So-net無料ブログ作成

中国・4 [■旅行記]

Ⓐ道の駅湯の川→Ⓑ七類港→Ⓒ島後・西郷港→Ⓓ旧隠岐空港→Ⓔ大峯山偽装飛行場跡地→Ⓒ西郷湾の飛行場跡地(ホテル泊)  (西ノ島・菱浦港)

 

4日目

3:45 起床。この後は港に移動して隠岐に渡るだけ。

出港は9時なのでまだまだ時間あるのですが、なんかもう寝てらんねえ(そんな気分だった)!

4:25 道の駅湯の川出発

 

DSCN0154.jpg

5:30 七類港手前のポプラで弁当購入。ついでにここで昼食のお握り弁当も購入。

ポプラの駐車場で朝食。

出港まであと3時間。そのまま車内で仮眠。

 

D20_0165.jpg

6:40 七類港着

ターミナルに単身潜入しての情報収集の結果、 受け付けは8時からであることが判明。

車内に戻り、ここでも再び仮眠。

8:00 七類→西郷のチケットを無事ゲット。

戻りのチケットはここでは購入不可なので、渡った先の港で買わねばならぬ。

面倒だなぁ。とこの時は思っていたのですが。。。

ターミナル内には乗客が徐々に集まり出してました。

乗船開始まであと小一時間。また車に戻る(集団に溶け込めないタイプ)。

 

D20_0168.jpg

9:00 七類港出港

11:25 島後西郷港入港

港のターミナルに降り立ちました。

この後は既に港前のレンタカーの予約をしてあるので、車を借りて、

・前回は存在すらだった旧隠岐空港の見学
・大峯山偽装飛行場跡地の見学
・港前の撮影(この辺りが水上機の飛行場っぽいので)

という予定です。

その後、高速船でお隣の島前に渡るのですが、出港は13:20。

もう2時間切っています。

下船した客の列から離れ、窓口に向かったのですが、島前行きのチケットはもう少し時間が経たないと(時間忘れた)購入不可。

出港は13:20だから、チケット購入、乗船時間の事も考えると、最低でも13時より前にはまたここに戻ってこないとダメです。

…見学タイムはあと1時間ちょいしかないジャン!

ということで、今は一刻も早く車で旧隠岐空港に向かいたいところなのですが、

予約しておいたレンタカー店の前には、既に借りる人の行列がΣ(゚Д゚;)

(事前にチケット買えないかしらん)と考えて受付に寄ったため、出遅れてしまいました。。。

レンタカーの手続きは各社いろんなやり方がありますが、ここはかなり時間が掛かる方でした。

やっとオイラのすぐ前の方に手続きの順番が回ったのですが、レンタカー用の追加の保険に加入するかどうか問われ、

「ねえ-! なんか保険入るかってさ~」「え~、何? なんの保険~?」

と、相方を外に呼びに出て相談してました。。。

任意保険についてはさっきから同じやり取り目の前で見てますよね? 見てましたよね?

ああああ、時間がああああああ。

ジリジリと順番を待ち、やっとのことで車に乗り込み、早速旧隠岐空港へ!

ナビの設定ももどかしく、3年前の記憶と、事前に眺めておいた地図を頼りにイザ! =(⊃゜Д゜)⊃オリャー!!

…と思ったのですが、現在使っていないターミナルへの案内などあるはずもなく、

二度ほど袋小路に入り込んでしまいました…(゚Д゚;≡;゚Д゚)

どうにかこうにか旧空港ターミナルについて、撮影を始めたのが11:59。

ターミナル周辺の撮影が終わったのが12:07。

旧滑走路を見下ろせるポイントはないかと少し探してみたのですが、そういう場所は発見できず、

大峯山偽装飛行場跡地に向かうことに。

うーむ、なんと慌ただしい。。。

なかなか来れないレアな廃空港なので、本当はもっとゆっくり見て周り、お隣の現空港でランチとシャレ込みたいところなんですが。

レンタカー屋さんに戻るまで、残された時間はあと40分程。

次の大峯山は、ここから島の反対側にあり、直線距離で14.5km。

事前のアバウトな計画では、片道30分、往復1時間はとれる→イケる! という感じだったのですが、

20分で行って、撮影を瞬殺で済ませ、20分で戻らなくては間に合わなくなってしまいました。

これは相当ヤバいです。

(あーオイラ、せっかくこんなのんびりした離島に来てるのに、一体ナニ目ェ血走らせて焦ってんだろ?(-"-;))

うっかりそんなことを考えてしまわないように注意し、道程のおおよそ8割は国道で行けるし、島だし、なんとかなるはず。

ナントカなって欲しい(願望)と思いながら、向かったのでした。

ところが目的地に近付いたところで道路が工事中で通れなくなっており、迂回をしなければならなくなりましたヽ(;゚Д゚)ノギャー!

事前にじっくり地図を見ておいたし、ナビには目指す山が映っているのですが、予想外に距離が延びました。

目的地はもうすぐそこのはずなのに、なかなか辿り付けません。

「20分で行って」の時間が過ぎてしまいました。

事前の予定では、この後島前に渡り、そこで跡地の見学をして、夕方に(内地の)七類港に戻るつもりでした。

実は13:20の高速船に間に合わなくても、その後の時間にも船はまだあるのですが、

13:20 に乗れないと、「島前に寄って、今日中に本土に戻る」ということが出来ません。

「大峯山の見学は諦めて引き返す」という選択肢もあります。

今すぐUターンすれば、多分まだ間に合います。

でもせっかく島に渡り、レンタカーまで借りているというのに、またいつかここまで来なくてはなりません。

ということで、刻々と時間が超過する中、目的地に向かったのでした。

 

D20_0030.jpg

12:44 大峯山山頂付近。

なんとか辿り着いたのは、「この時間には戻り始めねば」と決めていた時間を14分過ぎていました。

往復で40分しか時間がないのに、片道35分位かかってます(つД⊂;)

12:45 大峯山出発。

出港まであと35分。

それでも出港が遅れるとか(与論島で1回あった)、オイラが(都合の良い意味で)時間の勘違いをしているとか、

オイラの腕時計(電波時計だけど)も携帯の時計も、車の時計もそろって時間が早く進んでいるとか、

なんかこう起こらないものだろうかと、

現実を受け入れることが出来ず、ともかく急いで港に向かったのでした。

…が、出港の時間が迫る中、のんびり走る軽トラに引っ掛かってしまった時、今日中に内地に戻ることは叶わないと知ったのでした。

 

D20_0031.jpg

13:37 西郷港。

レンタカーを返却し、高速船なんかもうとっくに居なくなってしまった港で取り敢えず写真など撮ってみつ。

それから時刻表とにらめっこして今後の動き方を考えました。

選択肢としては、

a.15:10の「フェリーくにが」で内地に戻る
b.17:00の高速船で西ノ島に渡るor西ノ島をスル―して内地に戻る
c.この島に一泊して明朝西ノ島に渡るor西ノ島をスル―して内地に戻る

があります(2015/10/31現在)。

見学ポイントは内地にまだまだたくさん残っており、島内に留まり宿泊すると、もう全部は回りきれません。

これが自宅から近ければ、もうサッサと内地に戻るところなのですが、わざわざ海を渡ってここまで来ているのに、

一か所だけ残したくないと考え、西ノ島に行くことにしました。

これで本日内地に戻れないこと決定です。

実は上の3案以外にも、ヒコーキで内地に戻ろうか、とか、内地の別の港に着く船に乗ろうか、とかいろいろ考えたのですが、

費用対効果が悪過ぎだったのでした。

今夜はこの島か、次の西ノ島か、どちらかで一泊することになるのですが、

この島が人口1万4千余人で港前にも立派なホテルがあるのに対し、西ノ島は3千人弱。

ホテルで尋ねてみたところ、部屋はある。とのことだったので、本日はこのまま島に留まることにしたのでした。

フェリー利用の場合、今日西ノ島に渡っても、明日西ノ島に渡っても、内地に戻れる時間は変わらない(17:35七類港着)のです。

高速船でも同様だと思っていたのですが、自宅に戻ってからよくよく調べたら、10:03七類港着の高速船がありました。

これを使ってれば、7時間32分早く内地に戻れてました。とほほ。

いつもなら本当は旅行出発前にこういう想定外が発生した際のエスケープルートはおおよそのアタリを付けておくのです。

そもそも「思ってたより移動に時間が掛かって船に間に合わない」なんてことしちゃダメなんですが、

今回は事前準備不足ですた。。。_| ̄|○ il||li

 

ホテルに荷物を預け、歩いて地元の図書館へ。

図書館で資料探しをしていたら、「大床防空監視哨跡(大床遺跡)」というものを発見。

大戦中島根県下で数十か所も設置された防空監視哨のなかで、聴音壕防空監視哨として設置されたものだそうです。

この近くだし、まだギリギリ明るい時間だし、撮りに行かねば。

資料をコピーしてもらい、カメラの入った荷物をホテルに預けてしまったので、先ずは徒歩で港前のホテルへ。

そして港ターミナル前で窓を開けて車内でお昼寝中の年配の運転手さんにコピーを見せ、行ってもらうことに。

 

D20_0036.jpg

「御崎谷遺跡」。

お目当ての場所は残念ながら結局探せず。。。

今日はもう何やってもダメだ~ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 

D20_0040.jpg

 

D20_0041.jpg

 

D20_0042.jpg

再び図書館に送ってもらい、閉館時間まで資料探し。

西郷町の史誌の中で、「銃後の町村」の項目があり、「滑空訓練参加」という記述があったのですが、

他に説明がなく、続けて「内原訓練所入所」と記されているため、島内に滑空訓練所があったのか不明。

少なくとも島民に「滑空訓練参加」の動きがあったらしい。

閉館時間を知らせるアナウンスがあり、トボトボとホテルへ。

すっかり真っ暗で、島に取り残されてしまい、出られない感。

 

D20_0047.jpg

ホテルに戻る途中、港では漁船が出港の準備をしていました。

 

D20_0049.jpg

港ターミナル前で購入しておいた弁当の夕食。

朝車を降りて、乗船する時には、夕方またここに戻る予定だったので、着替えも持って来てないよ。。。

備え付けのリセッシュ発動。

22時頃寝る。

おやすみなさい。

 

(続きます)


コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 5

an-kazu

用意周到なとりさんが、珍しいですねヮ(゚д゚)ォ!

予定どおりに事が運ばないことが常態化しているワタシは、
もう計画なんてしないグータラ人間になりましたがな(^^);

 事前にもっと調べておけばとか、
 帰宅後判明する別手段・・・

そんなことだらけであります┐(´д`)┌ヤレヤレ



by an-kazu (2016-05-05 09:02) 

me-co

「ケチのつけ始めはトコトン」
そういう時=負のサイクルってよくありますが、なぜか?サイクル期首時に…ぐだぐだやってて生理的にイライラする人物が登場したりします。=今回はまさしくそれ!
結局、負のサイクルから抜け出すのは、ただ、風が吹き抜けるのを待つだけ・・・
お疲れ様でした(_ _;)
by me-co (2016-05-05 14:33) 

miffy

いつもちゃんとシュミレーションしているとりさんが珍しいですね。
慣れない土地では想像以上に時間がかかる事がありますよね。
これを教訓?に次回からはロスがないように頑張ってください。
お疲れさまでしたm(__)m
by miffy (2016-05-05 17:15) 

U3

秘密諜報部員っぽいですね。
by U3 (2016-05-05 18:11) 

とり

■an-kazuさん
>事前にもっと調べておけば
オイラもちょいちょいやらかします。
an-kazuさんの場合、記事を拝見するにその場その場で臨機応変に動いて
予想外に面白いもの見つけておられるような気がするのですが。。。
今回のムーミン谷でトロッコとか。

■me-coさん
>「ケチのつけ始めはトコトン」
まさしくそんな感じですね~。
今はもう抜けてるのかしらん。

■miffyさん
はい。教訓に生かして頑張ります。
…といいつつ、今回も出発日が迫っているのに資料集めが終わらない~(゚Д゚;≡;゚Д゚)

■U3さん
おお、なんかカッコイイ!
by とり (2016-05-06 05:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0