So-net無料ブログ作成
検索選択

桂川飛行場(久世橋の滑空場)跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2014年06月 訪問 

無題2.png

京都府‎京都市を流れる桂川に掛かる久世橋。

この橋の所に「桂川飛行場(久世橋の滑空場)」がありました。

栗津実氏が飛行協会所属飛行場として南北に長い飛行場を建設し、ヒコーキを運び入れました。

「橋の所にある」。という情報だけだと、右岸なのか、左岸なのか、上流なのか下流なのかが分かりません。

当飛行場は1919年建設なのですが、10年前の1909年測量の地図(下記リンク参照)があり、

それを見ると、右岸上流側に南北に広いスペースがあるように見えます。

当然当時とは川の流れが大きく変わっているのですが、府道123号線の青の矢印(2つの→)部分は

当時の地形がそのまま残っているようで、当時はこの道路から東側が広い河川敷になっていました。

上図北側に2つの線路が桂川を渡っております。

新幹線は当時ないのは当然として、東海道本線は1889年に全線開通しているので、既にありました。

久世橋から東海道本線の線路の所までで1,100mあり、長さは十分と思います。

ということでその場所を撮ってみました。

 

D20_0007.jpg

・A地点。右岸上流方向。

多分この方向に飛行場があったと思うのですが。。。

情報お待ちしておりますm(_ _)m

 

京都府・桂川飛行場(久世橋の滑空場) map   


      京都府・桂川飛行場(久世橋の滑空場)    

せっかく建設した飛行場だったのですが、翌年の台風で「石ころ河原」になってしまい、京都練兵場に機体を移したのだそうです

桂川飛行場(久世橋の滑空場) データ
設置管理者:飛行協会
空港種別:滑空場
所在地:京都府‎京都市‎西京区‎牛ケ瀬新田泓町‎
座 標:N34°58′11″E135°43′14″?
面 積:50ha
着陸帯:1,000m?
磁方位:17/35?
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1919年 飛行場開設
1920年 台風で石ころだらけとなり機体を移動

関連サイト:
国土地理院 1909年測量の地図(2万正式図 20000 s1167) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       


コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 5

me-co

「石ころ河原」とは、なんだか「呆れた」感の強いネーミングですなぁ(-。-)
そこで、昨年の水害のこともありますし、そんなに氾濫する河川なのかな?と思って調べてみたら・・・暴れん坊の証=「霞堤」が上流の方にありました。
ここしか手っ取り早い土地が無かった、とは思いますが、いきなり翌年とは、ついてないです(_ _)
by me-co (2014-12-08 22:28) 

とり

■me-coさん
>「霞堤」
以前仰っていたものですね。
翌年とは、心中察して余るものがありますね。
毎年のように氾濫するならそんなところをわざわざ選ぶことはないでしょうし。。。
それとも「霞堤作ったから大丈夫!」ということなんでしょうか??
by とり (2014-12-10 06:32) 

鹿児島のこういち

「霞堤」って知りませんでした、信玄堤とも言うんですね。勉強になります(*゚▽゚*)
こうゆう河川敷を見ると、すぐ鰻籠を仕掛けたくなるのは・・・・
蟹籠も仕掛けたいな(^O^) 
自分の経験なんですが、鹿児島の東市来ってとこの山ミミズを使うと鰻が仕掛けによく入るんですよぉ(^O^)ちなみに僕は背開きですo(^▽^)o・・・・なんの話やら(^O^)
by 鹿児島のこういち (2014-12-10 12:59) 

鹿児島のこういち

あれ?お昼にコメント送ったのに反映されてないや(゜д゜)
by 鹿児島のこういち (2014-12-10 17:50) 

とり

■鹿児島のこういちさん
ローカル情報ありがとうございました~(o ̄∇ ̄o)ニヤ

>反映
コメント投稿して頂いて少しの間は反映されてないことはちょくちょくあるみたいなんですが、
こんなに時間が経ってるのに反映されてなかったのか。
毎度ご迷惑お掛け致しますm(_ _)m
by とり (2014-12-11 06:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: