So-net無料ブログ作成

千葉県・佐原飛行場跡地 [├国内の空港、飛行場]

   2017年11月 訪問  



無題 (復元済み)a.png
右図・リスト番号67-9-2-2  図名 佐原  測量年1929(昭4)■ 
左図・リスト番号67-5-3  図名 潮來  測量年1934(昭9)■ 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

前記事 の通り、大正15年10月~昭和9年3月にかけて、千葉県銚子市に「大利根飛行場」がありました。

ここで若者たちが操縦を学んでいたのですが、当飛行場には学校以外にも別の事業があり、

アギラさんからいただいた情報では、大利根飛行場~佐原間の定期輸送が実施されていたとありました。

レファレンス協同データベース(下記リンク参照)にこのことについての情報があり、

複数の地元市史の中で佐原での水上機の飛行について記述がありました。

それによりますと、「銚子・佐原間定期旅客輸送搭乗料一人片道十円(資料によっては五円)」とのことで、

昭和5年頃の出来事として写真と共に載っているそうです。

機体については、「海軍払下げのハンザ水上機(単発フロート付)」、

「ハンザ・ブランデンブルグ機」、「J-BAZD」等記されていました。

その他にもいろいろとググってみると、犬吠埼、水郷方面への遊覧飛行も実施していたとあります。

「JCAL民間航空史 資料保存会」というサイト様(下記リンク参照)では、

大利根飛行場で実際に使用されていた航空券を閲覧することができます。


佐原には特に「定期旅客輸送」を行っていたとあります。

それで、大利根飛行場でお客さんを乗せて離水した水上機は、

佐原のどこかに着水し、お客さんを降ろしていたことになりますから、

ある一定期間、佐原のどこか決まった場所でお客さんの乗降があったはずです。

残念ながら「佐原」という以外の情報がないため、ここから先は完全にオイラの憶測ですが、

使用機材は水上機ですので、ある程度のスペースの水面があり、且つ移動に便利な場所であったはずです。

上の地図は、それぞれ昭和4年と9年の2.5万分の1、5万分の1の地図を無理やりくっつけたものです。

実際に定期便が飛んでいた頃の地図なんですが、これで見るとやはりというか、佐原駅周辺が最も栄えています。

佐原駅から利根川までは、最短で1kmちょいです。

という訳で、佐原駅に近い利根川に離着水していたのではないかと。

当時の地図と現在とで、佐原周辺の利根川を見比べてみると、流路形状はあまり変化していないようです。

ここから思い切りオイラの主観ですが、佐原駅付近の利根川には、3本の直線がとれます。

それぞれ1,600~2,000mあり、長さとしては十分と思います。

それで、このどこかの場所を使って大利根との定期便の離着水をしていたのではないかと思います。

川がぐねぐねしていて、候補となる3本のうち、左から2番目と3番目では約130°の角度がついているので、

もしかしたら風向きにより離着水位置の変更があったかも。


DSC_0021.jpg

DSC_0023.jpg


なんだか左右反転しただけのような気がしないでもない撮影地点のあっち側とこっち側。

この辺りで水上機が飛んでいたと思うのですが。。。

ここから大利根飛行場までは、直線距離で34kmほど。



     千葉県・佐原飛行場跡地         
佐原飛行場 データ
設置管理者:猿田秀文氏?
空港種別:水上機用飛行場
所在地:千葉県香取市佐原地先利根川
座 標:N35°54′06″E140°30′33″
標 高:0m
(座標、標高はグーグルアースから)

沿革
1926年 10月 猿田氏、大利根飛行場開設
1934年 3月 同飛行場閉鎖。この間に佐原への定期飛行を実施

関連サイト:
ブログ内関連記事     
レファレンス協同データベース 
JCAL民間航空史 資料保存会  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。