So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカ・ベセル空港 [├海外の空港、飛行場]


アラスカ州べセルにある「ベセル空港」。

非常に短い滑走路を含む3本の滑走路が独特な配置の空港です。

1941年9月21日に建設が始まり、1942年7月4日に飛行場が発足しました。

当初は米軍の航空輸送指令(ATC)の補助飛行場として使用されていました。

その後1958年にアラスカ政府に引き渡しが行われ、公共用空港になりました。

2015年の統計では、運航数:122,000、当空港を定置場としている航空機:112 でした。


     アメリカ・ベセル空港      

ベセル空港 データ
設置管理者:State of Alaska DOT&PF - Central Region
空港種別:Public
3レター:BET
4レター:PABE
標 高:129 ft / 39 m
標 点:60°46′43″N 161°50′14″W
滑走路:(磁方位、長さ フィート、メートル、表面)
01L/19R    6,400    1,951     Asphalt
01R/19L    4,000    1,219     Asphalt
12/30       1,858       566     Asphalt/Gravel

関連サイト:
Wiki/Bethel Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー