So-net無料ブログ作成

小鯖秘匿飛行場跡地

  2015年10月 訪問 

無題6.png
1947年3月当時の写真(USA M124 8) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 

山口県防府市から北上して山口市宮野駅へと伸びる国道262号線。

その真っ直ぐに走る国道に沿うようにして、山口市下小鯖にあった旧海軍の「小鯖秘匿飛行場」。

上の航空写真にうっっすらと滑走路の地割が写っています(赤の矢印のあたり)。

その通りに引いてみたのが上図です。

様々な資料で滑走路の長さは600mとなっており、作図して長さを測ってみたところ、586mでした。

資料通りだとすると、南北どちらかがもう少し長かったのだと思います。

来るべき本土決戦の際、練習機を使用した特攻作戦を実行するために計画した飛行場の1つでした。

付属の廠舎、塹壕、随道の掩体、滑走路は学徒を動員し突貫工事で造られたのだそうです。

滑走路は完成しましたが、ここから特攻機が飛び立つことはありませんでした。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 呉鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:小鯖 建設ノ年:1945 飛行場 長x幅 米:600x30砂利敷 主要機隊数:小型 主任務:発進 隧道竝ニ地下施設:工事中 其ノ他記事:離着陸概ネ一方向

D20_0129.jpg

・A地点

この道路は滑走路の地割が残っているっぽいです。

 

D20_0121.jpg

・B地点

恐らくここから真っ直ぐの国道からほんの少し西に逸れながら滑走路があったはず。


      山口県・小鯖秘匿飛行場跡地     

小鯖秘匿飛行場 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:秘匿飛行場
所在地:山口県山口市下小鯖
座 標:N34°06′39″E131°32′04″
標 高:69m
滑走路:600m×30m? 砂利敷
磁方位:16/34
*座標、標高、滑走路長さ、磁方位はグーグルアースにて算出

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 4

miffy

あんなところにも飛行場を作っていたのですね。
もし出来ていたら海から離れてるので、襲われる心配もなかったでしょうね。
by miffy (2016-04-25 14:24) 

とり

■miffyさん
おお、土地勘アリなのですか。
本当にビックリするような場所に造りますね~。
by とり (2016-04-25 20:14) 

me-co

撮影技術によるのでしょうか?
なんだかルクラのようにも見えます@@;
ビックリするような所に造るということは共通していますが、
そう見えるというのは、わたくしの感性がおかしいのかもしれません(◎。◎ξ)
by me-co (2016-04-25 20:27) 

とり

■me-coさん
me-coさんの感性がおかしいということはないと思います。
ん~、なんというか、川沿いの僅かばかりの平地にポツリポツリと
発展していった。という感じでしょうか。
うまい返しができず、すみません。
by とり (2016-04-26 19:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0