So-net無料ブログ作成
検索選択

逓信省印旛地方航空機乗員養成所、印旛(草深)飛行場跡 [├国内の空港、飛行場]

  2013年1月 訪問 

無題3.png

千葉県‎印西市にあった「逓信省印旛地方航空機乗員養成所、印旛(草深)飛行場」。

昔ながらの田園風景がまだまだ残る中、開発が進む地域です。

後述しますが碑文によりますと、まずは逓信省の乗員養成用飛行場として開設されたのですが、

戦局が押し迫り陸軍の帝都防衛用飛行場となりました。

地名から「草深(そうふけ)飛行場」とも呼ばれています。

当飛行場についてはたくさんのサイトで取り上げられており、無蓋掩体壕が多数現存することが触れられています。

当地は終戦翌年の航空写真(下記リンク参照)を閲覧することができるのですが、

滑走路は転圧式だったのだそうで跡形がありません。

滑走路を図示したサイトがあり、それを参考にさせて頂きましたm(_ _)m

複数の資料で飛行場の滑走路は2,000m級であると記されているのですが、

作図した滑走路の長さは1,550m1本、1,600m2本でした。

 

D20_0049.jpg

・A地点。滑走路方向

 

D20_0032.jpg

・B地点。公園内に「平和の碑」があります。

逓信省印旛地方航空機乗員養成所跡
陸軍飛行第二十三戦隊印旛飛行場跡
通称 草深飛行場跡 と記されています。

裏面に碑文がありました。

草深野のあゆみ(全文)
 往古、印旛沼の畔に谷津を抱きし原野あり、草深野と名づく。そが谷津に開墾の鍬が入れられしは凡そ三百三十年前のことにて、開墾に従事せし先人よく過酷なる労働に耐え、豊穣の地となせり。惣深新田と称す。里人、早春には野に出て山菜を摘み、風の音に秋来たりなば、金波を漂わす水田に入りて鎌を振るう。四季は移ろい、凛たる寒気に包まれし野に雄鹿の声渡り大晦となりぬ。時は緩やかに流れ連綿として代を重ねたり。そが草深野に激動の時代を予感させし槌音響きたるは昭和十三年のことにて、逓信省印旛地方航空機乗員養成所の創設行わる。大志を抱きたる若人集い訓練に励む。しかるに軍靴の響き日増しに高く、昭和十八年十月、拡張工事に着手。翌十九年十月、帝都防衛の任に当たるべく陸軍飛行第二十三戦隊配備され、熾烈なる空中戦に挑みたる。雄々しき丈夫、勇躍銀翼を煌めかせ飛翔せしが帰還せざる者また多し。昭和二十年八月、幾多の尊き人命を奪いし第二次世界大戦終結せし後、飛行場跡地に開拓団入植し開墾に取り組みたる。その辛苦筆舌に尽くしがたし。されど不屈の闘志と団結力により、耕地は徐々に拡大し草深野は肥沃の地となりぬ。昭和三十年代後半に至り、国家政策として大都市周辺部に大規模なる新住宅地の造成が進められ、その一環として千葉北部地区宅地開発事業、即ち、「千葉ニュータウン事業構想」が発表されしは、昭和四十一年のことなり。爾来三十有余年、草深野は活気に漲り笑顔溢るる市街地へと変貌しつつあり。今般、印旛(草深)飛行場跡に有志の発意をもちて、多感なる往時に思いを馳せ、かつ恒久の平和を祈念せんと平和の碑を建立するにあたり、草深野の変遷をここに刻み後世に伝うるものなり。平成十五年十月吉日 印旛市長 海老原栄選文 印旛飛行場跡地記念碑建設委員会

これまで見てきた碑文の中で飛び抜けて格調高いです。

 

D20_0041.jpg

飛行場跡地北側は学校、公園が整備され、団地、郊外型大規模店が並んでおり、交通の便も優れています。

 

D20_0023.jpg

・C地点。滑走路方向

跡地南側は一転して昔ながらの風景が残っています。

 

D20_0021.jpg

・D地点。滑走路方向

 

逓信省印旛地方航空機乗員養成所、印旛(草深)飛行場跡:map  


      千葉県・逓信省印旛地方航空機乗員養成所、印旛(草深)飛行場跡地     

逓信省印旛地方航空機乗員養成所、印旛(草深)飛行場  データ
設置管理者:逓信省、旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:千葉県‎印西市‎西の原
座 標:N35°48′05″E140°09′27″
滑走路:1,550m(01/19),1,600m(11/29),1,600m(16/34)
*座標、滑走路長、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1938年 逓信省印旛地方航空機乗員養成所創設
1943年 10月 拡張工事
1944年 10月 陸軍飛行第二十三戦隊配備
1945年 08月 終戦。 開拓団入植
1966年 千葉ニュータウン事業構想
2003年 10月 平和の碑建立

関連サイト:
国土地理院 1946年2月当時の写真(USA M44-A-5VV 273) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)    
ブログ内関連記事       


コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 6

鹿児島のこういち

もともと開墾して農地として頑張ってきた所なんですね。今、元の畑に戻ったのに、開発が進んでるのですね。時代は流れていくのですね。

by 鹿児島のこういち (2013-06-05 07:21) 

Takashi

飛行場とは直接関係ありませんが、埼玉県民の私には、草深(そうふけ)は読めません。
千葉って簡単に読めない地名が多いですよね。
by Takashi (2013-06-05 20:09) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■鹿児島のこういちさん
昔ながらの風景のすぐ隣にアーバンライフ。
著しい対照でした。

■Takashiさん
オイラも読めませんでした。
地名って難しいですね^^;
by とり (2013-06-06 05:41) 

多田光利

私は印旛地方航空機乗員養成所に入所したものですが、途中退所した
者でその後の同期生の消息を知りたいのですが・・・・
by 多田光利 (2015-06-18 12:55) 

とり

■多田光利さん いらっしゃいませ
生憎そうしたコネがないのですが、アテがありますので尋ねてみます。
分かっても分からなくても必ずここに結果報告致しますので、
少しお待ちくださいませ。
それから、公園に碑がありますので、‎印西市役所の都市整備課に問い合わせてみると何か分かるかもしれません。
by とり (2015-06-20 09:13) 

とり

■多田光利さん 
お待たせ致しました。
お二人の方に当たってみたのですが、残念ながら、直接のご回答をすることが出来ません。
お役にたてず申し訳ありません。
ただ、お一人の方から、
「逓信省乗員養成所や民間航空の歴史を記した書籍の収集や出版もしている『日本航空協会』なら何かツテが有るかも知れません。」
というお返事を頂きましたのでお伝え致します。
by とり (2015-06-22 21:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: