So-net無料ブログ作成

787運行停止 [├雑談]

787が全機運行停止になってしまいましたね。

メーカーにとって全機運行停止は、墜落は別として最悪の事態なのではないでしょうか。

 

最悪の事態であるのはメーカーだけでなく、オペレーターも同様です。

787のデリバリー数は50機に達しており、

その中でもANA17機、JAL7機で、日本の二社で787全体のほぼ半数を占めています。

787は767の後継機という位置付けな訳ですが、こちら によりますと、ANAの運用中の機材は、

767-300 32機、767-300ER 25機、787 16機となっております(貨物専用型除く)。

大ざっぱではありますが、ANAが保有する767,787クラスに占める787の割合は21.9%ということになります

(同様にJALは10.5%)。

ANAが保有する同クラスの機材のうち、2割強が突然使用不能になってしまうのですから、影響が大きいのは当然でしょう。

ANAは本日付で「ボーイング787型機の運航見合わせに伴う欠航便・機材変更について」という告知を出しており、

787型機による運航は、ひとまず1月22日(火)まで見合わせることとし、

23日以降については後日改めてお知らせするとしています     

22日までのANAの欠航数は全70便にも達するのだとか。

ANAは787デリバリーの相次ぐ遅延で泣かされ続け、ようやく受領が始まってやれやれと思ったら今度はコレですからね。

 

最悪の事態なのですが、でもこれ、トラブル発生が今だからこの程度で済んでるんですよね。

ANAは787を66機(オプションでさらに34機)発注しており、今後続々と767から機材更新が進むことになっています。

同社が現在運航中の機体は全部で195機(貨物専用型除く)。

この中で767/787クラスの占める割合が最も多く(37.4%)なっています。

この傾向はJALも同様であり、今回の事態が発生したのが仮に数年後であったなら、

「日本の空が止まってしまう」と表現しても過言でない状況になったはず。

原因究明と対策が進み、787が1日も早く飛行再開することを願っております。

 

(類似の過去記事があります。宜しければご覧くださいませ)     


コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 7

an-kazu

かなりマズイですね・・・
さすがの考察、視点が違いますφ(..)メモメモ
by an-kazu (2013-01-19 21:47) 

Takashi

保有している機材を使えないっていうのは、かなりの損失ですよね。
一日も早く状況が改善して、安全な空の旅ができるようになってほしいです。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
by Takashi (2013-01-20 07:20) 

おろ・おろし

一昨年11月以来、B787に数えきれないくらい搭乗していて、
今月も22-24日の出張は、往復ともB787の予定でした。

とりあえず22日は、B737-800による代替運行で欠航にはならず、
24日は、明日の発表待ちという状況です。

今回のトラブルに対しては、テレビ・新聞報道には、
ちょっと違和感を感じていましたが、しっくりする書き込みが
こちらにありました。

ボーイング787の初期不良、日本の部品が原因というのは「濡れ衣」ではないのか?
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2013/01/post-519.php
by おろ・おろし (2013-01-20 20:31) 

雅

ANAの被る被害、計り知れないものがありますよね。
不具合もバッテリーがメインですが、それ以外にもいくつかあって全面的に解決、ってのは時間がかかると思いますが早く解決してほしいものですね。
by (2013-01-20 20:34) 

tooshiba

米国の航空当局はバッテリーということで決着させようとしているようなのですが。。。

http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2013/01/post-519.php
by tooshiba (2013-01-20 21:21) 

おろ・おろし

ただ今回のトラブルによって、ANAのサービス力を再認識いたしました。

当初、22日の国内線運航については、19日の午前9時までに決定します。

とのことで、搭乗予定のB787はB737-800に機種変更で運航することになりとりあえずホッとしました。

今回の出張は、宿泊手配も伴うため、ANAツアーで申し込んでいましたが、
欠航時の対応など不安があったので、そちらにも問い合わせしていたら、

前日の最終便および当日の機種変更便共に搭乗予約をしてくれ、
なおかつ、
もし前日の最終便を利用される場合は、前泊費用として、領収書による実費負担(ただし上限一万円)もいたします。
との連絡がありました。

帰り便については、明日9時に運航予定が発表されますが、

もし運休時には無償で後続便、当日搭乗手配が満席で不可の場合は、
延泊費用は、前泊と同様の対応とのことでした。

本当に、多くのB787が運航停止になる中で、ジグソーパズルのような
代替機種選定を行い、極力、運休をさけようとしていることとあわせて
頭の下がる対応のように思えるのでした。

明後日の東京の天候が気になりますが・・・。

by おろ・おろし (2013-01-20 21:41) 

セバスちゃん

テレビを見ていたらB787は、今までの航空機に比べ、
別格だとコメントしていた、乗りたかったな。
早いとこ原因が究明され、より安全になって運行再開して
欲しいものですね。
by セバスちゃん (2013-01-23 20:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0