So-net無料ブログ作成
検索選択

沼津水上飛行場跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2015年7月 訪問 

無題8.png

前記事の続きです。

昭和4年11月に、東京鈴ヶ森~下田線を開設した東京航空輸送社は、

翌年の昭和5年4月から、下田~沼津~清水まで路線を延長したのでした。

沼津の一体ドコに水上機用の飛行場があったのか、具体的な位置が現在不明なのですが、

再生おじさんから頂いた情報で、米軍作成の地図の中で、沼津市内を流れる狩野川の河口近くにマークが付され、

「Aero Fl」(上図A地点付近)という記載ありました。

再生おじさんどうもありがとうございましたm(_ _)m

1941年の航空写真(下記リンク参照)で見ると、未だA地点の橋はないし、国道414号線の橋もないし、

川のこの部分はほぼ直線になっていて、800m位はとれるので、運航に支障はないかと。

沼津駅も近いので、利便性は申し分ないですし。

実は沼津水上飛行場は、千本浜海水浴場付近の海浜にあったのではないかとするサイト様もあります。

海岸線はどうしても波があるため、現地視察の結果不適格とされてしまう例も当時あったのですが、

沼津は駿河湾最奥なので、海岸線でも水上機の運用は十分可能なのではないかと思います。 

それで今のところ、狩野川か、千本浜海水浴場付近のいずれかが沼津水上飛行場なのではないかと思っております。

情報お待ちしておりますm(_ _)m

ところで路線延長したのは、沼津ともう一つ、清水もありました。

この清水については、11月23日アップの記事で。

 

D20_0050.jpg

・A地点上流方向

 

D20_0054.jpg

・A地点下流方向

 

静岡県・沼津水上飛行場跡地 map   


      静岡県・沼津水上飛行場跡地     

沼津水上飛行場跡地 データ

空港種別:水上飛行場
所在地:静岡県沼津市黒瀬町
座 標:N35°05′53″E138°52′14″
着陸帯:800m?
*座標、着陸帯長さはグーグルアースにて算出

沿革
1930年 4月1日、東京航空輸送社、東京線を沼津、清水まで延長

関連サイト:
みなとしみず/シリーズ「エア・ガール 東京-下田-清水定期航空路」1~5(pdf:4p)  
国会図書館デジタルコレクション(2コマ目)    
国土地理院 1941年4月当時の写真(C54 C6 72) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

me-co

こんばんは。なんと!この辺り、通ったことがありますよ。
沼津ICから南下して414号の橋を渡りましたね。「こんなに広い川だったかな?」という印象ですが、橋の上から見る感じと河川敷から見た感じでは違うんですね(・。・)河川改修していると思うので、当時と異なると思いますが、「昔、ココに飛行場があった!」という認識の下に(また、思い出の地、戸田に行くために)また通ってみたいです。
by me-co (2015-11-16 00:21) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございますm(_ _)m

■me-coさん
おはようございます。
本当に行動範囲が広いですね~。
橋から見るのと川辺で印象が違うというのは分かる気がします。
by とり (2015-11-17 05:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: