So-net無料ブログ作成

アメリカ・マジックバレーリージョナル空港 [├海外の空港、飛行場]


アイダホ州ツインフォールにある「マジックバレーリージョナル空港」。

2,653mと983m、二本の滑走路を有する空港です。

空港のサイト自体はわりと充実しているのですが、独立した空港公式サイトは存在しないようで、

ツインフォール市公式サイト内に空港のページがあります。

(この時はまだ(空港は専用サイトを持つのが当たり前)と思っていた)


     アメリカ・マジックバレーリージョナル空港       

マジックバレーリージョナル空港  データ
設置管理者:City & County of Twin Falls
空港種別:Public
3レター:TWF
4レター:KTWF
標 高:4,154 ft / 1,266 m
標 点:42°28′54″N 114°29′16″W
滑走路:
8,703ft(08/26)      Asphalt
3,224ft(12/30)      Asphalt

関連サイト:
City of TWIN FALLS/Airport  
Wiki/Magic Valley Regional Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1月・高萩飛行場跡地へ。 [■旅行記]


1947年の航空写真で、高萩飛行場の格納庫、格納庫前のコンクリ舗装面がクッキリと写っているため、

きっちり測ってグーグルマップに作図してみました。

先入観に惑わされないように、グーグルの地図上に線を引き、完成したところで航空写真モードに切り替えてみると…

7組ある格納庫とコンクリ舗装面のうち、4番目と5番目の地割の一部が完全に一致したのでした(@Д@)オオ

ここは自宅から30分程の所なので、行こうと思えばいつでもサッと行けるんですが、

方向的に普段向かわない場所なこともあって、なんとなくズルズルと先延ばししてしまい、

1月下旬にやっと(いろいろ用事を済ませつつ途中で)、現地にお邪魔してきたのでした。

新たに記事は作らず、過去記事「旧陸軍高萩飛行場跡地」に追記の形でまとめましたので、

興味のある方はご覧くださいませ   

DSC_0012.jpg

いいお天気でした☆

 

(おわり)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アメリカ・ポカテッロリージョナル空港 [├海外の空港、飛行場]


アイダホ州ポカテッロにある「ポカテッロリージョナル空港」。

第二次大戦時、陸軍飛行場だったものを使用している空港です。

二本の滑走路と、滑走路と見紛う誘導路一本で巨大な三角形を形成しており、

空港諸施設は三角形の外側にあります。

一辺の長さ2~3kmの三角形の内側はほとんど使用せず、ただ平地が広がるだけ。

そして周辺に広がる無数の緑丸。

日本ではおよそ考えられない土地の使い方ですね~。

 

公式サイトによれば、

乗客は、月曜日から金曜日の朝、正午便(祝日を除く)の保安検査場内で、

トレジャー・バレーのコーヒー無料サービスが受けられます。

更に、無料WiFi、無料靴磨きスタンド、ウォーターステーション、無料貸出図書館までそろっており、

主要旅行ウェブサイトで2015年に6番目に優れた空港に選ばれたのだそうです。

まあ、快適!


     アメリカ・ポカテッロリージョナル空港      

ポカテッロリージョナル空港 データ
設置管理者:City of Pocatello
空港種別:Public
3レター:PIH
4レター:KPIH
標 高:4,452 ft / 1,357 m
標 点:42°54′35″N 112°35′45″W
滑走路:
9,060ft(03/21)   Asphalt
7,150ft(17/35)   Asphalt

沿革
1943年 空軍爆撃機(B-17、B-24)訓練基地として建設
1949年 ポカテッロ市、空港建設のため取得

関連サイト:
公式サイト  
Wiki/Pocatello Regional Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アメリカ・マウンテンホーム空軍基地 [├海外の空港、飛行場]


アイダホ州マウンテンホームにある「マウンテンホーム空軍基地」。

4,117mという非常に長い滑走路を擁しています。

2016年1月現在のグーグルマップには、エプロンに9機のF-15が映っている他、

6機収容(と思われる)の細長いシェルターが9棟あります(@Д@)

1943年8月開設され、空軍の訓練基地となり、

1945年8月の日本降伏により、任務変更となりました。


     アメリカ・マウンテンホーム空軍基地       

マウンテンホーム空軍基地  データ
設置管理者:United States Air Force
空港種別:空軍飛行場
3レター:MUO
4レター:KMUO
標 高:2,996 ft / 913 m
標 点:43°02′37″N 115°52′21″W
滑走路:
13,508ft(12/30)   Asphalt concrete

沿革
1942年 11月 着工
1943年 8月7日 開設

関連サイト:
Wiki/Mountain Home Air Force Base  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アメリカ・アイダホフォールズリージョナル空港 [├海外の空港、飛行場]


アイダホ州アイダホフォールズにある「アイダホフォールズリージョナル空港」。

アイダホ州では前記事の「ボイジー空港」に続き、2番目に忙しい空港です。

ロッキー山脈の麓(という表現でいいのか知りませんけど)にある標高の非常に高い空港です。

日本で最も標高の高い空港は、長野県の松本空港(657.5m)なのですが、

当空港の標高はナント1,446 mもあります(XДX)

松本空港の標高でも、離陸に制限が付き運用にいろいろ苦労があるのですが。。。

空港東側には、広い庭付きの住宅が整然と、まるでゲーム画面のように広がっています。

これがアメリカの「住宅街」なんですかね~。


     アイダホフォールズリージョナル空港       

アイダホフォールズリージョナル空港  データ
設置管理者:City of Idaho Falls
空港種別:Public
3レター:IDA
4レター:KIDA
標 高:4,744 ft / 1,446 m
標 点:43°30′49″N 112°04′15″W
滑走路:
9,002ft(02/20)    Asphalt
4,051ft(17/35)    Asphalt

関連サイト:
公式サイト  
Wiki/Idaho Falls Regional Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アメリカ・ボイシ空港 [├海外の空港、飛行場]


アイダホ州ボイシの「ボイシ空港」。

軍民共用空港で、アイダホ州にある他のすべての空港より多くの利用客があるのだそうです。

米国森林局の空中消防用エアタンカーの拠点でもあります。

1938年当時、ボイジー空港の8,800ft(2,682m)滑走路は全米最長のものでした。

第二次世界大戦中は、B-17、B-24爆撃機の訓練基地となった空港でもあります。


・訓練用B727-100(N275FE)について

RWY28Lの南東約3kmに滑走路らしきものがあり(Wikiによれば、空港の第三滑走路)、

滑走路東側エンドにエンジンのついていない奇妙な旅客機が映っています。

フェデックス寄贈のB727で、様々な機関により訓練用に使用されているのだそうです。


     アメリカ・ボイシ空港       

ボイシ空港  データ
設置管理者:City of Boise
空港種別:Public
3レター:BOI
4レター:KBOI
標 高:2,871 ft / 875 m
標 点:43°33′52″N 116°13′22″W
滑走路:
10,000(10L/28R)    Asphalt
 9,763(10R/28L)     Asphalt

沿革
1926年 現ボイジー州立大学キャンパスに初の市営空港建設
1936年 現在の場所に空港用地購入

関連サイト:
公式サイト  
Wiki/Boise Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アメリカ・レウィストン・ネッズパースカウンティ空港 [├海外の空港、飛行場]


アイダホ州レウィストンにある「レウィストン・ネッズパースカウンティ空港」。

約2,000mと1,500m、二本の角度の異なる滑走路がクロスせずに設置されています。

流石アメリカ。

公式サイトトップページには、

「高度が低く乾燥した気候のため気象条件に恵まれており、

2013年にアメリカ全空港の中で第2位のオンタイム記録を出した」

とありました。

Wikiによれば当空港の標高は440mで、これを「低い」と言って良いのかどうか、個人的には微妙な気がするのですが、

周辺空港との相対的な標高なのかもしれません。

同HPでは、「1944年の設立以来」とあり、歴史ある空港のようです。


     アメリカ・レウィストン・ネッズパースカウンティ空港       

レウィストン・ネッズパースカウンティ空港  データ
設置管理者:City of Lewiston &Nez Perce County
空港種別:Public
3レター:LWS
4レター:KLWS
標 高:1,442 ft / 440 m
標 点:46°22′28″N 117°00′55″W
滑走路:
6,511ft(08/26)  Asphalt
5,002ft(12/30)  Asphalt

沿革
1944年 設立

関連サイト:
公式サイト  
Wiki/Lewiston–Nez Perce County Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アメリカ・ウォータールーリージョナル空港 [├海外の空港、飛行場]


アイオワ州ウォータールーにある「ウォータールーリージョナル空港」。

約2,500m~1,600mの3本の滑走路、誘導路、ターミナルが非常に独特な配置の空港です。

公式サイトHPには、「アメリカン航空のシカゴ発着便を毎日2回運航しています」とあり、

定期便はこれだけのようです。

3本の立派な滑走路を有する空港としては非常に意外な気がします。

HPでは続けて、当空港はアクセスが簡単で、安全性が高く、快適な乗客待機エリアを提供していることが記されています。

「物は言いよう」のような気もしますが。。。

オイラはローカルな雰囲気大好きですけどね。


     アメリカ・ウォータールーリージョナル空港      

ウォータールーリージョナル空港 データ
設置管理者:City of Waterloo
空港種別:Public
3レター:ALO
4レター:KALO
標 高:873 ft / 266 m
標 点:42°33′25″N 092°24′01″W
滑走路:
8,400ft(12/30)   Asphalt
6,002ft(18/36)   Asphalt
5,403ft(06/24)   Asphalt

関連サイト:
公式サイト  
Wiki/Waterloo Regional Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アメリカ・スーゲートウェイ空港コロネル・バッド・デイ・フィールド [├海外の空港、飛行場]


アイオワ州スーシティにある「スーゲートウェイ空港コロネル・バッド・デイ・フィールド」。

軍民共用の空港です。

2017年1月現在、グーグルマップには、

KC-135(フライングブームの影が見えてる)が2機、駐機しているのが映ってます。

Wiki/Sioux Gateway Airport の History によれば、

「スーシティ軍基地の建設は、1942年3月、日本の真珠湾攻撃の約3カ月後に始まった。ここはB-24、B-17の乗組員のための主要な訓練センターになった。」

とあります。

両機は太平洋戦線で使用されましたから、Wkiki英語版がわざわざ真珠湾に触れている通り、

対日開戦が建設の発端になった空港なのかもしれません。

戦後は一旦閉鎖されたものの、空軍準備基地として使用されたと説明があります。

ただ、いつから民間機も乗り入れるようになったのか、「スーゲートウェイ空港」の後に続く「コロネル・バッド・デイ・フィールド」

とは一体何なのか、ナゾな空港です。


     スーゲートウェイ空港コロネル・バッド・デイ・フィールド       

スーゲートウェイ空港コロネル・バッド・デイ・フィールド  データ
設置管理者:Sioux Gateway Airport Authority
空港種別:Public
3レター:SUX
4レター:KSUX
標 高:1,098 ft / 335 m
標 点:42°24′09″N 096°23′04″W
滑走路:
9,002(13/31)   Concrete
6,600(17/35)   Asphalt

沿革
1942年 3月 スーシティ軍基地着工
1942年 7月5日 完成
1945年 12月スーシティ軍基地閉鎖
1946年 9月 空軍準備基地として開設

関連サイト:
公式サイト  
Wiki/Sioux Gateway Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アメリカ・メーソンシティ市営空港 [├海外の空港、飛行場]


アイオワ州メーソンシティにある「メーソンシティ市営空港」。

約2,000m、1,700m 2本の滑走路を有する市営空港です。

沿革にもまとめましたが、当空港は1945年3月に供用開始しました。

一方その頃日本では。。。

1945年に市で立派な空港作っちゃうんだからすごいですね。。。


     アメリカ・メーソンシティ市営空港       

メーソンシティ市営空港  データ
設置管理者:City of Mason City
空港種別:Public
3レター:MCW
4レター:KMCW
標 高:1,214 ft / 370 m
標 点:43°09′28″N 093°19′52″W
滑走路:
6,501ft(18/36)   Asphalt
5,502ft(12/30)   Asphalt

沿革
1942年 2月2日 メーソン市、新規空港建設を決議
1945年 3月29日 供用開始

関連サイト:
公式サイト  
Wiki/Mason City Municipal Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー