So-net無料ブログ作成
検索選択

梅津寺飛行場跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2014年06月 訪問 

無題3.png

愛媛県‎松山市にあった「梅津寺飛行場」。

前記事の「松山飛行場」の北北西約1.9kmにあります。

昭和4年開設の小さな水上機用の飛行場で、情報は非常に限られているのですが、

サイト:データベース「えひめの記憶」/松山空港発展史 の中で当飛行場について扱われていました(下記リンク参照)。

詳しくはそちらをご覧頂くとして、そこから短く引用させて頂きました。

 

前記事の通り、松山で水上機による旅客輸送が始まった昭和4年当初の発着場は温泉郡三津浜町広町の海岸だったのですが、

同年8月当地に移転してきました。

当梅津寺飛行場の事務所・格納庫の場所については、「梅津寺の伊予鉄道埋め立て地北隅」と説明されています。

1947年4月当時の写真(下記リンク参照)で確認すると、当地の海岸線の様子は現在に至るまでほとんど変化しておらず、

上図の通り梅津寺駅の北側は如何にもな埋め立て地になっています。

また、梅津寺飛行場については、運用当時の葉書が残っており(下記リンク参照)、

上図B地点にいかにもな格納庫が写っています。

こうして昭和4年に開設された梅津寺飛行場ですが、閉鎖時期については資料を見つけることが出来ませんでした。

当飛行場で路線を運用していた 日本航空輸送研究所は、国策会社である大日本航空株式会社の設立により、

昭和14年に業務を停止してしまうのですが、開設者の井上氏は「民間航空の鬼」、「征空野武士」と称された人物で、

政府の統合政策を強く拒否し最後まで独自の運航を続けたと記されていますので、

恐らくそれまでの約10年間使用されていたのではないかと思います。

昭和九年当時の広告によりますと、松山~大阪間の運賃は18円でした。

また使用機については、当初3~6人乗りでしたが、昭和11年には19人乗りのサザンプトン艇「きりん」号が就航し、

エアガールの空中サービスが話題になったと伝えられています。

 

D20_0109.jpg

・A地点

飛行場があった当時撮影された写真と同じアングルの写真。

当時の写真には、手前の砂浜に真っ直ぐ進んでくる水上機が写っています。

 

梅津寺飛行場跡地 map   


      愛媛県・梅津寺飛行場跡地      

梅津寺飛行場 データ

設置管理者:日本航空輸送研究所?
空港種別:水上機用飛行場
所在地:愛媛県‎松山市‎高浜町1丁目‎
座 標:N33°52′35″E132°42′17″
*座標はグーグルアースにて算出

沿革
1929年 08月 梅津寺飛行場開設
1936年 19人乗りのサザンプトン艇「きりん」号就航
1939年 10月31日 日本航空輸送研究所業務停止

関連サイト:
データベース「えひめの記憶」/松山空港発展史    
梅津寺飛行場運用当時の写真   
国土地理院 1947年4月当時の写真(USA M220 120) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

me-co

先日、突然、高校の時の修学旅行が懐かしくなり、「確か、広島からこの辺りにフェリーで着いた筈・・・」とGoogleMapをばガン見したところです。
港が比較的多い地区だな~思いましたが、飛行場もいろいろあったんですねぇ。
なんつっても四国の要所ですからね。
by me-co (2014-10-07 00:25) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございますm(_ _)m

■me-coさん
me-coさんにとって思い出の場所なのですね~。
オイラもこんなにヒコーキ関係が多い場所とは思いませんでした。
by とり (2014-10-08 18:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0