So-net無料ブログ作成

白戸飛行機教習所跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2013年1月 訪問 

D20_0016.jpg

「千葉市役所」。

かつてこの周辺に「白戸飛行機教習所」がありました。

正確な場所が不明なのですが、この周辺という資料があったため、とりあえず市役所を撮りました。

「民間航空発祥之地稲毛飛行場」の設立者、奈良原三次の一番弟子が白戸栄之助という人物で、

彼は稲毛飛行場で飛行を学んだのですが、1916年に当地に移って教習所を開設しました。

その後数多くの高性能機を手掛けたのですが、愛弟子を相次いで墜落事故で失ってしまい、航空界から引退したのでした。

 

白戸飛行機教習所跡地:map  


      千葉県・白戸飛行機教習所跡地      

白戸飛行機教習所 データ

設置管理者:白戸栄之助
空港種別:陸上飛行場
所在地:千葉県‎千葉市‎中央区‎登戸‎1丁目
座 標:N35°36′27″E140°06′26″
*座標はグーグルアースにて算出

沿革
1916年 白戸飛行機教習所開設
1923年 愛弟子2名を相次ぐ墜落事故で亡くし、航空界から引退

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 6

鹿児島のこういち

東京湾に面してるこの場所が、教習場として最適だったのでしょうか。不時着するのなら、海と陸では、どちらが助かりやすいのですか?素人的な質問で申し訳ないです。
by 鹿児島のこういち (2013-05-30 07:25) 

an-kazu

現在の国道もしくは、それに並行するように
滑走路が伸びていたのでしょうか?
それとも直角に・・・興味は尽きないですね!
(渋滞迂回で良く通ったエリアです)
by an-kazu (2013-05-31 21:12) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■鹿児島のこういちさん
>海と陸
これはオイラも興味あるのですが、分かりません。
きちんとした見解も見たことがありません。m(_ _)m
オイラは戦記をほとんど読まないので、鹿児島のこういちさんの方が生々しい事例をたくさんご存じなのでは?
荒れ狂う大波とか、岩山では比較の議論にならないですよね。
広大な砂浜が広がり、海はベタ凪の遠浅だったとして、
どういう降り方をするのがベストなんでしょうか??

■an-kazuさん
おお、馴染みのある場所でしたか^^
残念ながら資料が見つからないので滑走路の位置が不明なのですが、
海の側であることを考えると、an-kazuさん説の前者の方が可能性が高いのかなぁ。
と思います。
実際のところどうなんでしょうね。気になります。
by とり (2013-06-01 05:39) 

鹿児島のこういち

学生時代の頃、戦時中に飛行場を造る際、海辺の近くのほうが不時着するときに安全だとか、海面への着水を試みるとか、書物を読んだり、話を聞いたりした覚えがあるのですが、今考えると、水面に着水しても高高度から高速で降りてくればコンクリートの上に降りるくらいの衝撃を受けるわけですから、安全とはいかないです。海面なら周りに人がいる確率が非常に少ないからなのかと思ったりもしたのですが、それも僕自身の想像でしかないので、搭乗者の安全のこととは違いますし、どうなんだろうと疑問でした。
by 鹿児島のこういち (2013-06-02 07:39) 

まめ助の母

ご無沙汰しちゃいました。
コメントありがとうございます
飛行場の跡がわからないと書いてあると
ついつい、地図のまっすぐな所をさがしちゃいますね

前でのコメントで不時着の事が書いてありましたが
一般住民に被害を少なくするには海なんでしょうね
ちょい前の自衛隊機不時着は電線を切って大騒ぎでしたが
河川敷のだれにも被害のない場所へ飛行機を誘導したら
脱出する時間までは確保できなかったようなので…

私だったら何も考えずに脱出しちゃいそうなので
頭が下がります。
by まめ助の母 (2013-06-02 08:48) 

とり

■鹿児島のこういちさん
確かに落下速度が速過ぎると陸も海も大差ないですね。
機体の制御が出来て、安全な場所があるなら、不時着後のサバイバル、レスキューまで考えると
陸のがマシという感じでしょうか。
大戦期の戦闘機は頭でっかちなので、草むらに不時着したらつんのめってひっくり返ったりとかありましたね。

■まめ助の母さん
ブログに手が回らないのはリア充で結構なことです^^
>まっすぐな所
確かにそうですね^^;
前コメではパイロットの安全のことばかり考えていて、巻き添え犠牲となる方の視点が欠落してました。
確かにそれだと海のがマシなんでしょうね~。
>何も考えず
それが誰しも正直なところですよね。
自衛隊のパイロットは卵の頃から「骨は俺たちが必ず拾ってやる。だから民家の上には絶対落ちるな」
と散々言い含められるのだとか。
by とり (2013-06-03 06:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0