So-net無料ブログ作成
検索選択

父島飛行場 [├国内の空港、飛行場]

    ( 訪 問 困 難 )   

無題3.png

東京都‎小笠原村‎父島の二見湾‎にある「父島飛行場」。

前記事の「洲崎飛行場跡地」の北約2kmにあります。

前記事でも参照させて頂いた「父島洲崎の変遷について(その2):洲崎飛行場と太平洋戦争」(下記リンク参照)

によりますと、 海軍が二見湾内に水上機の基地を設け、昭和17年8月1日 海軍航空部隊(三座水偵6機)を配備しました。

上図A地点に海軍のスロープがあり、付近には格納庫もあったのだそうです。

このスロープは1990年代まで残っていて、島民のボート置き場として活用されていましたが、

岸壁の拡張工事でなくなってしまいました。

それ以前の写真地図ではスロープを確認することが出来、

1968年の地図ではスロープに「水上機発着所」と記されています(下記リンク参照)。

前記事の通り、洲崎飛行場と比較してこちらの水上機飛行場の方が配備面でも主であり、米軍からの激しい攻撃を受けました。

 

A地点はボート置場として活用されたり、岸壁工事をする等、現在は一般の港になっていますが、

B地点は海軍に使用されていた場所が現在は海上自衛隊父島分遣隊の飛行場になっていて、

水上機用のスロープとヘリポートがあります。

ここは国交省航空局に正式に「父島飛行場」として登録があり、4レターコードもあります。

US-2等飛行艇が父島に飛来する際は、上図Bのスロープを使用します。

所要時間は厚木から2時間30分。

やっぱり船とは大分違いますね。

患者の緊急搬送に使用する事がありますが、湾外は波があり、湾内は山が迫っているため、

非常に危険を伴う離着水になる場合があるそうです。

小野寺五典防衛相が今月28日に硫黄島から父島へ、米軍普天間飛行場配備のオスプレイで飛行する計画がありますが、

やっぱりここを使うんでしょうか。  

防衛研究所収蔵資料「海軍航空基地現状表 内地之部 横須賀鎮守府所管航空基地現状表(昭和二十年八月調)」
の中で、一部次のように記載がありました。

基地名:第十一父島 建設年:1938 飛行場長x幅 米:60x30コンクリート一基
 主要機隊数:小型中型1.0 主任務:作戦 掩体:施設アルモ数量不明 其ノ他記事:付近ニ日?滑台アリ

当飛行場のことを指しているのか不明なのですが、ここに記しておきます。

 

東京都・父島飛行場 map   


      東京都・父島飛行場     

父島飛行場 データ
設置管理者:旧海軍→防衛省
4レター:RJAO
空港種別:水上機用飛行場
所在地:東京都‎小笠原村‎父島‎
座 標:N27°05′23″E142°11′29″

沿革
1942年8月1日 海軍航空部隊(三座水偵6機)配備
 戦時中は激しい攻撃に曝され、大きな被害が出る
 戦後は海上自衛隊父島基地分遣隊に

関連サイト:
父島洲崎の変遷について(その2):洲崎飛行場と太平洋戦争 (pdf)   
国土地理院 1968年測量の地図(5000国土基本図 5000 14-FE-94) (「水上機発着所」、「父島分遣隊」の記載)
国土地理院 1978年12月当時の写真(CKT784 C10 9) (Aのスロープが残っている)  
国土地理院 1996年測量の地図(2.5万地形図 25000 145-2-2-6B) (Aのスロープが消えている)
(「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  


コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 5

鹿児島のこういち

オスプレイが離着陸出来そうな所は、確かにここしかなさそうですね。あとは、中学校の校庭のような気がしますが、そんなに広くはないのでは?
by 鹿児島のこういち (2014-07-25 19:52) 

an-kazu

ジパング版オスプレイ:海鳥も
飛んだところですね(*_*)☆\バキ!

http://youtu.be/Pgnp2U14EQE
by an-kazu (2014-07-25 23:29) 

とり

■鹿児島のこういちさん
校庭だとしたら、消防車が水まきに来るんでしょうか^^

■an-kazuさん
リンク先見ました。
あのシーン、父島の出来事だったんですね!
「二見湾が見えます」というセリフもありますね。
今頃気が付くという。。。d( ̄∇ ̄*)☆\(--

ちょっと調べてみました。
父島に初めて水偵が配備されたのは昭和17年8月。
そして父島に二式水戦が配備されたのは昭和19年6月。
(二式水戦の制式採用は昭和17年7月)


一方作中では、海鳥が父島に行くのは、みらいが昭和17年6月にタイムスリップ
して間もない頃ですから、本当なら父島には未だ水偵も配備されていません。
史実とは少しズレがありますね。
自衛隊員が日本海軍機により殉職する-
みらいの置かれた状況を強く印象付けるシーンのために少々変更したのでしょうね。
(並行世界のお話ですし)
by とり (2014-07-26 08:22) 

sionoiri

http://blog.livedoor.jp/ogatour/archives/39342571.html
現地の戦跡ガイドさんが撮影したMV-22の動画だそうです
by sionoiri (2014-07-28 22:07) 

とり

■sionoiriさん
前日の地形完熟飛行ですね。
どうもありがとうございました。
by とり (2014-07-29 05:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: