So-net無料ブログ作成

岩国飛行場(岩国錦帯橋空港) [├国内の空港、飛行場]

錦帯橋空港ターミナル内の様子はこちら                                          2012年11月 訪問 

無題7.png

山口県‎岩国市の「岩国飛行場(岩国錦帯橋空港)」。

広島ヘリポート(旧広島西飛行場)の南西約30kmにあります。

上図のオレンジ線は旧日本海軍当時の滑走路。

現在はほぼ南北の滑走路なので、向きがまるで違っていたのですね。

当時の滑走路について、長さは2,600mであるとする資料があります。

上図は1947年の航空写真(下記リンク参照)で作図したもので、これだと滑走路は1,600m(11/29)です。

滑走路西側のエンドの更に西側は当時誘導路、線路、道路が走っており、住宅密集地になっています。

東側エンドはこのままで海方向に2,600m滑走路を延ばすとすると、沖合移転後の現在でも敷地いっぱいになります。

ということで、当時の滑走路は1,600mなのではないかと思います。

当時は中国地方最大の海軍基地であり、末期にはここに進出した飛神隊のために2つの秘匿基地(可部、藤河)が作られました。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 呉鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:岩国(水上陸上両基地) 建設ノ年:1940 飛行場 長x幅 米:1030000㎡内1250x60コンクリート 台120x40コンクリート 主要機隊数:小型機一部兵学校 主任務:作戦教育 隧道竝ニ地下施設:各種用1.700平米 誘導路5.550㎡ 掩体:小型有蓋197 其ノ他記事:構内-500x50ヲ設ケソノ北端ヲ飛行場ニ接續ス

D20_0012.jpg

 

D20_0015.jpg

米海兵隊岩国基地正門。

空港の入り口は別にあるのですが、空港開港初日、数名の利用者が間違えて基地正面から入ろうとしたのだそうです。

 

D20_0018.jpg

・A地点。

旧日本海軍当時はここから滑走路が伸びていたはずです。

 

D20_0019.jpg

 

D20_0024.jpg

 

D20_0027.jpg

 

D20_0042.jpg

 

D20_0065.jpg

 

岩国飛行場(岩国錦帯橋空港):map  


      山口県・岩国飛行場(岩国錦帯橋空港)     
朝鮮戦争の際ここから毎日出撃があり、部隊指揮所もここにあったため、「朝鮮への玄関口」と呼ばれたのだそうです

岩国飛行場(岩国錦帯橋空港) データ
設置管理者:米海兵隊
3レター:IWK
4レター:RJOI
空港種別:共用空港
運用時間:15時間
利用時間:7:00~22:00
所在地:山口県‎岩国市‎三角町‎
座 標:N34°8′42″E132°14′49″
標 高:3m
面 積:789ha(旧日本海軍当時:561ha)
滑走路:
2,800mx1,800m、滑走台50mx50m 「日本海軍航空史」(終戦時)より
現在:2,440m×60m
磁方位:02/20

沿革
1938年04月     宅地約13,200㎡、耕地約1217,700㎡を買収。旧海軍飛行場建設開始
1939年12月     呉鎮守府所属練習隊配置
1940年07月08日 岩国航空基地運用開始。海軍航空隊開設
1941年02月     偵察練習生教育隊配置
1943年11月     海軍兵学校岩国分校開校等により基地は次第に拡張され終戦の頃は4514,400㎡に至る
1945年05月     B-29、岩国基地と岩国市を爆撃。爆撃は終戦前日まで続く
     09月     米海兵隊進駐
1946年02月     イギリス連邦占領軍の空軍基地となり、イギリス空軍の他、オーストラリア空軍、ニュージーランド空軍、
             インド空軍などのイギリス連邦占領軍 (BCOF)、アメリカ空軍が駐留
1948年        オーストラリア空軍に移管
     03月19日 英国海外航空 (BOAC)が定期乗り入れ開始
1950年06月25日 朝鮮戦争勃発。アメリカ軍とイギリス軍により使用される
1951年        国際飛行場に指定される(岩国飛行場と呼称)
1952年04月01日 日本の占領解除と同時にアメリカ空軍へ移管。日本航空が岩国空港就航式
1954年01月     アメリカ海軍第6艦隊航空団(FLEET AIR WING 6)が移駐を開始
     03月     極東航空、大阪~岩国定期便就航
     10月01日 アメリカ海軍へ移管
     11月     日本航空岩国便休止
1956年07月     第一海兵航空団の司令部が朝鮮から岩国基地へ移駐
             約2,500名の海兵隊員を受け入れるため基地北側を大幅拡充
1957年03月     岩国教育航空隊派遣隊新編。日米共同使用開始
1958年07月20日 アメリカ海兵隊に移管
1961年05月     東亜国内航空、岩国飛行場一時使用
     09月     広島空港(現広島ヘリポート)供用開始
1964年12月     民間航空路線の変更。以後定期便の就航はなく岩国空港閉鎖
1967年12月01日 航空自衛隊から海上自衛隊に移管
1970年12月    極東放送(FEN-TV)設立
1971年        飛行場が市街地に隣接していることから岩国市は滑走路の沖合移設・埋立を要求するようになる
1973年        防衛施設庁、沖合移設・埋立について予備調査開始
1976年        第1海兵航空団司令部、沖縄に移設
1982年7月      防衛施設中央審議会、「岩国飛行場周辺における安全を確保し騒音の軽減を図るためには、
             飛行場の東側の海面を埋立て、滑走路を約一千メートル移設する方法が適当である」と答申
1983年        海兵第1航空師団兵器部隊、グアム海軍航空基地へ移設
1983年        1985年度にかけて沖合移転に伴う環境影響評価に係る基礎調査実施
1986年度       1988年度にかけて移設のための工法試験(試験埋立)を実施。沈下状況を10年以上に渡って観測
1989年        沖合移設に関する基本設計
     06月10日 日本初となるAV-8Bハリアー派遣
1991年        1995年にかけて環境影響評価を実施
1992年8月     沖合移設正式決定
1993年        ボーリングを実施
     10月     新広島空港供用開始。岩国は100km圏内に空港を有しない「空の空白地帯」となったため、
             岩国飛行場の民間利用を望む声が高まる
1994年03月     山口県、国の空港問題の専門家などで構成する「山口県東部空港問題専門委員会」設置
1996年07月     岩国市、空港再開7万人の署名を県知事に提出
1997年06月01日 沖合移転工事起工式
2000年05月     岩国基地民間空港早期再開期成同盟会設立
2002年        在日米軍の再編計画について日米間で正式検討
2003年02月     日米合同委員会、岩国基地の軍民共用化について具体的な協議・検討を決定
2004年05月    岩国基地民間空港再開事業推進協議会設立(県・市)
2005年10月    日米合同委員会、民間航空機1日4往復運航について合意
        29日 在日米軍再編計画の中間報告で厚木基地の空母艦載機57機等を岩国基地に移駐させる計画公表
             岩国市長は反対を表明。
2006年03月12日 艦載機移転問題で岩国市住民投票実施(投票率58.68%、反対87.42%、賛成10.81%)。
     05月     再編実施に関する日米ロードマップで「将来の民間航空施設の一部が岩国飛行場に設けられる」と明記
2007年05月     防衛施設庁から空母艦載機の岩国飛行場への移転等に伴い必要となる施設整備について、
             米側で作成された包括的な施設整備のマスタープランが提示され、
             この中で現滑走路の北端先地域の基地内及び隣接の国有地が、民航ターミナル地域として示される
2008年02月     岩国市長選挙。新市長は「騒音問題等が担保されれば、岩国基地への空母艦載機受け入れには
             現実的対応をする」と表明。国土交通大臣、防衛大臣が民間空港再開に前向きな姿勢示す
     10月     岩国基地民間空港再開事業推進協議会(県・市)が空港整備基本計画を策定
2009年02月16日 民航施設の整備は国土交通省、米側との調整は防衛省が主体となって実施することになる
2010年02月17日 ANA、岩国~羽田4往復就航を正式表明
     05月    岩国基地新滑走路運用開始
     12月    「岩国錦帯橋空港」公募により愛称決定
2012年06月08日 国交相、「2012年12月13日を開港目標」と表明
     12月13日 民間機による定期便48年ぶりに再開

関連サイト:
岩国錦帯橋空港    
国土交通省大阪航空局/岩国飛行場   
Wiki/岩国飛行場   
国土地理院 1947年5月当時の写真(USA M238 57) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)   
ブログ内関連記事       

この記事の資料:岩国市史


コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 14

tooshiba

軍民共用となると、民間に便宜を図りつつも「米軍の定着を受け入れろ」という国(日本政府)からのメッセージとも解釈できましょうから、地元が賛否で真っ二つ(という報道が開港直前になされたと記憶があります)になるのも、頷けます。

前都知事が口約束で達成できそうな気配すらない「横田空港の軍民共用化」も。
いざ実現するとなっても、今度は基地そのものあるいは軍民共用化に反対派の攻勢が起きたでしょうから、実現自体が無理だったんでしょうね。(無理だと分かっていて“釣る餌”にした?)
首都圏の空域の問題もあるでしょうが(なんだか携帯電話の「電波が足りない!」ってのと似ている気がします。)、そこは管制の人たちに頑張ってもらうことにして・・・。(^_^;
by tooshiba (2013-05-06 14:24) 

me-co

(;_□_)空港と飛行場の違い・・・
今更ながら気が付きました(遅)
それにしても、ここはいろいろ紆余曲折、変遷があったのですねぇ。
by me-co (2013-05-06 16:08) 

an-kazu

US-1が(US-2も)\(^_^)/
by an-kazu (2013-05-06 18:08) 

マリオ・デ・ニ−ロ

先日利用しました。
新しい空港は綺麗で気持ちが良いですね。
三沢空港と同じようにエプロンの入口には大きなゲ-トが設けてあり飛行機の出入り以外は完全に軍民分離されていました。
タ-ミナルから滑走路まではかなりの距離があるので離着陸機の撮影には500mm以上が必要です。しかし、展望デッキはそれなりの広さがありワイヤ-式のフェンスで視界も良好でした。
次回、西の方へ行ったなら詳しいとりさんレポ-トをお願いいたします。
by マリオ・デ・ニ−ロ (2013-05-06 21:57) 

Takashi

沿革を読んでいると、艦載機の受け入れが民間空港再開の条件になってしまっているようですね。
あの爆音が一日中鳴り響くのかと思うと、艦載機の受け入れを反対したくなる気持ちもわかります。
by Takashi (2013-05-06 22:38) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■tooshibaさん
>地元が賛否で真っ二つ
オイラもそういう捉え方だったのですが、先日また岩国空港にお邪魔してきまして、
たまたま空港関係の方とお話する機会に恵まれてそのへんのところをお聞きしてみましら、
意外な答えが返ってきました。そのことも含めて9月頃アップ予定しております。

>横田
石原前知事オイラは本気だったと思います。
米国で外交、防衛の要人と接触し、一時は米側と供用についての検討会議を8回開催し、
「これは本当に共用化しそう」というところまで行きました。
ところがその後、米軍再編の中で横田を岩国と共に重要拠点化すると方針が一転。
現在のこう着状態に至っています。
小泉・ブッシュ体制がなくなったこと、共用化を足掛かりに基地返還を要求してくるのではいか
という米側の警戒があったとも言われています。

■me-coさん
オイラも岩国の経緯はまったく知らなかったんですよ。
今回お邪魔して勉強になりました。

■an-kazuさん
US-1がタッチアンドゴーを繰り返してました^^
チラっと見えるUS-2も見逃しませんね(o ̄∇ ̄o)

■マリオ・デ・ニーロさん
実はオイラも先月またお邪魔してきたのですが、やっぱりオイラとは視点が違いますね。
流石です師匠。
9月頃岩国空港の記事をアップ予定なのですが、コメント含めさせていただきますm(_ _)m

■Takashiさん
基地祭で聞くのと、否応なく年中聞かされるのとでは全然違うのでしょうね。
沖合移転したわけですが、市街地の騒音状況はどうなのでしょうか。
by とり (2013-05-07 05:47) 

旧広島(吉島)飛行場近くに幼少時住んでいた県内戻りの男

こんばんわ、岩国飛行場(岩国錦帯橋空港)ブログも通り掛って拝見しました。離着陸は周防大島方向(柳井側 滑走路南側)からが多用されています。民航機も沖合いをover passして南下し、大島手前で北向きに旋回して着陸コースに乗り着陸、出発便は其の逆誘導路から滑走路北端に入り離陸です。

撮影スポットは両側川岸河口部がロケーションとして多いようで、地元の人や釣り人も多い場所です。この他南側、門前川河口側滑走路端には港湾岸壁も整備され海自基地のUS-1・US-2救難飛行艇用スベリも在ります。水陸両用機ですが、滑走路からではなく基地沖合い滑走水路から離水・着水する事も有るようです。牽引車で引くのか、自走式(では無かったような…)かでスベリを上がって来る姿も見かける事が有るかも…。

ブログで旧軍時代海軍建設時の滑走路に関しては、件の戦後「日本航空協会」発行の「航空年鑑」に「種別B 1645m×45m コンクリート舗装」と在ります。「とりさん」のブログコメントで正しいと言う事です。お知らせ迄。

沖合展開事業直前迄の旧滑走路は戦後、駐留時期の米軍が昭和24年(1949)頃大拡張工事を行い出来上がったものです。錦帯橋の近くで大規模に河砂を採取した為流れが変化し翌年の大水流時期に橋脚が崩壊し、錦帯橋流失の原因となった等の見方が有るようです。
by 旧広島(吉島)飛行場近くに幼少時住んでいた県内戻りの男 (2013-12-19 00:54) 

とり

■旧広島(吉島)飛行場近くに幼少時住んでいた県内戻りの男さん
情報ありがとうございました。
by とり (2013-12-24 05:22) 

地元の者

旧滑走路2600m×45mの資料表記は平成22年(2010)5月28日迄使用
されていた旧滑走路だと思います。

by 地元の者 (2014-01-05 21:03) 

通り掛かり読者

この記事のアドレス表示がiwakunu-airportとなっています。iがuに置き換わっています。御報せ迄。
by 通り掛かり読者 (2014-04-05 05:08) 

閲覧拝読の者です

関連記事で民空再開港後にもいらした様ですので、御存知かも知れませんが下記トピックスを1つお伝えします。

USMC_AS岩国基地は航空隊が一定周期で巡回配備の中で、沖縄からの移駐と、厚木からの空母航空群、所謂艦載機の移駐が目玉となっている事は御存知と思います。NLP(FCLP)の訓練場所選定が日米両国政府の焦眉の課題となりつつ経過しています。鹿児島県のレジャーランド企業、馬毛島開発(立石勲社長)所有の無人島、馬毛島が、名乗りを上げたりしていますが、アメリカ軍側が岩国基地から180km以内の訓練基地を希望して難色を示している処です。

此処に至る迄に、広島湾内の島嶼部、佐伯郡沖美町が地域振興と環境保全を両立させる条件で、プランを示して積極的に名乗りを上げた場所が近くに在ります。岩国基地の沖合い13km真正面に浮かぶ瀬戸内海最大の無人島「大黒神島」の岩国対面側(島の西側半分を海自の航空基地として滑走路・付帯施設を整備しNLPに供すると云うプランでした。

島自体が無人島である上に町有地で在る事等から、敷地を貸与出来、建設が容易である事等に加えて、町民居住地は山の反対側で、岩国からは正面海上13km離隔が在り、騒音等の遮蔽効果も十分な立地案でした。当該自治体沖美町も平成の大合併政策で揺れており、財政基盤の小さい町村は合併を余儀なくされる政策が進行し、独自行政権消滅のタイムリミットが近づいていた時期と云う事情が有りました。

諸般の周辺状況の中、当時の「谷本英一沖美町長」は上記立地の長所を最大限に活用して対応できないかと考えを巡らせた様です。現在の岩国基地滑走路と沖合い13kmで並行する、同規模のNLP訓練滑走路と飛行場施設建設と、通常時は之を海自航空基地として使用、維持保全にあたる等ダブルでプロデユースし、町内の雇用を増やして行く事で、人口増や産業誘致にも繋げる地域振興の一環と位置付けていました。此の壮大なプランを当時の防衛施設庁に持ち込み、双方の構想を統合し具体的な形に纏めて行った立地でした。

プロジェクトの内容はアメリカ軍の運用要求を最高度に充足し、居住環境保全の面からも最良の立地と成る場所でした。岩国基地のRaderApproachControlの覆域内ですし、視界のクリア-な日は岩国の管制塔からも見える場所での訓練施設となります。この申し出をアメリカ軍側は非常に歓迎していたそうです。

ところが、準備万端整う前に、一部のマスコミが騒ぎ出し、この計画案の存在を批判的に書きたてて仕舞いました。平成15年(2003)01月30日町長は、その時点でも構想を否定はせず、居住環境保全と国家の要請である、最良の訓練施設立地で在る事を、逃げ隠れせずに堂々と主張し、行政自治体の長として将来世代に向けての継続的発展を見据えた選択であると決意表明していました。

ただ、報道内容の反響は其のこころざしに対して非常に冷淡でネガテイブなものでした。全国的な批判の他に、広島県内行政長官の「藤田雄山県知事(当時)」が、「原爆被災場所広島旧市内に程近い場所でのNLP誘致等以ての外である」と談話を出し、怒られたのを皮切りに、県内各市区町村行政長・議会から袋叩きに遭っています。足元の町議会からも、反対決議を突き付けられた町長は、構想発表後から7日後に町長を辞職し落胆して舞台から去って行きました。

同町は独自行政の施策を打ち出せず時間切れで平成16年(2004)11月01日に周辺4町合併で江田島市の一部となりました。アメリカ政府側の意中の立地であり、防衛施設局の第一順位の立地である事は今も同様と思います。私自身客観的に見れば、特定の政治思想やイデオロギ-を除いて考えれば、住民・自治体・政府(国)・軍(JSDF・USArmedForces)4者の立場主張を最大限に充足させるバランスの採れたプランだったのではないか?と思います。

自家用車でお出掛けなら、呉を経由して音戸大橋と早瀬大橋を渡り陸続きで沖美町に至ります。大黒神島へは鹿川港から船便でしょうが、無人島の為釣人用渡船運行です。ロケーションハンテイングだけで出掛ける意味は無いかも知れませんが。関連する場所です。

【参考】
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/fnsaward/backnumber/12th/03-162.html
by 閲覧拝読の者です (2014-04-05 08:07) 

とり

■地元の者さん
返事が遅れてしまい、申し訳ありません。
コメントありがとうございました。

■通り掛かり読者さん
本当だ!
教えて頂き感謝です。

■閲覧拝読の者ですさん
貴重な情報感謝致します。
ありがとうございました。
by とり (2014-04-05 18:27) 

通り掛かり読者 再投

「藤田県知事」談話も、もう少し言い方があるだろうにと当時自宅でTVニュースを見ていて感じました。政治家の「見栄」も在ったかもしれませんが、合併協議の駆け引きの末合併しても寂れていく地域問題の根本的な解決にはならないことを町長さんは判っていたので「起死回生」の策としてプランを示したのでしょう。負の側面を旨く抑え込むプランを完成させていれば同町にとって、土壇場での「逆転満塁さよならホームラン」だったかも知れません。知事さんの一言で敢え無く努力も水泡に帰した感じです。
by 通り掛かり読者 再投 (2014-05-13 21:24) 

とり

■通り掛かり読者さん
貴重なお話をありがとうございました。
by とり (2014-05-14 06:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0