So-net無料ブログ作成

加茂湖水上機基地 [├国内の空港、飛行場]

  2015年7月 訪問 

無題1.png

A:加茂湖水上機基地 B:原黒畑飛行場 C:38-00 138-19 D:38-00 138-20 E:河原田

 

アジ歴の中に米軍作成の佐渡島飛行場について記した資料があります(下記リンク参照)。

この情報は再生おじさんから頂きましたm(_ _)m

資料の中の佐渡島に関係する部分を全文打ち出してみました。

 

2. Sado Island civil airport(about 38-00N 138-20E). Emergency landing.(ONI 49)

SWPA places this at 38-00N 138-19E,states that Naval air base with drome and seaplane station is located here.

Naval air station at Kawaharada(38-00 138-20)-OAF,issued by SWPA

 

訳すと多分こんな感じ。

2.佐渡島民間飛行場(38-00N 138-20Eの辺・上図D地点り)。緊急着陸場。

SWPA(注1)は、38-00N 138-19E(上図C地点) に、ある程度の規模の飛行場と水上機基地を備えた海軍航空基地があると見なしていると述べた。

SWPA発:河原田(注2)(38-00 138-20・上図D地点)に海軍の小規模飛行場がある

(注1) SWPAとは、連合国南西太平洋地域(軍)(Southwest Pacific Area)のことで、フィリピン、ニューギニア、オーストラリア等、南西太平洋が管轄なのですが、その任務内容には、「日本軍等の文書の翻訳と日本人捕虜・民間人被抑留者の取調報告を編集した資料の配付」が含まれていました。
(注2)
Kawaharadaが佐渡市河原田のことだとすると、1948年の航空写真(下記リンク参照)には、当地に桟橋が映っており、現在もこの場所には桟橋があります。

米軍は上図D地点の辺りに民間飛行場、緊急着陸場があると見なしていたことになります。

また、三番目の文では、同じくこの場所に海軍の小規模飛行場があるとしています。

また、米軍は上図C地点の辺りにある程度の規模の飛行場と水上機基地を備えた海軍航空基地があると見なしていたことになります。

 

D20_0026.jpg

・E地点にある橋脚

サビサビで年季入ってますね。

SWPAは、上図C地点に「ある程度の規模の飛行場と水上機基地を備えた海軍航空基地があると見なしている」

とのことなのですが、ここには少なくとも1948年には桟橋があったのですが、それ以前の写真を閲覧することが出来ないため、

戦中にもここに桟橋があったかどうかは不明です。

米軍はこれを水上機基地と思ったのかしらん。

 

D20_0050.jpg

・A地点 加茂湖。

両津市史417pは、昭和20年前半の市の様子について記しているのですが、

この中で、「鷺崎(佐渡島北端)には航空監視所があって海軍が駐留、日夜敵機の来襲を監視」とあります。

また、「加茂湖は水上飛行機の基地となり」とあり、短い一文ながら、加茂湖に水上機の基地があったことが分かります。

加茂湖は全長4.6kmもある大きな湖で、考えてみれば波も塩害も(それほど)ありません。

わざわざ海岸に水上機基地を造らずとも、こうしてここに大きな湖があるのですから、

ここに水上機の基地を造るのは自然なのではないかと思われます。

 

「続市誌余話」223p以降には、加茂湖についてヒコーキにまつわるもう一つのエピソードが紹介されています。

昭和九年七月十五日、午後十時四十分頃、横須賀海軍航空隊所属のヨ-五三号機は新潟県下の防空演習に参加中、

加茂湖への着水に失敗、死者、重軽傷者を出してしまいました。

新聞は事故原因を、気圧の関係から高度計に百メートルの誤差を生じたためとしているのですが、

当日は防空演習ということで燈下管制が敷かれていたため、闇夜の着水と思われるのだそうです。

転覆地点は秋津寄りの所とされており、地元青年団が救出活動に当たり、その後機体は両津の町裏の湖岸寄りに移され、

起重機を備えた作業船で吊り上げ作業が行われました。

作業が行われたのは、現在のホテル東宝前方の湖岸寄りと思われるのだそうです。

 

D20_0056.jpg

加茂湖、ホテル東宝前。

搭乗員6名のうち、1人が死亡、重傷3名、軽傷2名という大惨事となってしまいました。

事故から三か月後、海軍航空隊司令官が海路両津港にやってきて、遭難時の支援に対し、関係当局に謝意を伝えたのだそうです。

妙見山の頂には、この事故の時の受難碑があります。

平成に入ってからのこと、当事故での唯一の死者となってしまった方の娘(当時2歳)が訪ねて来られたのだそうです。

オイラが佐渡島にお邪魔して調べた市史は、当時の両津市のみで、残念ながらC~E に戦時中何かあったのかについて、

地元郷土史で確認できておりません。

加茂湖のどこに基地があったのか、米軍の示した場所に飛行場は本当にあったのか、情報お待ちしておりますm(_ _)m

 

加茂湖 map   


      新潟県・加茂湖水上機基地     

加茂湖水上機基地 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:水上機飛行場
所在地:新潟県佐渡市
座 標:N38°03′54″E138°26′03″
*座標はグーグルアースにて算出

関連サイト:
アジ歴(51コマ)  
国土地理院 1948年8月当時の写真(USAwide R370 90) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
両津市史
続市誌余話


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0