So-net無料ブログ作成

千間原秘匿飛行場跡地

  2016年5月訪問、最終更新日:2017/6/25  

無題8.png
1947年4月当時の写真(USA M258 116) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)


前記事の続きです。

大分県玖珠郡玖珠町にあった「千間原秘匿飛行場」。

「笠置原秘匿飛行場」の西北西約700mにありました。

戦時中、日出生台に陸軍の演習場が置かれたことは前記事で書きました。

そして戦後についてですが、「九州の戦争遺跡」によりますと、今度は米軍が演習地てして接収しました。

特に昭和25~26年の朝鮮戦争のときは激しい演習が行われただけでなく、米兵による暴行、凶悪事件が多発し、

湯布院の町も米兵相手の歓楽街ができ風紀も荒廃しました。

現在の湯布院が歓楽街のない家族向けの温泉地になったのは、このときの反省があるからだと言われているのだそうです。

昭和32年演習場は米軍から自衛隊に移管され、その後沖縄の米軍演習の軽減措置の名目のもとに、

日本本土における米軍訓練地の一つとなり、日米共同演習が頻繁に行われるようになったのだそうです。

平成9年には、キャンプ・ハンセンで行われていたアメリカ海兵隊の沖縄県道104号線越え実弾演習の一部が

本演習場に移転してきました。

上の作図は「多分この辺にあったんじゃないかなあ」程度のものですのでご了承くださいませ。

DSC_0098.jpg

いろいろ制約が厳しくてこんな写真しか撮れませんでした。


      大分県・千間原秘匿飛行場跡地     

千間原秘匿飛行場 データ

空港種別:秘匿飛行場
所在地:大分県玖珠郡玖珠町日出生
座 標:N33°19′29″E131°17′33″
標 高:678m
滑走路:570m?
方 位:08/26
(座標、標高、滑走路長さ、方位はグーグルアースから)

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
「九州の戦争遺跡」


コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

an-kazu

東富士演習場(総火演やるところ)と雰囲気が似ているのは
当然ですかね〜


by an-kazu (2016-08-04 22:17) 

とり

■an-kazuさん
あ~、そういえば現地でそんな感じしました。
by とり (2016-08-05 04:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0