So-net無料ブログ作成

中国・3 [■旅行記]

Ⓐ道の駅仁保の郷→Ⓑ小鯖秘匿飛行場跡地→Ⓒ山口駐屯地訓練場→Ⓓ菊ヶ浜海岸→Ⓔ三瓶滑空場跡地→Ⓕ直江(新川第二)基地跡地Ⓐ→Ⓑ玉造基地跡地→Ⓒ道の駅湯の川(車中泊)

3日目

3:45 起床

4:10 仁保の郷道の駅発

 

DSCN0148.jpg

4:50 防府駅前のジョイフルで朝食。七種和朝食

本日最初の見学ポイントは15km先。

ここでゆっくり日の出待ち。

 

D20_0125.jpg

6:40 「天保大一揆発祥之地」碑

防府市から山口県の宮野駅へと北上する国道262号線沿いに小鯖秘匿飛行場があったのですが、

その近くにありました。

説明版によれば、この一揆が明治維新に発展するきっかけとなったのだそうですね。

オイラ知らなかったよ!Σ(゚Д゚;) 

 

D20_0134.jpg

8:00 山口県萩市菊ヶ浜海岸。

日本海側に出ました。

ここから次の目的地である島根県の三瓶高原までは、177km、下道で14:10 到着と出ました。

日中の時間帯を長く移動だけに使うことになり勿体ないのですが、

明日の朝一で島根県松江市の七類港からフェリーで隠岐に渡るため、

どんなに頑張っても本日はその手前までしか進めず、その間の見学ポイントは、三瓶高原を含めて3つのみ。

ということで、中国地方の日本海側の景色を楽しみながら下道を進みました。

 

12:20 三瓶高原で自宅から持ってきたお弁当。これで持ってきた弁当全部食べた。

14:05 給油。その後携帯充電

16:15 本日の見学ポイント全部終了。

これで明日までやることがなくなりました。

いろいろ下調べをしようと地元図書館に向うと…休館でした。トホホ。

 

DSCN0152.jpg

16:50 ジョイフルでサーモン丼と豚汁定食。ちょっと早いけど夕食。

後から考えたら、出雲空港がすぐそこなんだから、空港に寄ればよかった。

その後、道の駅湯の川へ。

道の駅の標識に温泉マークが付いていたので、ここで入浴もできるのかと思ったら、ここは足湯のみでした。

道の駅からちょっと奥に進んだ温泉旅館に行ってみたら、入浴は16:30 までですた(;´Д⊂)

更にこの奥にある温泉を教えて頂き、移動。

ひかわ美人の湯へ。

すっかり美人になって出てきたら、18:40でした。

道の駅湯の川に戻り、ヨーグルトなど食べつつ施設内を俳諧。

ここは立派な施設で大きなレストランもあり、駐車場も結構混み合っているのですが、

奥の方にトラックなど入ってきそうにない目立たない駐車場があったので、ここで車中泊することに。

「日本一周中」というサインを掲げた自転車が立て掛けてありました。

運転中こういう自転車はたまに見掛けるのですが、こんなに間近に遭遇するのは初めて。

施設内で資料など眺めて過ごしました。

この道の駅はツアーバスの集合場所として利用され、ここにマイカーを長時間駐車しての利用客が多いらしく、

そういう使い方は止めて欲しいという貼り紙が。

20:05 寝る

おやすみなさい。

 

本日の走行距離:376km

(続きます)


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

me-co

こんにちは。
道の駅湯の川の近くまで行きましたが、立ち寄らなかったです=あれは2年前のこと。手前で曲がって斐川ICへ・・・でした。
この区間、相当長いのかな?と思ったら三百数十km程度とは意外でした。
でも、高速未整備区間が結構あるでしょ?お疲れさまでした。
by me-co (2016-04-24 16:06) 

とり

■me-coさん
こんばんは。
>手前で曲がって
me-coさんのコメント拝見していて思うのですが、
怖ろしい記憶力の持ち主ですね。
オイラは現地に行けば「ここ走ったな」と思い出す程度で。。。
>未整備区間
そうなんですよね~。
日本海に沿って移動となるとまだまだですね。
あまりの移動距離の長さに、「中国自動車道まで戻ろうか」と考えましたよ。
by とり (2016-04-24 20:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0