So-net無料ブログ作成

大西洋今昔 [├雑談]



A380関連で大西洋記事書いてる最中、リンドバーグはどんな感じで横断したのか、気になって作図してみました。

1927年
5月20日 07:52(現地時間) ニューヨーク ルーズベルト飛行場離陸滑走開始
5月21日 22:22(現地時間)パリ ル・ブルジェ飛行場着陸
飛行時間:33時間30分
賞金:25,000$



無題1.png
flightradar24

現在はこんな感じ(XДX)

ニューヨーク→パリの飛行時間:7時間ちょい

料金:4万円台~

時間帯によっては、南側にもっと何列もヒコーキが連なります。

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

takkun

飛行高度と速度は違うものの、飛行ルートは今とほとんど変わらないんですね。
先日お伝えした出張先の候補にヨハネスブルグがあったのですが、もし行く事になった場合、ワンワールド世界一周航空券でパリ、ヨハネスブルグ、ニューヨーク経由を検討していました。
もしこれが実現したら未達の大西洋横断も出来るし、マイレージもめっちゃ貯まり、JGC(JAL GLOBAL CLUB)会員にもなれる!と息巻いてましたが、行く事になったのはアトランタでした。
連休明けの出発なので、連休後半は出張準備に追われそうです。
by takkun (2019-04-30 18:04) 

とり

■takkunさん
そうだったんですか。
夢が広がりますよね~ワンワールド世界一周航空券!
いつか実現する日がくるといいですね。
エコノミーなら40万円台で世界一周乗り放題とか夢のようです
どうぞお気をつけて~
by とり (2019-05-02 06:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。