So-net無料ブログ作成

大阪府・藤井寺の無蓋掩体壕群跡地 [├場所]

  2016年6月 訪問 

無題2.png
1946年6月当時の写真(USA M157-A-6 171) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)



大阪府藤井寺市古室2丁目にある大鳥山古墳。

この古墳を掘削し、無蓋掩体壕が3基造られました。

後円部頂部には機関砲陣地もありました。

前記事の通り、大正飛行場の南3~5kmには機体、機体関連を秘匿する諸施設があり、

後にここから直接機体の運用が可能なようにと、予備滑走路が設定されました。

ここに機体と施設を秘匿しておき、その傍に後から滑走路ができたわけです。

当記事の3つの無蓋掩体壕については完成時期が不明なため、他の諸施設同様にこちらが先にあり、

後から滑走路ができたのか、はたまた滑走路完成後に掩体壕を造ったのか不明です。

先頭の航空写真、古墳から西の伸びる道は、そのまま南北予備滑走路の真ん中に続いています。

以下、西側から時計回りに3つの掩体壕跡地の写真です。

上図に撮れてなくて様子が伝わりません。申し訳ないです(汗)


DSC_0130.jpg

DSC_0129.jpg

DSC_0128.jpg


      大阪府・藤井寺の無蓋掩体壕群跡地     

藤井寺の無蓋掩体壕群 データ

所在地:大阪府藤井寺市古室2丁目
座 標:N34°34′00″E135°36′32″
標 高:24m
(座標、標高はグーグルアースから)

沿革
1941年 大正飛行場、軍用飛行場となる
1945年 7月 藤井寺の府道が予備滑走路となる

関連サイト:
盡忠報國さんのブログ/大正陸軍飛行場 予備滑走路・掩体壕    
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
「河内どんこう」


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 4

an-kazu

まぁ、なんて素敵なトコロ・・・
 古墳だらけ((o(´∀`)o))ワクワク


by an-kazu (2016-09-16 21:39) 

とり

■an-kazuさん
現地で写真撮りながら、
「これは絶対an-kazuさんが反応するな~」と思ってました(o ̄∇ ̄o)フフ
by とり (2016-09-17 04:50) 

鹿児島のこういち

自分も遺跡発掘、大好きですよ。古墳より下のほうですがね(^^)
by 鹿児島のこういち (2016-09-18 08:52) 

とり

■鹿児島のこういちさん
九州には鹿児島のこういちさんが大好きなものがいっぱいありますね^^
by とり (2016-09-19 04:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0