So-net無料ブログ作成

朝霞訓練場離着陸場跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2016年12月 訪問 

無題2.png
1947年7月当時の写真(USA M380 18) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

(前年の1946年の写真にはまだ滑走路らしきものは映っていないため、1947年以降滑走路があったのだと思います)


埼玉県朝霞市膝折と新座市新座市新塚にまたがる「陸上自衛隊朝霞訓練場」。

ここに「朝霞訓練場離着陸場」がありました。

実は朝霞駐屯地広報班に電話でお尋ねした際、「ここは飛行場ではありません」とご回答頂いていたのですが、

応対して下さった隊員の方は「現時点では」という意味でお答え下さったようで、

コメント欄にありますが、佐藤正孝さんから非常に詳しい内部資料を教えて頂きました。

実際には1980年代まで使用していたようです。

当記事は、「飛行場かと思ったら違ったみたい」という内容で以前アップしたのですが、

「やっぱり飛行場だった」という内容で大幅に修正致しました。

ご了承くださいませ。

DSC_0026.jpg

(敷地外からですが)一応滑走路南側


     埼玉県・朝霞訓練場離着陸場跡地      

朝霞訓練場離着陸場 データ
設置管理者: 防衛庁
空港種別:陸上飛行場
所在地:埼玉県朝霞市、新座市
座 標:N35°47′00″E139°35′57″?
標 高:40m
滑走路:350mx12m(佐藤さんより情報:L-19型機オンリーの条件付)
方 位:04/22
(標高はグーグルアースから)

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(6)  トラックバック(0) 

コメント 6

こけもも:

実は有事の際には滑走路として使うのかも・・・。
by こけもも: (2016-06-10 22:00) 

an-kazu

りっくんランドのイベント(じゃなくても)時に
聞いてみたらいかが?

振武臺記念館に資料室があるので・・・
と思ったのですが、しばらく見学できないようです。


by an-kazu (2016-06-11 08:38) 

佐藤正孝

ご無沙汰しています。朝霞訓練場の観閲道ですが、当初は滑走路として造られたようです。陸上自衛隊航空部隊内部機関誌「航空と安全」の昭和62年(1987年)5月号に掲載していて、そこに書かれている諸元では滑走路長350m幅15m、方位18/36となっています。ちなみに防衛庁(当時)が昭和55年(1980年)1月に発行した航空路図誌・低高度版には駐屯地内に存在したと思われる滑走路が載っていました。諸元は北緯35度47分00秒、東経139度35分57秒。長さ1148ft幅39ft。方位04/22。L-19型機オンリーの条件付きです。同誌昭和63年(1988年)7月発行版には出ていません。ちなみにL-19型機は1986年に退役しています。以上のことから1980年半ばごろに目的替えとなったのではないでしょうか。では。
by 佐藤正孝 (2016-06-12 11:23) 

佐藤正孝

先ほど書きましたことで訂正と削除をします。改めて写真や地図をチェックしたところ駐屯地内に滑走路の存在は見られませんでした。そして「航空と安全」に書かれていた方位18/36ですが、見た目の進入方向なのかもしれません。方位を測定し直すを04/22が妥当と思われます。航空路図誌は実際にパイロットが使用するものなので、そのデータに偽りはないでしょう。先に検証すべきことをせず、すみませんでした。

by 佐藤正孝 (2016-06-12 13:38) 

me-co

実は、この周辺に関係先がありまして(汗)少し知ってる場所なので、「(@@;え~っ!滑走路があったの?」と驚いた次第ですが、否定されちまったのですね。
でも、「現状でどうなのか?」に固って回答しているような気がしますね。
「少し知ってる場所」ということもあり、興味持ったんでウィキ見たら・・・「旧…離着陸場」ってありますよ。
by me-co (2016-06-12 22:23) 

とり

皆様 コメントありがとうございますm(_ _)m

■こけもも:さん
レス遅れてスミマセン。
>有事の際
それはあり得ますね~。

■an-kazuさん
イベント時に中に入ってこういう非常にマニアックな質問をするやり方は様々なサイトでお見かけするのですが、
即答できる方にお会いできるかどうかはタイミング次第のようです。
ということで、陸上自衛隊広報センター(りっくんランド)にメールしてみたのでした。
それでも佐藤さんからのコメントで非常に具体的な内部資料を教えて頂いたので、
再度お尋ねしてみようと思います。
>振武臺記念館に資料室
ここで調べたら一発なんでしょうけどね~。
(1980年台も扱っているかは不明ですけど)

■佐藤正孝さん
こちらこそご無沙汰しております。
丁寧なコメントありがとうございます。
教えて頂いた緯度経度情報ですが、経度の秒の部分だけ57でなく15なら、
バッチリ「観閲道」の位置なんですけどね~。
この部分だけ誤記ということはないのかしらん。
「標点は必ずしも滑走路の位置とは限らない」とはいえ、これはちょっとズレ過ぎな気が。。。
自衛隊内部情報を頂きましたので、後日改めて問い合わせをしてみます。
非常に貴重な情報をありがとうございましたm(_ _)m
それから、以前コメント頂いていた洲崎の埋立地、先週の水曜日にやっとお邪魔して来ました^^

■me-coさん
おお、関係先がありますか。
実はオイラもここの官舎内に仕事で月一ペースでお邪魔しております。
>ウィキ
本当だ!
なんかもう元・離着陸場で間違いない感じですね!
佐藤さんのコメントも合わせて、「現状でどうなのか?」に固っての回答のように思えてきました。
by とり (2016-06-13 21:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0