So-net無料ブログ作成

静岡県・中島飛行機原谷地下工場跡地 [├場所]

  2015年9月 訪問 

無題.png

静岡県掛川市にあった「中島飛行機原谷地下工場」。

この情報はtakkunさんから頂きました。takkunさんありがとうございましたm(_ _)m

昭和19年12月の東南海地震で中島飛行機浜松工場が倒壊したため、

空襲から逃れるため当原谷地区で地下工場を造るべく、掘削工事が始まりました。

昭和20年の春にこの周辺の農家に朝鮮人労働者が連れて来られ、民泊が割り当てられました。

ツルハシやスコップで壕を掘り、レールを敷いてトロッコで土を運び出したのだそうです。

造成のため、後に潰されてしまった地下壕もあるのですが、約40本の地下壕が現存し、総延長は1.5kmにもなるのだそうです。

「決死増産」の大号令の元、航空機エンジンを生産し続けるよう指示が下ったのですが、地下壕は大半が未完成で、

旋盤が湿気で故障するなどトラブルが多く、工場として稼働したものはほとんどなかったのだそうです。

作業に動員、従事した朝鮮人労働者は2,000~3,000人にも及ぶと言われています。

 

こうした地下壕は、「廃墟マニア」、「遺構探索」といったかなりメジャーな趣味のジャンルに入るため、

当地も数々の探検隊員のレポートがアップされています。

「田谷地下壕」等でググればたくさんヒットします。

地下壕1本レベルで探索がなされていますので、興味のある方は見てみるとよいです。

また、この周辺には隧道もあり、隧道マニア必見となっております(宣伝)。

 

D20_0023.jpg

・C地点

県道81号線から。持参した地図によれば、この先に地下壕があるはず。

 

D20_0021.jpg

・A地点

写真では伝わりませんが、確かにこの先に開口部らしきものがあるのですが、これ以上入って行けず撤退。

 

D20_0020.jpg

・B地点

濃い藪の中をどうにかこうにか身動ぎしながら辿り着きました。

確かにありました!

立ち入れないようになっていますね。

滅多に使わないD200のフラッシュが火を吹くぜ。

 

D20_0018.jpg

 

D20_0017.jpg

中はこんな感じ。

狭いトンネルが続いてます。

 

中島飛行機原谷地下工場跡地 map   


      静岡県・中島飛行機原谷地下工場跡地     

中島飛行機原谷地下工場 データ

所在地:静岡県掛川市
座 標:N34°48′12″E137°57′57″
*座標はグーグルアースにて算出

沿革
1944年 12月7日 東南海地震発生
1945年 春 地下壕工事のため朝鮮人労働者が連れて来られる

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0