So-net無料ブログ作成

大分県・宇佐市平和資料館 [├場所]

  2016年5月 訪問 

大分県宇佐市にある「宇佐市平和資料館」。

プレハブの簡易な造りなのですが、宇佐市では現在「平和ミュージアム(仮称)」の建設を目指しており、

当平和資料館はその建設計画に向けた第一歩なのだそうです。

DSC_0094.jpg

館内は撮影OK。

DSC_0077.jpg

館内には中央に映画「永遠の0」で使用された零戦の模型が展示してあり、

DSC_0073.jpg

周辺の壁に沿って様々な資料が展示してありました。

住宅密集地と見紛うばかりに建設された掩体壕。

オレンジに塗られているのが現存する掩体壕。

各掩体壕に振られた数字はそれぞれ、

50 無蓋掩体
51 無蓋掩体小戦機用
53 有蓋掩体中改用

と説明書きにありました。

DSC_0074.jpg

50 無蓋掩体
52 有蓋掩体零戦用

城井、畑田掩体壕群の有蓋は全て現代まで残されたのですね。

実際の掩体壕の写真は過去記事にまとめて載せてあります  

DSC_0084.jpg

零戦用から艦上攻撃機「天山」が入るように改修が行われたことを説明する展示。

DSC_0085.jpg


      大分県・宇佐市平和資料館     
ネット情報ですが、「平和ミュージアム(仮称)」は2020年のオープンを目指していること、艦上爆撃機、艦上攻撃機の模型の展示を検討していること等出ていました

宇佐市平和資料館 データ
設置管理者:宇佐市
運用期間:毎週火曜日と12/29~1/3以外毎日
運用時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
所在地:大分県宇佐市閤440−5
入館料:無料

沿革
2013年6月29日 開館
2014年度 「宇佐市平和ミュージアム(仮称)基本構想・基本計画」策定

関連サイト:
宇佐市公式サイト    
ブログ内関連記事       


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 3

me-co

「ん?!なんか凄いものがある!」と思ったら、ああ~「永遠の0」の時の模型ですか(・。・;)あの映画は、ワタクシも観ました。零戦の描写がリアルでしたね~って実機見たことないですが(--;)前記事の回天のヤツといいココといい、行政が一生懸命遺していこうという気概があるのが感心します。完成予定は4年後ですか・・・今の簡易な造りでは大きな地震に耐えられないので、早期完成を祈念いたします。
by me-co (2016-08-02 01:55) 

an-kazu

>住宅密集地と見紛うばかりに建設された掩体壕。

ホ、ホントだヮ(゚д゚)ォ!

by an-kazu (2016-08-02 22:59) 

とり

■me-coさん
>行政が
それは言えてますね~。
そこの地方自治体の姿勢の差で
遺構の扱いは天と地ほども異なる感じですね。

■an-kazuさん
この混み具合はホントにビックリでした(@Д@)
by とり (2016-08-03 04:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0