So-net無料ブログ作成

愛媛飛行場跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2014年06月 訪問 

無題0.png

愛媛県‎伊予郡‎松前町‎にあった「愛媛飛行場」。

データベース「えひめの記憶」というサイト内に「松山空港発展史 愛媛飛行場」という項目があり、以下の通り記されていました(下記リンク参照)。

「第二次大戦前、伊予郡松前町徳丸の重信町河川敷(通称横土手)、に愛媛飛行場という小さな民間の飛行場があった。幅六〇m、長さ一㎞。河原を地ならししただけの簡単なものだったが、航空局の認可を得た正式なものとしては県下第一号で、大正一四年一月にオープンした。同時に愛媛飛行練習所も開設された。所長兼教官が曽根定丸三等飛行機操縦士。単葉機一機(後に二機)で、主にビラまきなど商業飛行中心に活動していたが、飛行機が事故で使えなくなり、一年五か月で閉鎖された。この間教えた練習生は一人だけで、松山市の藤田武明だった。」

大正時代、重信川河川敷に僅か1年5か月で閉鎖してしまった飛行場があったのですね~。

この飛行場については情報が非常に少なくて、

重信川の河川敷にあったこと、「徳丸」にあったという事しか位置情報がありません。

河川敷という情報だけだと、右岸にあったのか、それとも左岸にあったのか絞り込めないのですが、

「徳丸」は重信川の左岸側で、しかも河川敷内で徳丸なのは非常に狭い範囲だったので、場所特定に非常に助かりました。

川の流れ方は大きく変わる事がある訳ですが、

1928年測量の地図(下記リンク参照)と、滑走路の長さが1,000mx60mという情報からすると、

おおよそこんな感じであろう。ということで描いたのが上図です。

予想で作図してますのでご了承くださいませ。

 

D20_0099.jpg

・A地点

多分この辺から滑走路が伸びていたと思うのですが。。。

お邪魔した日は良いお天気で、画面奥の河川敷で警察犬のコンテスト?が行われていました。

 

愛媛飛行場跡地 map   


      愛媛県・愛媛飛行場跡地      

河川敷で地元の方に(多分10人位)お尋ねしたのですが、オイラがお聞きした限りではここに飛行場があったことをご存知の方はおられませんでした

愛媛飛行場 データ
空港種別:民間飛行場
所在地:愛媛県‎伊予郡‎松前町‎徳丸
座 標:N33°47′42″E132°46′13″
着陸帯:1,000m×60m
磁方位:12/30
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1925年01月 開港
1926年06月? 1年5か月で閉鎖

関連サイト:
データベース「えひめの記憶」/「松山空港発展史 愛媛飛行場」      
国土地理院 1928年測量の地図(2.5万地形図 25000 116-2-3-1) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 3

ジョルノ飛曹長

この辺りは大挙として米艦載機が爆撃のため通過する場所でしたから、飛行場は必須だったんでしょうね。
by ジョルノ飛曹長 (2014-09-25 12:27) 

鹿児島のこういち

字絵図上、常時水が流れている所は国の所有地となるので、当時は民間の飛行場のあった場所には水は流れていなかったのでしょう(^O^)
鹿児島の甲突川の中にも、所有権移転がされず川の中に地番があるところがありましたよ。川が蛇行することで水没ってことでしょうが。
ちなみに敷地が川によって二つとか三つとかに分かれてしまったら、枝番がつくんですよ(^O^)
by 鹿児島のこういち (2014-09-26 09:54) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございますm(_ _)m

■ジョルノ飛曹長さん
それでこの地域は戦中飛行場だらけだったのですね。
どうもありがとうございました。

■鹿児島のこういちさん
またまた知らないお話ばかりでした。
枝番がつくなんて面白いですね~。
by とり (2014-09-27 20:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0