So-net無料ブログ作成

A350XWB の近況 [├雑談]

エアバスのA350XWB の近況をまとめてみました。

2012年12月4日
 飛行テスト用A350XWB初号機(MSN1)主要構造部の組立完了と発表。油圧システムのテストや電源および油圧システムの作動テストを行う。初飛行は2013年半ばの予定。

2013年2月15日
 787型機のリチウムイオン電池でトラブルが相次いだことを受け、A350XWB型機ではリチウムイオン電池を採用しない方針と発表。従来から実績のあるニッケルカドミウム電池を採用する。飛行試験はリチウムイオン電池で行う。リチウムイオン電池の航空宇宙事業での利用については、今後も調査を続ける。デリバリーは2014年の予定。2月7日時点で確定受注は35の顧客から617機。

2月19日
 飛行テスト用A350XWB初号機(MSN1)の主翼端にウィングレットを初取り付け。

2月26日
 飛行テスト用A350XWB初号機(MSN1)の主翼が完成と発表。地上試験の次の段階に移行する。初飛行は2013年半ばの予定。
機体は主翼端のウィングレットや胴体下部のフェアリング・パネル、メインギア(主脚)扉の取り付けが完了し、機体構造としては完成している。初号機は最近、ラダーやエレベーター、エルロン、主翼スポイラー、主脚の出し入れなど、可動部分の安定性試験を含む一連の屋内試験を終えている。今後は燃料タンクの密閉性や機体内部の燃料給送機能、胴体の圧力試験、無線装置の試験などが行われる。

 

A350XWBにはフランスの電池メーカー、サフト(Saft)と共同開発のリチウムイオン電池を搭載することにしていたのですが、

採用中止が発表されました。

今リチウムイオン電池のイメージは最悪ですからね。

今回の決定は受注数で787に迫る勢いのA350XWBの受注活動において、セールストークの1つになると思います。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

miffy

ご無沙汰しました。
帰ってきました。
運行中止になってなければ787のビジネスクラスに乗れたのにと
思うと残念です。
by miffy (2013-03-26 23:48) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■miffyさん
無事お帰りなさい~。
>787のビジネスクラス
それは残念でした。
787のエアコン性能は長時間乗ってこそだと思うのですが。。。
by とり (2013-03-28 05:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0