So-net無料ブログ作成
検索選択

西宮航空園跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2012年10月 訪問 

無題0.png

兵庫県‎西宮市 西宮北口駅南西側にあった西宮航空園。

昭和18年開場の国内初の総合航空施設です。

京阪神急行電鉄が陸軍航空本部の協力を得て建設したもので、当時の本物の軍用機等が展示してあったのだそうです。

実際に機内に入ったり、 操縦席に座ったりすることができました。

細い線がその敷地で、太い線が飛行場エリア。グライダーの練習が行われていました。

おおよそですが、飛行場エリアは東西200m、南北130mです。

入場料は子供十銭。ヒコーキ好きにとってはまさにパラダイスでした。

 

D20_0013.jpg

・A地点。

現在は高層住宅等が立ち並んでいます。

 

西宮航空園跡地:map  


      兵庫県・西宮航空園跡地      

西宮航空園 データ

設置管理者:京阪神急行電鉄
運 営:大日本飛行協会
空港種別:滑空場
所在地:兵庫県‎西宮市‎両度町‎
座 標:N34°44′36″E135°21′16″
着陸帯:200m×130m?
*座標、滑走帯長はグーグルアースにて算出

沿革
1942年     開設。国内初の総合航空施設
1943年04月 「関西国民航空錬成場」開場
     07月 「西宮航空園」に改称

関連サイト:
国土地理院 1948年8月当時の写真(USA M84-1 42) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事       


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: