So-net無料ブログ作成
検索選択

陸軍米子飛行場(三柳飛行場)跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2012年10月 訪問 

D20_0081.jpg

前記事の美保基地の東南東約8.8kmにある米子ゴルフ場。

ここはかつて陸軍米子飛行場(三柳飛行場)の滑走帯でした。

(ちなみに国道431号線を挟んで向かい側にある陸上自衛隊米子駐屯地の敷地内に付帯施設がありました)

ゴルフ場は簡単に入れないので上の写真は隣接する弓ヶ浜公園から撮りました。

当時の写真(下記リンク参照)を見ると、ここも滑走帯だったはず。

2014/9/12追記:アギラさんから情報頂きました。「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、米子中學校グライダー部が「米子飛行場」を使用していたという記録が残されています。現在の米子空港は1943年10月に海軍航空基地として開設しました。米子中學校が滑空場として使用していたのは1940年ですから米子空港では計算が合いません。米子中學校が使用していたのは1938年開設の当飛行場のことだと思います。アギラさん情報ありがとうございましたm(_ _)m

 

陸軍米子飛行場(三柳飛行場)跡地:map  


      陸軍米子飛行場(三柳飛行場)跡地      

陸軍米子飛行場(三柳飛行場) データ

設置管理者:逓信省→旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:鳥取県‎米子市‎両三柳‎
座 標:N35°27′42″E133°19′34″
着陸帯:910m×700m?
*座標はグーグルアースにて算出

沿革
1938年 逓信省の飛行場として開設
       東京-京城(現在のソウル)-新京(現在の長春)を結ぶ国際線が燃料補給を主目的として飛来
1941年 陸軍飛行場となる

関連サイト:
国土地理院 1947年10月当時の写真(USA M515-6 19) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       


コメント(4)  トラックバック(0) 

コメント 4

tooshiba

ゴルフ場に転用ってことですか?
軍施設の遊び場としては標準装備の代物ですが>ゴルフ場(国内にも米軍オンリーの施設がまだ残っています)
現在の米子駐屯地も合わせて米軍(GHQ)が接収→米軍(GHQ)がゴルフ場に転用→返還後もゴルフ場のまま
とかでしょうか。
by tooshiba (2012-12-20 15:22) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■tooshibaさん
跡地が戦後どうなったかについてですが、
「昭和25年8月、旧逓信省航空機乗員養成所跡地に米子市議会が警察予備隊の駐屯を要請」
という記録しか発見できませんでした。
終戦から5年間、ここがどうなっていたかが不明です。
戦後飛行場は米軍に接収されるケースが多い訳ですが、当跡地については接収されたという記録を見つけることができません。
少し前にtooshibaさんが、跡地に経った病院のサイトに「ここは昔飛行場であった」と詳しく書かれていることを教えてくれましたが、
当ゴルフ場公式サイトにはそうした点が触れられていません。
戦後はしばらくの間ほったらかしだったのかもしれないですね。
by とり (2012-12-21 05:21) 

鹿児島のこういち

警察予備隊を申請ですか?戦後の混乱期にほっておかれましたかね?(^^ゞ
by 鹿児島のこういち (2012-12-21 18:45) 

とり

■鹿児島のこういちさん
そうなのかもしれないですね。
返事が遅れてしまい申し訳ありません。
by とり (2015-04-20 18:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: