So-net無料ブログ作成

綾部航空基地跡地 [├国内の空港、飛行場]

   2018年5月 訪問  



無題m.png
撮影年月日1947/11/03(USA M624 194)  
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 



京都府綾部市にあったと思われる「綾部航空基地」。

「あったと思われる」という表現になってしまうのは、

当航空基地はネットでも情報が皆無と言って良い程ないからです。

実際にあったのか、計画止まりだったのか、そしてドコにあったのか、ずっとナゾの飛行場だったのですが、

防衛研究所収蔵資料:「海軍航空基地現状表(内地の部)」(昭和二十年八月調)

の中で、当航空基地についての記載がありました。

以下引用させて頂きます。

位置:京都府何鹿郡綾部
基地名:綾部
最寄駅よりの方位距離:山陰線綾部駅S1
建設の年:1945
飛行場:600x30m
方向:EW
用地面積(除飛行場):600x30
主要機隊数:小型
主任務:退避
(その他諸施設の有無、其の他記事の項目に記載なし)

建設の年が1945年とあります。

このテの資料で建設年が1945年だと、着工前に終戦だったりすることもあるので、本当にビミョーです。

資料作成が「昭和二十年八月調」というのもまた一層醸してます。

ただし「綾部駅の南1km」と、非常に近い場所が目標になっております。

この資料から「綾部航空基地は綾部駅の南1kmなのだ」と知ったオイラは、早速当時の航空写真を確認したのですが、

綾部駅の南1km地点は山のど真ん中。

それでも、駅から1.5km南下した場所にほぼ東西に真っ直ぐな道があります(上の航空写真の赤矢印部分)。

この府道483号安場田野線沿いの南側部分は、資料にある通りの滑走路の長さ(600mx30m)

なら直線がとれる地割になっており、しかも道の向きは、資料にある滑走路の方位(EW)とも合っているため、

この道路に沿って滑走路が設けられていたか、設ける計画だったのではないかと。

この道路以外、「綾部駅の南1km」の周辺で、資料にある通り、

600mx30m東西方向の飛行場適地は、オイラには見当たりません。

「ここ以外に考えられない」という主観が根拠という、なんとも心許ない状況なんですが、

先頭のグーグルマップは一応資料にある通り、600mx30mで滑走路を描いてみました。

場所がココで良かったならば、こんな感じではないかと。

正直心が折れそうなんですが、こうして記事をアップしたのがきっかけで、真相が判明すれば本望です。

情報お待ちしておりますm(_ _)m


DSC_0131.jpg
ここから奥に向かって少し上り勾配がついています。

この道路の左側に奥に向かって滑走路があったか、建設しようとしていたのではないかと思うのですが。。。




     京都府・綾部航空基地跡地         
綾部航空基地 データ
設置管理者:旧海軍
空港種別:退避用
所在地:京都府何鹿郡綾部(現・京都府綾部市田野町田野山)
座 標:N35°17′18″E135°15′02″
標 高:81m
滑走路:600mx30m
方 位:08/26
(座標、標高、方位はグーグルアースから)

沿革
1945年 建設

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料:「海軍航空基地現状表(内地の部)」(昭和二十年八月調)


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中部(関東、関西)・3 [■旅行記]


Ⓐ道の駅ガレリアかめおか→Ⓑ綾部航空基地跡地→Ⓒ高津航空基地跡地→Ⓓ長田野着陸場跡地→Ⓔ大津陸軍少年飛行兵学校跡地→Ⓕ柏木航空基地(未着工・推定位置)→Ⓖ八日市飛行場の掩体壕→Ⓗ高山市北北東方上野平着陸場跡地→Ⓘ道の駅風穴の里



3日目

3:55 起床

4:25 道の駅ガレリアかめおか出発

5:35 綾部航空基地跡地

山の中の一本道沿いにある小さな集落なんですが、静かな早朝の時間帯、

ワンちゃんの散歩をする京都府民、ジョギングをする京都府民が行き交う中、道路を撮らせて頂き、

逃げるように退散したのでした=====ヽ( ゚∀゚)ノウヒョヒョー!!


DSC_0132.jpg


DSC_0139.jpg
5:55 高津航空基地跡地

6:10 長田野着陸場跡地

これにて京都の3飛行場跡地の見学終了。

今回の旅行で自宅から最も遠ざかりました。

ここでUターンして滋賀県に戻ることに。


IMG_20180512_073032.jpg

7:30 途中、ジョイフルで朝食

9:30 滋賀県・大津陸軍少年飛行兵学校跡地

碑が目立たない所にあるので、ちゃんと見つかるか心配だったけど、警備員の方に親切に教えて頂き無事見学。

10:55 滋賀県・柏木航空基地(未着工)

11:50 滋賀県・八日市飛行場の掩体壕見学終了。

ここは過去記事に追記してありますので、興味のある方はご覧くださいませ  

ここから一気に岐阜県高山市にあった着陸場に向かうことに。

ナビの目的地に設定すると、204km、18:20到着と出た。

お握り昼食

お昼のニュースで、今日の午前10時半頃に長野県北部で震度5弱の地震があり、

今後一週間程度は余震に注意と言っていた。

…オイラ今夜はその長野県で車中泊するんスけど^^;

17:40 岐阜県・高山市北北東方上野平着陸場跡地

静かな山村でした。

はー。おちつく。


IMG_20180512_180232.jpg

18:00 地元スーパーでお握り弁当

明日の見学にそなえ、長野県松本市を目指すことに。

ナビのルート検索は「有料道路ではなく一般道路優先」と設定してあるため、

安房峠道路を使えばものの5分で行けるところを、ものすごい迂回を強いられるハメに。。。

真っ暗で行き違い不可の箇所が多く、ブラインドコーナー連続のすんごい山道を延々走りました(;´Д⊂)

オイラこういう道ではワリと血が騒ぐんですが、それでも時速20~30km位しか出せない。

対向車はほとんどなかったんですが、アップダウンの非常に厳しい真っ暗な山道で、

何台ものロードバイク集団とすれ違いました。

どのバイクも非常に強力なライトを二つ装着しているのですが、それがどれも上向きで超眩しい~(XДX)

よくこんな道を走ろうと思うな~。

今なら言える!

通行料金770円は惜しくない!(断言)

20:30 道の駅風穴の里着

ここは駐車エリア全体に結構きつめの傾斜がついています。

山側になんとか傾斜の少ない場所を見つけて駐車。

件の余震が心配なんだけど、万一の落石より寝心地を優先するオイラ。

今になって冷静に考えると、これはどうだったんだろう。。。

21:00 寝る

おやすみなさい。

どうか揺れませんように。

何も落ちませんように。

本日の走行距離:508km

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

七尾水上機基地跡地 [├国内の空港、飛行場]

   2018年5月 訪問  



無題j.png 
撮影年月日1947/11/06(USA M631 52)  
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)




石川県七尾市にあった「七尾水上機基地」。

ここは、あったことは分かっているんですが、正確な位置が長いこと不明で、

現在のところイマイチ場所がハッキリしません。

それで当記事は「中間報告」ということにしておきます。

ご了承くださいませ。

当基地については、PUTINさんから、「急造の木製スロープを設けて水上機を海面に降ろしていた」

という情報を頂いており、

再生おじさんからも、「補助水上機基地」として、

複数の目標からの方位と距離、緯度経度情報が米軍の資料に載っていること等情報頂いておりました。

また、マー坊さんからは、「詫間空(横浜空)の二式大艇が疎開していた」という情報を頂いておりました。

PUTINさん、再生おじさん、マー坊さん、ありがとうございましたm(_ _)m

当水上機基地について頂いた位置情報の中に、

"1 mi.ENE of Nanao,in Nanao-wan on E side of Yatashin-desaki;"

とあります(下記リンク参照)。

"1 mi.ENE of Nanao"は、「七尾の東北東1マイル」ですが、この「七尾」を「七尾市役所」とすると、

先頭のグーグルマップの黄マーカーの位置になります。

また、

"E side of Yatashin-desaki"は、「矢田新出崎の東側」となります。

「矢田新出崎」とは、先頭のグーグルマップに記載のある、チョキの指の右側部分です。

その東側ですから、先の「七尾の東北東1マイル」と大体同じような場所を示しています。

当地は国土地理院では戦前、戦中の航空写真、地図が閲覧できないのですが、

テキサス大学収蔵のAMS(旧米国陸軍地図局)作成の地図が閲覧可能であり、

これを見ると、まさに「矢田新出崎の東側」にピョコンと桟橋が描かれています(グーグルマップ赤ライン。下記リンク参照)。

(きっとコレが「七尾水上機基地」の桟橋なんだろう)と思いました。

ところがです。

防衛研究所収蔵資料:「海軍航空基地現状表(内地の部)」(昭和二十年八月調)の中で、

当基地について情報がありました。

以下引用させて頂きます。

位置:石川県七尾市 
基地名:七尾水上機基地
最寄駅よりの方位距離:北陸線七尾駅N2
建設の年:1944
飛行場:巾10x長90のもの2基 木
用地面積(除飛行場):49500㎡
主要機 隊数:小型0.5 中型
主任務:作戦
其の他記事:防波堤 1

なんと、10mx90mのものが2基とあります。

上述の米陸軍作成の地図(AMS)で、「矢田新出崎の東側」にある桟橋は1つだけ、

それも長さは40m強、幅はほんの数メートルしかありません。

また、この米陸軍の地図は、1939年までのデータを元に作成されたものであるのに対して、

「海軍航空基地現状表(内地の部)」によれば、当基地の建設年は1944年とありますから、

米陸軍地図には(少なくとも基地の完成形は)載っていないことになります。


ということで、振り出しに戻った感があるのですが、

1947年の航空写真で「10mx90m 2基」を探すと、

オイラ的には先頭のグーグルマップの紫線、航空写真の矢印部分しか見当たりません。

ただし、これだと長さが90mどころか、110m、130mもあり、一方で幅は5m程度しかないため、

「海軍航空基地現状表(内地の部)」に出ている「10mx90m」とは随分異なっています。

また同資料には、当水上機基地の位置として、「北陸線七尾駅N2」とあるのですが、

これはグーグルマップ赤マーカーに位置になり、米軍の資料とは全然違ってしまいます。

また、ここまで「10mx90m」のものが桟橋状のものであることを前提に話を進めてきましたが、

PUTINさんからいただいた情報では、「急造の木製スロープ」とあります。

七尾には複数の基地(計画含む)があったようで、それぞれの資料は別々の基地のことを指しているのか、

はたまた年代によって形状が変化していったのか。。。

ナゾです。

ここまでが現在のところオイラの知り得ている情報です。

情報お待ちしておりますm(_ _)m



…と、ここまでいろいろ書いてきてアレですが、


防衛研究所収蔵資料:「5航空関係-航空基地-108 日本列島 海軍航空基地略図」の中に、


当水上機機基地の略図があり、先頭のグーグルマップの紫マーカーの位置に丸印がついており、


「仮設木造?滑走台2キ」とありました。


航空写真で確認すると、この場所は砂浜のようで特に何もないんですよね。


まあ、だからこそ「急造」とか「仮設」という表現が説得力を持つのですが。。。


DSC_0082.jpg
A地点


DSC_0087.jpg
B地点




     石川県・七尾水上機基地跡地         
七尾水上機基地 データ
設置管理者:旧海軍
空港種別:水上機基地
所在地:石川県七尾市
座 標:N37°02′55″E136°58′56″? N37°02′55″E136°59′01″?
標 高:0m
滑走路:10mx90m 2基「海軍航空基地現状表(内地の部)」より
(座標はグーグルアースから)

沿革
1944年 建設

関連サイト:
AMS七尾市   
No. 85-3, central Japan: Central and northern Honshu  
No. 85-1, provisional airfield list of Japan  
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料:「海軍航空基地現状表(内地の部)」(昭和二十年八月調)
防衛研究所収蔵資料:「5航空関係-航空基地-108 日本列島 海軍航空基地略図」


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

富山県・富山県立高岡工芸高等学校 [├場所]

   2018年5月 訪問  



無題k.png
撮影年月日1946/11/16(USA M320-A-10 39)  
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)の中にある、

「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、

高岡市中川富山縣立高岡中學校に「高岡中學校滑空部」があり、「高岡中學校運動場」を使用していたとありました。

この情報はアギラさんからいただきました。

アギラさんありがとうございましたm(_ _)m


で、肝心の「富山縣立高岡中學校」の場所なんですが、

(ここがそうだろう)と考えて、「富山県立高岡高校」にお邪魔して撮ったのが、2015年7月。

ところがです。

自宅に戻ってから念のため高校に問い合わせのメールをしたところ、

富山県立高岡高校の教頭先生から直々に非常に丁寧なメールを頂きました(ノ><)ノヒイィィ

いただいたメールによりますと、

「本校(富山県立高岡高校)は昭和63年に現地に移転しており、

昭和15年当時のグラウンドは、現在の高岡工芸高校のグラウンドの場所にありました」

とのことでした。

つまりオイラの撮った場所はまったくの誤りで、

現在の高岡工芸高校のグラウンドこそ、当時滑空訓練をしていた場所だったのですΣ(゚Д゚;)ガーン

ということで、今回3年ぶりに現地にお邪魔したのでした。

1946年当時の航空写真で見ると、グラウンドは2面あるように見えます(写真のAとB)。

広さはおおよそですがそれぞれ、A:100mx110m  B:175mx90m で、訓練用としてはどちらも十分です。

ということで、両方を撮ったのでした。


DSC_0079.jpg

A地点

適当な撮影場所を見つけられなかったのでちょっと遠いんですが、

画面中央のゴールポストよりちょい手前から奥が当時のグラウンド。


DSC_0078.jpg

B地点

昭和15年当時、AとBのどちらか、もしくは両方でグライダーが飛んでいたと思うのですが。。。



     富山県・富山県立高岡工芸高等学校         
高岡中學校(当時) データ
空港種別:滑空訓練場
所在地:富山県高岡市中川町1
A:
座 標:N36°45′07″E137°01′28″
標 高:8m
広 さ:100mx110m
B:
座 標:N36°45′06″E137°01′35″
標 高:13m
広 さ:175mx90m
(座標、標高、広さはグーグルアースから)

沿革
1940年10月 当時グラウンドにて滑空訓練実施

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)

謝意:
高岡高校K教頭先生


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中部(関東、関西)・2 [■旅行記]


Ⓐ道の駅ウエーブパークなめりかわ→Ⓑ富山県立高岡工芸高等学校→Ⓒ七尾水上機基地跡地→Ⓓ立野ヶ原不時着陸場跡地、立野原監的壕→Ⓔ愛国金沢飛行場跡地→Ⓕ鯖江不時着陸場跡地→Ⓖ近江航空踏切→Ⓗ多賀飛行場跡地→Ⓘ道の駅ガレリアかめおか


2日目

4:20 起床

5:00 道の駅ウエーブパークなめりかわ出発

6:00 富山県立高岡工芸高等学校

ここは以前明後日写真を撮ってしまったので、また来たのでした。

今回は無事撮影。

6:30 ガストで焼き鮭朝食

7:50 石川県の七尾水上機基地跡地。

ここはイマイチ場所が分からない。。。



DSC_0092.jpg
8:10 富山湾越しの立山連峰。霞んでるけど。

10:30 「立野ヶ原不時着場跡地」と「目玉監的壕」。

立野ヶ原不時着場跡地は、2011年10月にお邪魔したんですが、その後滑走路位置がハッキリしたので、

再訪問したのでした。

過去記事に追記してありますので、興味のある方はご覧くださいませ  

11:40 石川県・愛国金沢飛行場跡地。

ここも2010年7月に一度お邪魔していたんですが、その後滑走路位置がハッキリしたので、

今回再訪問したのでした。

ここも過去記事に追記してありますので、興味のある方はご覧くださいませ  

12:00 おにぎり昼食

14:00 鯖江不時着陸場跡地にお邪魔。

ここも過去記事に追記してありますので、興味のある方はご覧くださいませ  

16:10 初日自宅近くで給油して、ここまで782km走ったところで給油。

17:15 滋賀県の「近江航空踏切」と「多賀飛行場跡地」撮影。

近江航空踏切は、そういう名称の踏切があると最近知ったので、ついでに撮ったのでした。

隣接する高校からゾロゾロと踏切を渡る高校生の視線がイタイイタイ(///∇///)

多賀飛行場は滑走路の位置がハッキリしたので再訪したのでした。

ここも過去記事に(以下省略)  

本当はここから小一時間走った所にある掩体壕も見る予定だったんですが、現在時刻は17:35。

到着した頃に日没っぽいし、現地まで徒歩で移動しないといけないので、本日の見学はこれにて終了。

翌朝までこの近辺に留まると時間が勿体ないので、

今回の旅行で(ここまで行けたらいいなぁ)と思っていた一番遠い京都府福知山方向に移動することに。

18:00 ファミマでチキン南蛮弁当

21:10 京都府 道の駅ガレリアかめおか着

21:35 寝る

おやすみどすえ。

本日の走行距離:508km


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

長野県・上田市 仁古田飛行機製造地下工場跡 [├場所]

   2018年5月 訪問  



長野県上田市に「仁古田飛行機製造地下工場」跡があります。

上田飛行場の南西約6.2km。


DSC_0077.jpg
・A地点

ここまでは車で簡単に走れます。

変則的な丁字路になっていて、突き当りを左右どちらかに進みます。

画面向かって左折すると、墓地。

地下工場跡に行くには右折。



DSC_0049.jpg


DSC_0065.jpg
A地点を右折して少し進んでいくと、左折の脇道が現れます。


DSC_0050.jpg
標柱に従い脇道を入って行きます。


DSC_0053.jpg
100m進むとこんな説明版が。

仁古田飛行機製造地下工場跡(全文)
 太平洋戦争の末期(昭和二十年六月)、日本軍部は、東南海地震と空襲によって壊滅した名古屋の三菱重工業第五製作所
(航空機工場)を移転させるべく、上田地区(仁古田・八木沢・東塩田・川辺)に地下壕などの建設を始めました。この航空機工場建設の工事は公式には「上田付近三菱重工業株式会社第五製作所分散防護工事」と称されたもので、軍は、機密保持のため「上田地下倉庫工事」略して「ウ工事」と呼びました。地下壕の建設には、上田・小県地域の勤労報国隊の人たちのほかに、強制連行された人を含めて朝鮮の人たち四四〇〇人(推定)が、過酷な労働に従事しました。建設工事は、八月十五日の終戦の日まで続けられ、仁古田地域には二十数本の壕が五〇~一〇〇メートル掘られましたが、現在、壕のほとんどは潰れて凹地となっています。この仁古田地区に残る地下壕跡は、その当時を物語るものです。上田市教育委員会


DSC_0054.jpg


DSC_0059.jpg


DSC_0060.jpg


DSC_0061.jpg


DSC_0056.jpg
中はこんな感じ。

雨の後だからなのか、結構滴ってました。




     長野県・仁古田飛行機製造地下工場跡         
仁古田飛行機製造地下工場 データ
所在地:長野県上田市仁古田
座 標:N36°22′09″E138°10′13″
標 高:530m
(座標、標高はグーグルアースから)

沿革
1945年6月 建設開始

関連サイト:
ブログ内関連記事   

この記事の資料:
現地の説明版


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー