So-net無料ブログ作成

九州旅行・4 [■旅行記]

無題.png

①厳原港→②対馬空港→③旧対馬空港(海自対馬防備隊本部)→④芦辺港→⑤壱岐空港→⑥郷ノ浦港→⑦博多港→⑧道の駅桃山天下市(車中泊)

 

4日目

0:10 博多港発

4:40 対馬厳原港着

すぐに下船することもできるのですが、7時まで船内にいることもできます。

7時まで留まる場合、途中の時間は下船不可。

チケットが回収され、7時まで船内で寝ることに。

接岸後しばらくして、荷下ろしが終了したのかエンジン停止。静かになりました。揺れも全くなくて船内とは思えないほど。

7時まで船内に留まる人が多かったです。

やがて時間になり、下船。

前回ドタキャンをしてしまったレンタカー屋さんの受付をしている某ホテルに向かいました。

生憎の空模様で、ポツリポツリと雨が降っています。

港の周辺は早朝から開いている食べ物屋さんがいくつか。

しばらく信じる方向に進んでいたのですがよく分からないのでやってきたおばさんに道を尋ねると、

それならこっちですと教えて頂きました。

しばらくおばさんと同方向で、後ろをくっついて歩いたのですが、

商店街の勝手口が並ぶ不思議な裏の細道を抜けていきます。

開店の準備を始めている店のご主人と顔なじみのようで、挨拶を交わしていました。

広い通りに出たところであちらです、と教えて頂き、なんとかホテルに着いたのでした。

フロントで尋ねると、レンタカーの受け付けは8時から。とのことでした。

受付のすぐ隣がレストランになっていて、朝食が始まっています。

8時までまだ時間があるので、ここでオシャレに朝食を取りながら待とうかと思ったのですが、生憎満席とのことでした。

すぐ横のロビーで新聞を読みながら待つことに。

レストランの中からはハングルが飛び交い、韓国人らしき旅行客が盛んに出入りしています。

厳原港のターミナルにも釜山と結ぶ高速船のポスターやハングルの案内があちこちに表示され、

港からの道すがらもそこここにハングルが溢れていました。

博多から対馬まで、ジェットフォイルで2時間15分なのですが、対馬から釜山までは高速船で1時間10分。

ここ対馬からは釜山までの方がずっと近くて、晴れた日には韓国が見えるのだそうです。

特に対馬を巡っては韓国とのきな臭いニュースを見聞きするため、

オイラなど、そのうち対馬には簡単に行けなくなってしまうのではないかとさえ考えていたのですが、

レストランのスタッフは韓国人旅行客ととても気さくにハングルで会話しており、とても友好的な雰囲気です。

予備知識無しで来てしまったのですが、その後も対馬が如何にお隣韓国と深く関わっているか、

関わらざるを得ない状況なのか、痛感したのでした。

レンタカーのスタッフの方が来られ、簡単な手続きで車を借りることができました。

まずは地元スーパーのお弁当で腹ごしらえ。

その後対馬空港に向かったのですが、本格的に雨降りになってしまいました。

この空港は山岳空港で、展望デッキも現在閉鎖していて、滑走路を見下ろせる場所がありません。

せっかく展望デッキあるんだから解放すればいいのに。。。

一通り見学は終了し、次の目的地に向かおうと思ったのですが、

ドコかいいポイントはないものだろうかと空港を出て車で探したら、なんか空港の方向に長い上り階段発見!

車を停め、胸をトキメカセて長い階段を上るとそこは…空港ターミナル前でした。ガクッ

 

次は海上自衛隊の対馬防備隊へ。

ここは現在自衛隊の基地なのですが、かつては元祖対馬空港だった場所です。

車を停め、カメラだけ持って徒歩で見て回ることに。

行ってみると、基地外周の細道がフェンスで取り囲まれていて、あちこちに「撮影禁止」の表示がありました。

かなり厳重な感じです。

シマッタ、カメラ持って来るんじゃなかったよ。。。

もしかしたらどこかで「カメラを所持した怪しい人物」として既にスナイパーからマークされているかもしれません。

カメラを構えた途端、銃口から火を噴いたりして。

努めて怪しくない風を装い、平然と歩いて見せました。

やがて目の前には大きなスリップ。

これまであちこちで見てきた、旧海軍のスリップとは異なり、大きくてとてもキレイです。

ん~。撮りたいなぁ。ガマンガマン。

ということで心のメモリーに保存して車に戻ったのでした。

 

D20_0051.jpg

基地の写真が撮れなかったのでせめてこの1枚。

渦中の「対馬リゾート」。

本当に基地のフェンス隔ててすぐ目の前にありました。

 

D20_0052.jpg

 

D20_0054.jpg

博多と壱岐、対馬を結んでいるのはてっきりオイラが利用した九州郵船だけかと思ったら、

別の船会社もありました。

料金はちょっと高め。

厳原港ターミナルからちょっと離れた場所に事務所を構えていました。

調べてみたら博多港でも小規模な事務所を構えており、独自路線をいっているような印象です。

この後は13:15 のジェットフォイルで壱岐島に渡ります。

少し時間があったので島内観光をしようかと思ったのですが、眠かったので港近くに車を停めてお昼寝。

12:45 レンタカー返却。

ジェットフォイルに乗船。

 

D20_0055.jpg

ジェットフォイルは早いのですがお高いので、本当は1日2往復しているフェリーを利用したかったのですが、

そうすると、「1日で対馬と壱岐の空港でヒコーキを見る」ことができないので、この区間だけジェットフォイルを使ったのでした。

14:20 壱岐島 芦辺港着。

ボードを掲げたレンタカー屋さんが待っててくれました。

その場で簡単な手続きをして出発。

空港にヒコーキが居るのは16時25分~45分までの20分間。今から2時間後です。

フェリーが出るのは17時45分。

ジェットフォイルが着いたのは芦辺港なのですが、博多行きのフェリーは島の反対側の郷ノ浦港から出ます。

ヒコーキが到着するのを見届けてからフェリーが出港するまでに1時間しかありません。

その間に指定のスタンドで給油してレンタカー返却し、港に送ってもらわなければならず、

港での手続きは30分前には済ませなくてはなりません。

それと、返却するレンタカー屋さんがとても難しい場所にあるので、分からなければ電話して下さい。と言われましたΣ(゚Д゚;)

撮り終えた後の時間がないので、まずはレンタカー屋さんを確認しておくことに。

ナビで探したら、レンタカー屋さんがちゃんと自宅に設定してありました。

確かに難しい場所にあるけど大丈夫。

指定のスタンドも確認。

次に郷ノ浦港でチケットを入手しておくことに。

窓口に行くと、発売はもう少し後から始まる(時間忘れた)とのことでした。

小腹がすいたので売店で菓子パンを購入し、少し待って無事チケットをゲット。

後顧の憂いなく空港に向かいました。

対馬で乗ったのはダイハツムーブ、壱岐で乗ったのはホンダライフだったのですが、

ライフがオイラの運転姿勢にやけにフィットしてました。

普段乗ってるのが同じホンダだからなのでしょうか??

壱岐空港ターミナルはこぢんまりとしていて、入口の所に警官が立番していて、内部を撮影するのは憚られました。

こちらは展望デッキにも上がることができました。

対馬もデッキ解放すればいいのに。。。(まだ言ってる)

…と、ターミナル周辺の撮影をしていたのですが、滑走路はさんでターミナル反対側に撮影ポイントがあるのを思い出しました。

時間も間に合うはずだし、これから来るヒコーキをあっちから撮ろう。

移動開始。

ところがあっち側に行くのに手間取ってしまい、ポイントに着いたその時、Q200が華麗にランディングしているのでした(;´Д⊂)

たった一度きりのチャンスを逃したよ。。。

と嘆いても仕方ないのでそのまま給油してレンタカー屋さんに向かい、港に送ってもらったのでした。

車中でお聞きしたのですが、ヒコーキが来る時間帯は必ず警察が立番しているのだそうです。

17:45 郷ノ浦港出港

船内では寝て過ごしました。

20:10 博多港着。

ふぅ。やっと戻って来た。こっちも相変わらずの雨降りで、傘をさして駐車場に向かいました。

港ではハングルでカバーした曲が流れてました(曲名知らん)。

昨晩工事していた交差点は、すっかりキレイになっていました。

車は無事。

お金を払って車を出そうとしたのですが、財布には万札しか入ってません!

周辺の自販機でくずそうかとも思ったのですが、駄目でした。

この辺りはお店がありません。

仕方ない。また港に戻るか(-"-;)

ということで港に戻り、ファミマでサンドイッチ購入。

無事車を出したのでした(ここで走行距離を見ておけば良かったのですが、完全に忘れてました)。

次の目的地は佐賀県の唐津市。

目的地に向かいつつ、手前の道の駅で車中泊することに。

22:45 目的地の手前11.7kmの道の駅桃山天下市着。

23:05 寝る。

おやすみなさい。

2日間の走行距離:382km

 

(続きます)


コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 7

Takashi

撮影禁止の場所でカメラを持ってウロウロ。
ちょっとドキドキしちゃいますよね。特に一眼レフは目立つし。
by Takashi (2013-11-08 20:13) 

guchi

対馬、行って見たいです。
真っ先に思い浮かべるのは「元寇」です。
まだ対馬には、その子孫がいらっしゃるのかな...
by guchi (2013-11-08 22:02) 

miffy

対馬はプロペラ機とジェット機で仕事で行ったことがあります。
壱岐はフェリーで遊びに行きました。
海が綺麗で海鮮が美味しかったです♪
もっと時間があって観光もできたら良かったですね。
by miffy (2013-11-08 23:50) 

an-kazu

おっとりしているうちに、実効支配されちゃうんですかね・・・
不動産買い占めとか(;´д`)トホホ…
by an-kazu (2013-11-09 00:59) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■Takashiさん
冗談でカメラ構えたら瞬殺されてたかも(XДX)

■guchiさん
対馬は元寇の舞台だったのですよね。
子孫の方いらっしゃるのでしょうか。。。
資料館行ってみればよかったです。

■miffyさん
プロペラ機とジェット機両方ですか(@Д@)
仕事でも搭乗の機会があるとは羨ましい限りです。
確かに両島とも短時間では勿体ない島でした。
レンタカー屋さんのクルマで港に向かう途中、
「今度はもっとゆっくり遊びに来てくださいね」と言われました。

■an-kazuさん
>おっとり
オイラもそれが心配でなりません。
この先どうなるんでしょうか。
by とり (2013-11-09 09:02) 

鹿児島のこういち

対馬には行ったことがないです。晴れた日には韓国が見えるってのもすごいですね。霧島の山頂からも晴れた日には韓国が見えるって聞いたことありますが、実際見たことないですよ(^^) 
まだ就職して間もない頃の話ですが、壱岐には行ったことあります。行こうと思って行ったわけではなく、おふくろの手違いで行くはめになったのでした(^^)本当は佐賀嬉野に行く予定だったのですが、なぜかフェリーに乗ることになりました(>_<)
by 鹿児島のこういち (2013-11-09 10:22) 

とり

■鹿児島のこういちさん
霧島から韓国ですか!(@Д@)
それもすごい話ですね。
佐賀嬉野のつもりが壱岐ですか。
予定が突然変わってしまって大変でしたね。
なんかオイラの母と似ているような。。。
by とり (2013-11-10 05:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0