匠であるマリオ氏の作品を拝見するため、

新宿の某ビルに馳せ参じることになったのでした。=(⊃゜Д゜)⊃

今年はまだ防衛研究所の資料閲覧室で資料撮影もしてないな~

と思って調べたら、両者は徒歩で移動できる距離だったので、ついでに防衛研究所にも行くことに。

普段は埼玉でのほほんと田舎暮らしのオイラ。

新宿に2つも用事なんて、多分初めてです(o ̄∇ ̄o)


まずは防衛研究所へ。

防衛研究所は数年前までは恵比寿にあったんですが、現在は市ヶ谷の防衛省敷地内に引っ越しています。

防衛研究所に行くには、加賀門(防衛省正門の反対側)から入ることになっています。

前回お邪魔したのは1年10ヵ月前で、

その時は加賀門にある受付にて所定の用紙にいろいろと書き込みをする必要があったんですが、

現在はQRコード方式になっていて、一度作成すれば、以後簡単に入れるようになってました。

ICタグを首から下げて資料閲覧室へ。

加賀門と研究所の建物入り口には複数の警備の方が目を光らせ、

建物内部にも偉そうな制服組、強そうな迷彩服のソルジャーの方々が行き交っており、緊張します(つД⊂;)


もしココでオイラが不審な行動をとったら、一瞬で〇されちゃうんだろうな~

努めて不審者でない風を装い、途中のロッカーに荷物を入れ、

なんとか無事に資料閲覧室に入ったのが9時過ぎ(゚Д゚;≡;゚Д゚)


自宅で記入済の閲覧申込書を提出すると、1番の番号札を渡されました。

程なく資料が運ばれ、早速複写申請書に記入。

すぐ撮影室に通されて撮影開始。

1回の撮影時間は30分と決められており、

「残り5分になったら声掛けますから」と告げられました。


一度に受け取ることができる資料は5点まで。

資料によってはほぼ全部のページを撮りたいので、

撮影はすごい量になります。

大急ぎで撮り始めたんですが、まだ7割位しか撮れていないところでドアをノックする音が!Σ(゚Д゚;)

「残り時間あと5分ですが、次の方いないので良かったらそのままどうぞ~」

とのことでした。

ありがたや\(^o^)/


前回お邪魔した時は、閲覧室には常に大勢の閲覧者がいて、

撮影室も順番待ちの状態だったので、

1日中いて、結局3回撮影室に入るのが精一杯。

しかも資料の中から本当に必要なページしか撮れませんでした。

ところが今回は結局午前中の時間帯、閲覧室利用者はオイラのみだったのでスイスイと進み、

お昼までに撮影を3回繰り返すことができました。


閲覧室は12時~13時まで昼休みになるので、この間に某ビルの写真展に行くことに。

スマホの道案内を初めて利用したんですが、便利ですね~。



IMG_20181219_130818.jpg


ということで無事某ビルに到着し、久々に師匠にお会いしたのでした。

師匠から「この写真はね~」といろいろ説明(裏話)をして頂きながら素晴らしい作品の数々を鑑賞したのでした。

普段は独りコソコソと道路や畑を撮っては逃げ去るようにその場を離れ、

自室に戻ってニヤニヤとそれらの写真を眺めているという、

撮るもの間違えたら即逮捕のオイラからすると、

師匠の人脈の広さも驚きだったんですが、

撮り鉄と並び、王道のヒコーキ撮影。そこにはビックリする程ディープな世界が広がってました。


まるでCGかイラストと見紛うような洗練の極みの作品

美しい音楽が聞こえてきそうな叙情豊かな作品

ビリビリと震える空気の塊がぶつかってくる大迫力の作品(師匠はコチラ)

師匠の作品も勿論なんですが、皆さんホントに凄いな~。

軽飛行機、グライダー、戦闘機、旅客機と、展示されている作品は多岐にわたり、

しかも、カッコ良い、美しい、静寂、迫力、緊迫、長閑(くらいしかオイラには思い浮かばないですが)等、

撮り手のテーマがダイレクトに伝わる感じ。

なんかもう溜息しか出ないや。。。(〃´o`)=3


その後再び閲覧室に戻ったら、数名の利用者の姿が。

更に5点の資料を撮影したのですが、またしても撮影したいページが多過ぎて、

制限時間内に撮影を終えることができず、「他にいませんので」とのことで、職員さんに時間を延長して頂き、

撮りたいものを全部撮り終えたのが15時過ぎ。

資料閲覧室の利用時間は~16:30なので、

もう1回は余裕で資料の撮影ができるんですが、

帰宅ラッシュが始まる前に自宅に戻ることに(出勤ラッシュで懲りた)。


撮影室には長テーブルが置かれていて、そこに資料を置いて撮影するんですが、

前回ニコンのデジイチ(重い)で撮った時は、一日中うつむきっぱなしの無理な撮影姿勢のせいで、

相当辛かったです。

今回はスマホ撮影だったので、姿勢もかなり楽だったんですが、最後は腰が痛くてもームリでした。

たくさん撮影するので、データ容量、バッテリーが途中で尽きるかも。

と考え、満充電にして、バックアップにニコンも準備してあったんですが、

約600回シャッターを切り、グーグルの道案内を1時間強動かしたものの、

帰宅時にスマホのバッテリーは50%強残ってました。

意外ともつんですね(@Д@)

次からはニコン持っていかなくてもいいかな~。

今回も知らなかった情報、未知の飛行場が幾つも判明しました。

これから自宅でちまちまと解析します。

(おわり)




IMG_20181219_152028.jpg
(おまけ)

防衛省から市ヶ谷駅に戻る途中にあった駐車場プライス。

東京コワイ…

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・キング・ランチ空港 [├海外の空港、飛行場]

   2018年2月作成(データは作成時のものです)  




無題f.png
SkyVector.com(一番左側のⓇ)

アラスカ州サットンにある「キング・ランチ空港」。

アンカレッジ周辺とその北側にある、もの凄い飛行場密集エリアがやっと途切れてから、

東へと伸びるグリーンハイウェイ沿いにぽつり。ぽつり。と5つ空港が続きます。

その最初の空港です。

2002年12月開設、AIRPORT OPERATOR 所有のプライベート空港で、549 x 30 m芝の滑走路があります。

年代は不明ですが、1年に1度だけ商用便の運航がありました。

10機の単発機、1機の双発機、3機のヘリが当空港を定置場にしています。

先頭のグーグルマップで見ると、結構な数のヒコーキが駐機してますね。



     アラスカ・キング・ランチ空港        
キング・ランチ空港 データ
Owner:AIRPORT OPERATOR
空港種別:Private
FAA Code:AK59
標 高:1350 ft. / 411 m
標 点:N61°47.47' / W148°21.10'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面)
6/24 1800 x 100 ft. / 549 x 30 m turf

関連サイト:
AirNav/King Ranch Airport  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・サウス・ガスライン空港 [├海外の空港、飛行場]

   2018年2月作成(データは作成時のものです)  




無題e.png
SkyVector.com

アラスカ州スターリングにある「サウス・ガスライン空港」。

前記事の「キナイ・リバー・エアパーク空港」の東北東約36.7kmにあります。

1962年11月開設、ALASKA PIPELINE CO 所有のプライベート空港で、762 x 15 mの砂利敷き滑走路があります。

オーナー名でググってみましたらば、アンカレッジを拠点にパイプラインで天然ガスを配給する会社だそうです。

空港の名称からもなんとなく想像通りの会社ですね。

1977年6月25日までの1年間に50便の運航があり、内訳は全てトランジットゼネアビでした。



     アラスカ・サウス・ガスライン空港        
サウス・ガスライン空港 データ
Owner:ALASKA PIPELINE CO
空港種別:Private
FAA Code:AK39
標 高:381 ft. / 116.1 m
標 点:N60°41.83' / W150°10.80'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面)
2/20 2500 x 50 ft. / 762 x 15 m gravel

関連サイト:
AirNav/South Gasline Airport  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・キナイ・リバー・エアパーク空港 [├海外の空港、飛行場]

   2018年2月作成(データは作成時のものです)  




無題d.png
SkyVector.com(真ん中のⓇ)

アラスカ州ソルドトナにある「キナイ・リバー・エアパーク空港」。

1971年10月開設、KENAI RIVER AIRPARK ASSOC.所有のプライベート空港で、

640 x 18 mの砂利敷き滑走路があります。

またまたエアパークです。

滑走路北側に並んでいるのは宿泊施設なんでしょうね。

滑走路中央、両端に"P"とペイントされてるんですが、どういう意味なんでしょうか。

パークのPかしらん。

年代は不明ですが、3機の単発機と3機のヘリが当空港を定置場にしています。




     アラスカ・キナイ・リバー・エアパーク空港        
キナイ・リバー・エアパーク空港 データ
Owner:KENAI RIVER AIRPARK ASSOC.
空港種別:Private
FAA Code:1AK4
標 高:200 ft. / 61 m
標 点:N60°31.45' / W150°45.13'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面)
7/25 2100 x 60 ft. / 640 x 18 m gravel

関連サイト:
AirNav/Kenai River Airpark Airport  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アラスカ・マグラス水上機基地 [├海外の空港、飛行場]

   2018年2月作成(データは作成時のものです)  




無題c.png
SkyVector.com(真ん中の錨マーク)

アラスカ州マグラス、マグラス空港に隣接している「マグラス水上機基地」。

1967年7月開設、PUBLIC DOMAIN の公共用水上機基地で、

カスコクウィム川の南北方向に1219 x 107 mの離着水エリアがあります。

SkyVectorに当水上機基地のマップがあり、先頭のグーグルマップのヒコーキマーカー周辺が、

「水上機係留エリア」とあり、実際に数機の水上機が映っています。



     アラスカ・マグラス水上機基地        
マグラス水上機基地 データ
Owner:PUBLIC DOMAIN
空港種別:public
FAA Code:16Z
標 高:325 ft. / 99 m
標 点:N62°57.48' / W155°35.59'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面、状態)
N/S 4000 x 350 ft. / 1219 x 107 m water, in excellent condition

関連サイト:
AirNav/Mc Grath Seaplane Base  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー