So-net無料ブログ作成
検索選択

豊後南(豊後秘匿、三重、大原)飛行場跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2013年10月 訪問 

無題2.png

大分県‎旧三重町(現在の豊後大野市)百枝に建設された「豊後南(豊後秘匿、三重、大原)飛行場」。

三重町駅裏の丘陵地帯で、通称大原といわれる一帯に飛行場が建設されました。

現在跡地の一部は大分県立農業大学校の耕地になっています。

「豊後秘匿飛行場」が正式名称ですが、当ブログ内では豊後のもう一方の飛行場と区別するため、

「豊後南」をトップにしてあります。

前記事の「豊後北飛行場」の南南西約6kmにあります。

この飛行場もTさんとPUTINさんのおかげで場所特定することができました。Tさん、PUTINさん、情報ありがとうございましたm(_ _)m

上図は1947年の航空写真(下記リンク参照)を参考に作りました。

周辺には如何にもな地割があったのですが、関係ありませんでした。

 

D20_0089.jpg

・A地点。

ここから奥に滑走路が伸びていたはず。

ちょっと写ってますが、この道路の左側はかなりの傾斜の下りの地形になっています。

オイラの作図に誤差があるとしても、滑走路は少なくともこの道路の右側だったはずです。

 

豊後南(豊後秘匿、三重、大原)飛行場:map  


      大分県・豊後南(豊後秘匿、三重、大原)飛行場跡地     
8月初めに完成しましたが、1機も配備されなかったのだそうです

豊後南(豊後秘匿、三重、大原)飛行場 データ
設置管理者:旧陸軍
空港種別:軍用秘匿飛行場
所在地:大分県‎豊後大野市‎三重町赤嶺‎
座 標:N32°59′17″E131°35′05″
滑走路:1,500m×60m
磁方位:08/26
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1945年4月 着工
      8月 初旬完成

関連サイト:
国土地理院 1947年11月当時の写真(USA R177 3) (■→「同意する」→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
「おおいたの戦争遺跡 要塞化された大分の全貌」
「大分県三重町誌 総集編」(651-652p「大原飛行場の建設」)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: