So-net無料ブログ作成
検索選択

峯山海軍航空基地跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2012年10月 訪問 

無題9.png

京都府‎京丹後市‎大宮町河辺‎にあった「峯山海軍航空基地」。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 舞鶴鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:峯山 建設ノ年:1942 飛行場 長x幅 米:440000㎡ノ内1500x80簡 主要機隊数:小型3.0 主任務:教育 隧道竝ニ地下施設:居(3.150㎡)指揮所、電信所、爆弾庫、燃料庫、倉庫、工業場(1.250平米) 掩体:分散 小型無蓋24 其ノ他記事:居旧製糸工場施設ニ群 飛行場下?1粁

D20_0054.jpg

・A地点。

ここから真っ直ぐ滑走路が延びていたはずです。

 

D20_0046.jpg

・B地点。

公民館の前に展示されている海軍マークの入ったマンホール。初めて見ました。凝ってますね~。

 

D20_0047.jpg

・C地点。

弾薬庫跡だそうです。

 

D20_0050.jpg

・D地点。

格納庫跡。現役で使用しているそうです。

以前鹿児島のこういちさんから送って頂いた鴨池の格納庫 と少し似てますね。

鴨池も当峰山も海軍の飛行場なのですが、海軍同士だから格納庫も似ているとかあるのでしょうか??

 

峯山海軍航空基地跡地:map  


      京都府・峯山海軍航空基地跡地      

峯山海軍航空基地 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:京都府‎京丹後市‎
座 標:N35°36′14″E135°05′07″
滑走路:1,500m×80m
 (「日本海軍航空史」・終戦時 では、1,000mx80m コンクリート と記されている)
方 位:15/33
(座標、方位はグーグルアースから)

沿革
1939年 09月 22日、一期工事始まる
1941年 二期工事始まる。1,000mx120mの予定だったが、工期の遅れ、下に敷く石が間に合わなかったため80m幅に
1944年 延長工事により南北に500m延長して1,500mとなった

関連サイト:
国土地理院 1947年11月当時の写真(USA M626_A 73) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事       


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 4

an-kazu

むむむっ、マンホールかぁ・・・
by an-kazu (2012-12-12 22:00) 

とり

■an-kazuさん
マンホールです。
by とり (2012-12-13 05:23) 

峯空跡地サイト管理人

上記サイトの管理人しております。今回貴ブログの記事を紹介されました。今後ともよろしくお願いいたします。リンクさせていただきます。
by 峯空跡地サイト管理人 (2012-12-15 10:59) 

とり

■峯空跡地サイト管理人さん いらっしゃいませ~^^
リンクの件、了解致しました。
by とり (2012-12-17 06:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: