So-net無料ブログ作成

ANAの787 [├雑談]

2014 1/7~1/31 のANAの時刻表から、787がどの位運航しているか抜き出してみました。

787は、「767の後継となる中型機」という位置付けなので、

ANAの路線からこの2機種が就航している路線だけを拾いました。

(ADO,IBEX,SNA,SFJは787を使用していないので除外してあります)

表にまとめましたので、先頭の「東京-伊丹」を例に表の見方をご説明致します。

「全」→東京-伊丹間の全ての機種を含めた便数。この路線は767が7便、787が3便、777が20便で、計30便です。

「767」→東京-伊丹間は767が7便飛んでいる。

「787」→東京-伊丹間は787が3便飛んでいる。

「割合」→その路線の中型機のうち、787の占める割合。 東京-伊丹間は中型機(767と787)が合計10機飛んでおり、

その内787は3便なので、787の占める割合は30%。

こんな感じです。

 

787.png

合計欄の数字からですが、

2014年1月時点で、ANAは787を国内線に34路線53便運航しており、中型機のうち、787は29%に達しています。

2011年11月の路線デビューから2年2か月。

もうここまできているのですねぇ。


コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 5

鹿児島のこういち

鹿児島から東京なら70%なら787に乗れる確率が高いと思っていいのですね(^O^)ただ、今のところ東京へ行く予定はないのですが(^_^;)
by 鹿児島のこういち (2014-07-11 07:15) 

Takashi

先日、福岡出張の帰りにANAの787に乗りました!
なんとなくエンジン音も静かだったような気がしましたよ。
チャンスがあれば、また乗ってみたいです。
by Takashi (2014-07-11 12:21) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございますm(_ _)m

■鹿児島のこういちさん
仰る通り全国平均からすると鹿児島線は確率高いですね^^
この表の「割合」の項目は、「767から787への更新の進捗状況」で出しているので、
「鹿児島から東京行のANA便に乗ったとして、それが中型機の場合、787である確率」→70%
「鹿児島から東京行のANA便に乗ったとして、それが787である確率」→58%
となります。
ややこしくてすみません。
いずれにせよ高い確率ということは変わりませんけども。
いつか乗る機会があるといいですね。
オイラもいつか乗りたいです。

■Takashiさん
会社のお金で787乗りましたか! しかも会社のお金で乗ったのに静かでしたか!
いーなーいーなー。
上の表だと福岡線に787はないので、「タイプチェンジかしらん??」と思ったのですが、
現在羽田~福岡には787が5便担当してますね。
半年前のデータだもんなぁ^^;
by とり (2014-07-12 04:48) 

おろ・おろし

最初の就航地、岡山は
この時点では、すべてB767に戻ってますが、
搭乗率を勘案しながらかもわかりませんが、
猫の目のように便が変わって、B787が飛んでます。

ちなみに、今日も夕方利用するANA658便はB767ですが
調べると7月18日からB787にチェンジの予定です。

9月になると、B767の国際線仕様機も混ざってきます。

B787-9も、海外では登場してきますね。
http://www.aviationwire.jp/archives/40923
by おろ・おろし (2014-07-13 09:28) 

とり

■おろ・おろしさん
かなり流動的なのですね(@Д@)
貴重な情報ありがとうございました。
リンクも感謝です。大胆なカラーリングですね!
by とり (2014-07-14 05:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0