So-net無料ブログ作成
検索選択

戸次秘匿飛行場跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2012年11月 訪問 

無題3.png

大分県‎大分市‎下戸次‎にあった「戸次(へつぎ)秘匿飛行場」。

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 呉鎮守府航空基地現状表」
の中で、当飛行場について一部次のように記載がありました。

基地名:戸次 建設ノ年:1945-8 飛行場 長x幅 米:1600x80砂利敷 主要機隊数:小型機 主任務:発進 隧道竝ニ地下施設:施設アルモ数量不明

D20_0007.jpg

・A地点。

 

D20_0011.jpg

・B地点。

ふれあい広場に飛行場についての説明版とローラーが展示されています。

 

D20_0012.jpg

終戦まぎわ 飛行場建設に使われた『転圧ローラー』(一部抜粋)
 昭和二十年戦時下、軍の命令でこの戸次の地に海軍の秘密飛行場を建設することとなりました。その年五月より予科練生を始め、地域の住民などたくさんの人々を動員してこの転圧ローラーを引っ張り桑畑を均して急造の滑走路を作りました。七月末、鹿児島県鹿屋より第一七一海軍航空隊(偵察飛行部隊)が移駐し、八月に「戸次基地」より四、五回出撃があったとされています。ほどなく終戦(八月十五日)となりましたが、終戦の詔勅を聞いた後、一人の若い海軍士官がこの戸次の地で自決しています。かっての「戸次基地」を物語る唯一のものとして、戸次小学校グラウンドの隅に埋もれていた『転圧ローラー』を掘り出し展示いたします。 戸次本町街づくり推進協議会 ふるさと戸次を元気にする会


『転圧ローラー』がとりもつ縁(一部抜粋)
 転圧ローラーを引っ張った予科練生は中部地方出身の当時十六、十七歳の若者。自宅を宿舎に提供した首藤フミ子さんは、今だに彼らと交流が続いている。

昭和20年5月12日 戦時中の慌ただしい時、今日は戸次に二千余の予科練生が飛行場建設にやって来るとの事で町でも大変な出来事の様子でした。家では約三十数名のお宿を致しました。その日、突然弟の戦死の報に接し家内中頭が混乱しておりました。でも父は長男の代わりに皆さんが来られたので親切にするのだと言われ、気を引き締めました。七つ釦の若々しい元気な姿、雨降りには笑い声、楽しい歌声、二階から時折休息の様子が伺われました。約一ヶ月で鹿屋航空隊からの兵と入れ替わり皆さんとお別れしたのでした。

 

戸次秘匿飛行場跡地(画面中央にふれあい公園があります):map 


      大分県・戸次秘匿飛行場跡地      

戸次秘匿飛行場 データ

設置管理者:旧海軍
空港種別:秘匿飛行場
所在地:大分県‎大分市‎下戸次‎
座 標:N33°09′42″E131°39′51″
滑走路:1,500m×80m
磁方位:03/21
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1945年05月 二千余の予科練生が飛行場建設にやって来る
      07月 下旬、鹿屋より第一七一海軍航空隊(偵察飛行部隊)移駐
      08月 四、五回出撃の後終戦

関連サイト:
国土地理院 1947年12月当時の写真(USA M682 18) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)    
ブログ内関連記事       


コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 9

takechan

お久しぶりです。
まだまだ、いろいろあるんですね。今も残るローラーが
何ともいえない雰囲気を出してますね。
by takechan (2013-03-14 05:29) 

鹿児島のこういち

ローラーは写真で見るかんじ、石ローラーみたいですね。鋼製ではなさそう(^o^)牛馬が引くのではなく、人なんですねぇ。高校生の頃、部活で鋼製のローラーを引っ張って、校庭のグランドを均した事思い出しました(^o^)ちなみに陸上部でした(^O^)/
by 鹿児島のこういち (2013-03-14 11:33) 

tooshiba

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。m(_ _)m

淡々と「行ってきました」な記事を拝見していますが、とりさんが事前に綿密に調べてからお出かけにならないはずがありませんよね。
精度と確度の高い≒質の高い情報に絞っていらっしゃるであろう。と思えるからです。

人生always当てずっぽう、下手な鉄砲(まず当たらない)、出たとこ勝負(勝ったためしなし)の自分とは、比較させていただくのもおこがましいですが。(^_^;
by tooshiba (2013-03-14 16:15) 

an-kazu

こういうローラーが残っているって、珍しいのでは?
by an-kazu (2013-03-14 22:17) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございます。m(_ _)m

■takechanさん
お久しぶりです。
まだしつこくこんなことしてます^^;

■鹿児島のこういちさん
石ローラーですか。
オイラ走るのはてんでダメだったので陸上部とか尊敬します。。。

■tooshibaさん
そんなことないですよ~^^;
未だに大ポカやらかしますから。
オイラに言わせて頂ければtooshibaさんの様々なジャンルに渡る快刀乱麻な記事のがよっぽどすごいです。

■an-kazuさん
非常に珍しいと思います。
四月下旬にもう1つ現存するローラーをご紹介しますが、
オイラの記事的にはこれが二つ目になると思います。
by とり (2013-03-15 07:57) 

旅する野良猫

随分と重そうなコンダラですね…
by 旅する野良猫 (2013-03-23 20:48) 

とり

■旅する野良猫さん
はい。歌の通りでした(o ̄∇ ̄o)
by とり (2013-03-24 05:49) 

旅する野良猫

通勤する際に尾島のR354が秘匿飛行場だったとの話がある中島飛行場尾島工場脇を毎朝通ってます。
秘匿飛行場は工場東側の南北の道では?とふと思ったりします。
理由は無駄に太い道が工場東側に真っ直ぐ伸びてるから(工場脇は駐車場)。

昔の航空写真を見てないのでわかりませんが、太田飛行場への専用道路みたいな感じなのかな?
by 旅する野良猫 (2013-03-24 21:08) 

とり

■旅する野良猫さん
ほほう、そんな話が。。。
by とり (2013-03-26 05:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: