So-net無料ブログ作成
検索選択

とり日記 [■ブログ]

ヒコーキとは関係のない記事を別のブログにまとめることにしました。

空港探索系の忘備録も兼ね、日記みたいになる予定です。

ハッ! これが本来のブログの使い方なのかも!Σ(゚Д゚;) 

他の方が見て面白いとは思えませんが、まあこんなことやってますよ。ということで。

サイドバーの「読んでるブログ(RSS)」に入れときますので、よかったら覗いてやってくださいm(_ _)m

無題3a.png

プロフィール画像にしようかと思ったけど、スキンと合わないのでボツになったおにぎり。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奈良航空教育隊跡地 [├国内の空港、飛行場]

   2015年10月 訪問 

無題1.png
1946年10月当時の写真(USA M275-A-8 20) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

無題5.png
1949年1月当時の写真(USA R548-No2 14) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 

奈良県奈良市にあった「奈良航空教育隊」。

昭和19年4月、奈良歩兵聯隊練兵場に代わり、岐阜陸軍航空整備學校奈良教育隊(後に「奈良航空教育隊」)が設置されました。

練兵場は整備訓練場となり格納庫、整備工場、駐機場になり、滑走路が設置されました。

戦後は接収され、滑走路を延長して連絡機用に使用されたのだそうです。

1番目の写真(1946年)と比べると、2番目の写真(1949年)では、滑走路東端が延長しているのが分かります。

写真の通りに作図したのが上のグーグルマップなのですが、この通りだとすると、

日本軍当時の滑走路の長さ:370m。接収延長時:480m です。

 

「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、

添上農學校滑空部、奈良中學校グライダー部、奈良縣立郡山中學校航空部、正氣書院商業滑空部(当時)が、

当練兵場を滑空場として使用していたとありました。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんありがとうございましたm(_ _)m

余談ですが、学校の滑空部、グライダー部が練兵場を使用していたのが昭和15年、航空教育隊になったのが昭和19年ですから、

昭和15年当時には滑走路はなく、練兵場の広々としたスペースを使用していたはずです。

学校の滑空部が何年まで当地で滑空訓練を実施していたか不明なのですが、

この滑走路を使用する事はあったのでしょうか。

 

D20_0024.jpg

滑走路だった道路。

滑走路だった当時はもう少し太くて、画面左側も滑走路だったはず。


      奈良県・奈良航空教育隊跡地     

奈良奈良航空教育隊 データ

設置管理者:旧陸軍
空港種別:陸上飛行場
所在地:奈良県奈良市東紀寺町1丁目
座 標:N34°40′15″E135°50′13″
標 高:97m
着陸帯:370mx20m→480mx20m?
(座標、標高、滑走路長さはグーグルアースから)

沿革
1940年 10月現在 添上農學校、奈良中學校、奈良縣立郡山中學校、正氣書院商業が滑空訓練実施
1944年 4月、岐阜陸軍航空整備學校奈良教育隊(奈良航空教育隊)設置
1945年 終戦。戦後接収を受け、連絡機用に滑走路延長

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奈良県・奈良県立畝傍高等学校 [├場所]

  2015年10月 訪問 

無題.png
1947年10月当時の写真(USA R513-1 22) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 

奈良県橿原市にある「奈良県立畝傍高等学校」。

「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、

畝傍中學校(当時)に滑空部があり、校庭を滑空場として使用していたとありました。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんありがとうございましたm(_ _)m

 

D20_0021.jpg

校舎、校庭のレイアウトは当時と全く変わっていないようです。

 


      奈良県・奈良県立畝傍高等学校     

奈良県立畝傍高等学校 データ

空港種別:滑空訓練場
所在地:奈良県橿原市八木町3丁目
座 標:N34°30′35″E135°47′58″
標 高:63m
着陸帯:180m×90m
(座標、標高、着陸帯長さはグーグルアースから)

沿革
1945年10月現在 校庭にて滑空訓練実施

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奈良県・美吉野運動場跡地 [├場所]

  2015年10月 訪問 

無題4.png
1947年11月当時の写真(USA M661-1 182) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

奈良吉野郡吉野町上市。

現在はソーラーパネルや材木が並び、小学校もある場所ですが、かつてここは「美吉野運動場」でした。

「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、

吉野工業學校(当時)に滑空部があり、美吉野運動場を滑空場として使用していたとありました。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんありがとうございましたm(_ _)m 

 

D20_0016.jpg

大まかですが美吉野運動場はこちら側から順にトラック野球場、相撲場に使われていました。

滑空訓練は多分こちら側が使われていたような。。。


      奈良県・美吉野運動場跡地     

美吉野運動場 データ

空港種別:滑空訓練場
所在地:奈良県吉野郡吉野町上市
座 標:N34°23′31″E135°51′12″
標 高:157m
着陸帯:630m×190m?
(座標、標高、着陸帯長さはグーグルアースから)

沿革
1945年10月現在 美吉野運動場にて滑空訓練実施

関連サイト:
ブログ内関連記事
       


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大阪府・大阪府立鳳高等学校 [├場所]

  2015年10月 訪問 

無題1.png

1956年3月当時の写真(USA M342-2 98) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 

大阪府堺市にある「大阪府立鳳高等学校」。

「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、

鳳中學校(当時)に校友會滑空部があり、校庭を滑空場として使用していたとありました。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんありがとうございましたm(_ _)m

D20_0013.jpg

現在は校地の北側に校舎がありますが、1956年の航空写真では南側に校舎が並び、

校地真ん中が校庭になっていたようです。


      大阪府・大阪府立鳳高等学校     
信太山練兵場も使用していました

大阪府立鳳高等学校 データ
空港種別:滑空訓練場
所在地:大阪府堺市西区原田
座 標:N34°31′00″E135°27′32″
標 高:26m
着陸帯:130m×100m
(座標、標高、着陸帯長さはグーグルアースから)

沿革
1945年10月現在 校庭にて滑空訓練実施

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大阪府・陸軍航空廠跡地 [├場所]

  2015年10月、2016年6月 訪問 

無題0.png
1948年2月当時の写真(USA M18-1 97) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 

大阪府八尾市。八尾空港のすぐ西側に「陸軍航空廠」がありました。

 

D20_0186.jpg

格納庫基礎が残っています。

 

D20_0187.jpg

 

D20_0002.jpg

駐機場跡

八尾南駅に上がる階段のところから、航空廠の駐機場が見下ろせます。

1948年の航空写真で見ると、滑走路端ターニングパッドからここまで誘導路で結ばれているのが確認できます。

 

D20_0004.jpg

奥に格納庫基礎が見えます。

 

D20_0006.jpg

 

2016/9/3追記:なかよし公園(西木の本二丁目公園)の碑を追記しました。

DSC_0138.jpg

DSC_0132.jpg

DSC_0136.jpg

旧陸軍大阪航空廠 通用門の門柱(全文)
 もとは北側の市道交差点にありましたが、道路拡張に伴い、通行に危険なため、平成17(2005)年5月に取りのぞかれることとなり、二本の門柱のうち西側の一部が、保存されることになりました。この門柱には、「通用門」と彫られた大理石がはめこまれています。大阪航空廠は、昭和15(1940)年に、軍事用の飛行機の組み立てや修理、整備などを行う施設として、建設されました。現在の八尾空港は、太平洋戦争中は、大正飛行場とよばれる軍用の飛行場でした。その西側の八尾市西木の本から大阪市平野区長吉の一帯が大阪航空廠で、約二千人の人々が働いていました。その中には、軍人や技師だけではなく、近くの村から集められた人々や、大正校区の生徒・児童たちも働いていたといわれています。戦争中の人々のくらしを後世に伝える、八尾市内の数少ない遺産の一つとして貴重です。 平成17年6月 八尾市教育委員会 文化財課


      大阪府・陸軍航空廠跡地     

陸軍航空廠 データ

設置管理者:旧陸軍
所在地:大阪府八尾市若林町
座 標:N34°35′53″E135°34′54″
標 高:10m
(座標、標高はグーグルアースから)

沿革
1941年 8月 大阪陸軍航空支廠発足
1942年 10月 大阪陸軍航空廠に昇格
1944年 10月 大阪陸軍航空補給廠を廠内に設置

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! [■ブログ]

nice! を外すことにしました。

曽根風呂やっておられる方でしたら、

nice! のメリット・デメリットについていろいろ思うところがおありだと思います。

nice! は外しますが、オイラはnice! そのものを否定するつもりはありません。

年末からずっといろいろと考えて、悩んだ末の決定です。

今までnice! を下さった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m 

 

(nice! の外し方はApertureのTakashiさんに手取り足取り教えて頂きました)


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大阪府・桃山学院中学校・高等学校 [├場所]

  2015年10月 訪問 

無題5.png
1947年5月当時の写真(USA M289 65) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 

大阪府大阪市阿倍野区にある「桃山学院中学校・高等学校」。

「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、

大阪桃山中學校(当時)にグライダー部があり、校庭を滑空場として使用していたとありました。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんありがとうございましたm(_ _)m

 

D20_0183.jpg

撮影地点より


      大阪府・桃山学院中学校・高等学校     

桃山学院中学校・高等学校 データ

空港種別:滑空訓練場
所在地:大阪府大阪市阿倍野区昭和町3丁目
座 標:N34°37′44″E135°31′02″
標 高:8m
着陸帯:170m×180m
(座標、標高、着陸帯長さはグーグルアースから)

沿革
1945年10月現在 校庭にて滑空訓練実施

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大阪府・大阪府立住吉高等学校 [├場所]

  2015年10月 訪問 

無題3.png
1948年2月当時の写真(USA M18-1 146) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成) 

大阪府大阪市阿倍野区にある「大阪府立住吉高等学校」。

「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、

住吉中學校(当時)に滑空部があり、校庭を滑空場として使用していたとありました。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんありがとうございましたm(_ _)m 

 

D20_0179.jpg

撮影地点


      大阪府・大阪府立住吉高等学校     
滑空訓練に淀川滑空場も使用していました

大阪府立住吉高等学校 データ
空港種別:滑空訓練場
所在地:大阪府大阪市阿倍野区北畠
座 標:N34°37′38″E135°30′14″
標 高:13m
着陸帯:150m×55m
(座標、標高、着陸帯長さはグーグルアースから)

沿革
1945年10月現在 校庭にて滑空訓練実施

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大阪府・府立生野高等学校跡地 [├場所]

  2015年10月 訪問 

無題2.png
1964年6月当時の写真(MKK643X C8 8) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック。) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

大阪府大阪市生野区

1921年~1969年までここに「府立生野高等学校」がありました。

「航空年鑑昭和15年」大日本飛行協会編(昭和16年発行)「學校グライダー部一覽」(昭和15年10月現在)の中で、

生野中學校(当時)に滑空部があり、校庭を滑空場として使用していたとありました。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんありがとうございましたm(_ _)m

貼り付けてあるのは、「可能な限り滑空訓練に使用していたのに近い年の写真」ということで1947年のものなのですが、

1964年撮影のより鮮明な航空写真(MKK643X C8 8)もあり(若干建物の位置が違うのですが)、

そちらも参考にしつつ校庭部分を囲ってみました。

こんな感じだったとすると、110m×100m程度の広さです。

 

D20_0175.jpg

撮影地点。当時校庭だった辺り。


      大阪府・府立生野高等学校跡地     

府立生野高等学校跡地 データ

空港種別:滑空訓練場
所在地:大阪府大阪市生野区生野東4丁目
座 標:N34°38′49″E135°32′01″
標 高:10m
着陸帯:110m×100m
(座標、標高、着陸帯長さはグーグルアースから)

沿革
1945年10月現在 校庭にて滑空訓練実施

関連サイト:
ブログ内関連記事       


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー