So-net無料ブログ作成

中部・1 [■旅行記]

無題.png

①自宅→②陸軍少年飛行兵学校跡地→③国立飛行場跡地→④厚木飛行場臨時滑走路→⑤十国峠滑空場跡地→⑥沼津水上飛行場跡地→⑦下田水上飛行場跡地→⑧道の駅富士(車中泊)

 

7月某日、名古屋に嫁いだ妹とメールしてたら、「ビアガーデンに来ない?」と誘われたのでした。

互いの予定が合う日を決め、まだ梅雨真っ最中だけど週間予報チェックしたら、行程中曇りベースなので、

ついでに中部の飛行場跡地を回ることに(本当は今年行く予定じゃなかったけど)。

妹夫婦の所に行くと聞いた父からは、大酒呑み夫婦のためにビール券を、母からは夏みかんを持っていくよう言付かりました。

夏みかんは途中で仕入れるとして、出発前日の仕事中にビール券売ってそうな店に何件か飛び込んだのですが、入手できず。。。

オイラもなかなか埼玉に帰ってこない妹へのお土産に、前日くらづくりに寄ろうと思っていたのですが、時間がなく、

名古屋にはないだろうとシャトレーゼでお土産を買ったのでした。

後で調べたら、シャトレーゼは北海道から鹿児島まで全国規模で、愛知県内にもたくさんあるんですねΣ(゚Д゚;) 

てっきり首都圏だけの店舗展開かと思ってた。

 

6:55 出発。風呂掃除したり草取りしてたら出発遅れた(XДX)

自宅最寄りのスタンドで給油して出発。

 

D20_0048.jpg

静岡県の十国峠山頂。

山頂に滑空場があった。との情報で、ケーブルカーに乗って山頂へ。

おお、左の方に富士山の絶景が見えるのか!

早速移動 =(⊃゜Д゜)⊃

 

D20_0049.jpg

富士山どーん!

…のはずが、結構な勢いで雨が降っていて、しかもガスってました。残念(;´Д⊂)

道理で行も帰りもケーブルカーの客オイラ一人のはずだよ。。。 _| ̄|○ il||li

こんな日に普通登らないよな~。

結局本日は傘の手放せない1日ですた。

 

D20_0045.jpg

(悪天候の)十国峠駅。

売店では何も買わず、そのまま下界に下りました。

 

D20_0065.jpgD20_0064.jpg

18:00 静岡県下田市で本日最後の見学終了。

本日の夕食。

ご当地限定丼。確か「釜揚げシラス丼」とかだったような。。。

磯の香ただよう下田市の7-11で購入。

フラッシュ焚いたのと焚いてないの、どっちか美味しそうな方を載せようと思ったのですが、

よく分からないのでどっちも載せときます。

次の目的地である清水市に向かい、途中の「道の駅・富士」にて車中泊。

ここは「富士(田子浦)飛行場」の跡地。

21:05 寝る。

おやすみなさい。

 

(続きます)

本日の走行距離:346km


7,000,000pv ありがとうございます! [■ブログ]

おかげさまで、7,000,000pv です。

本当にありがとうございます。

今後も相変わらずの内容ですが、どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m 

とり。

 

次から中部強化月間で、しばらくの間、月、水、金の更新となります。


千葉県・松戸駐屯地のC-1 [├場所]

  2015年6月 訪問 

無題.png

千葉県の松戸駐屯地。

このすぐ西側には、2012年7月に「松戸飛行場跡地」 見学でお邪魔していたのですが、

マリオ・デ・ニ-ロのスモ-ク・オン!のマリオ師匠から、

「ここの駐屯地にはC-1輸送機の開発時に、強度試験機として試作された機体が屋外展示されている」

と教えて頂き、今回再訪問したのでした。マリオ師匠どうもありがとうございましたm(_ _)m  

上の図のオレンジが機体展示位置です。

 

D20_0051.jpg

 

D20_0053.jpg

訓練台として使用されているのだそうで、屋外展示でもあり、屋外設置でもあるのかもしれません。

 

千葉県・松戸駐屯地のC-1 map   


      千葉県・松戸駐屯地のC-1     

松戸駐屯地のC-1 データ

所在地:松戸駐屯地内
座 標:N35°47′00″E139°58′34″
*座標はグーグルアースにて算出

関連サイト:
ブログ内関連記事       


千葉県・千葉県立佐倉高等学校 [├場所]

  2015年6月 訪問 

D20_0044.jpg

千葉県佐倉市にある「千葉県立佐倉高等学校」。

昭和十五年、当時の佐倉中學校滑空部が校庭でグライダー訓練を行っていたという記録があります。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんどうもありがとうございましたm(_ _)m 

上の写真は、当時も校庭だった北西側から撮らせて頂きました。

 

千葉県立佐倉高等学校 map   


      千葉県・千葉県立佐倉高等学校     

千葉県立佐倉高等学校 データ

所在地:千葉県佐倉市鍋山町94
座 標:N35°43′27″E140°14′11″
標 高:28m
着陸帯:150m×100m(当時・最大)
*座標、標高、着陸帯長さはグーグルアースにて算出

関連サイト:
国土地理院 1948年9月当時の写真(USA R1828 71) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       


御宿と銚子のVOR廃止 [├雑談]

無題61.png

an-kazuさんのコメントをヒントに flightradar24 の画面を切り取ってみました。

上図は10月13日(火)。時刻は19時頃の画面です。

着陸寸前のスターフライヤーの航跡を表示しているのですが、

まるでその航跡をなぞるかのようにたくさんの機影が連なっています。

西からの羽田着陸便はおおよそこんな感じのルートを辿ってました。

御宿VOR運用の頃なら、おおよそオレンジの軌跡になるはずなのですが、

この遠回りが無くなった分だけ飛行時間、燃料の節約になっています。

 

無題88.png

一方こちらは成田空港への着陸の様子です。

日付は10月14日(水)。時刻は6:02 ヤンゴンから飛来した成田到着便の航跡。

当日の成田到着1番機です。

成田は6時以前に着陸できないため、途中でぐるりと1周して時間の調整をしてます^^; 

確か2番機だったと思うのですが、こちらも小さな円を描いてました。

場合によってはこれが2周、3周になることもあります。

3番機だったか4番機だったか、東側から来てこの列の流れに乗ったヒコーキも、円こそ描かないものの、

とっても不自然な飛び方をしてました。

24時間空港ならこんなことせずにスムーズに着陸できるんですけどね~。

御宿と同じくこちらも銚子VORが廃止となったため、これを無視したルートになっています。

 

0606.png

上の画面から4分後。6:06 の画面。

6時の開港に合わせてキレイに列になって着陸していく様子がよく分かりますね。

なんか先頭の1機だけ右側にズレてますが、これはBラン着陸のためです。


千葉県・御宿VORTAC [├場所]

  2015年6月 訪問 

無題0.png

そのスジの方にとっては分かり切った話で恐縮ですが、北は北海道、東北から。そして西は関西、九州から。

羽田空港に着陸するヒコーキはそれぞれの場所から一直線に羽田に進路をとるのではなく、基本的には

きちんと決められたルートに乗り、そして一旦千葉県の御宿で一点に集約され、一本の束になって羽田に向かっていました。

羽田を目指す全てのヒコーキが、一旦その手前の御宿に向かい、ここの上空で旋回して一列になり羽田に向かう-

千葉県御宿といえば、健全な一般人は「月の砂漠」を連想するでしょうが、

「御宿」とは一部の特殊な人たちにとって、そういう特別な場所だったのでした。

 

無題9.png

御宿の小さな山の上にある、ここまでの方位を知ることが出来るVOR(下の丸い大きいの)と、

距離と方位を知ることが出来るTACAN(上の白い丸いの)。

二つあるのでこれまで「御宿VORTAC(ぼるたんじゃなくてボルタック)」だったのですが、

今年3月で下の丸い大きいのが運用停止となってしまい、TACANのみの運用となりました。

全国から羽田に飛来するヒコーキが必ず通過した(例外もあるけど)超重要な場所がこんなことになるとは!

これまで長い間ヒコーキの多くはこうした地上の支援装置によって目的地まで飛んでいたのですが、

維持にコストのかかる航空保安施設(いわゆる地上無線局)ではなく、

RNAVやGPSといった別のやり方に航法がどんどん移行しつつあります。

以前当ブログで記事にした「銚子VORTAC」 も、成田便には絶対に欠かせないポイントだったのですが、

同じく今年3月で廃止になってしまいました。

 

D20_0041.jpg

地図で見る限り、これが「御宿VORTAC」に通じる唯一の道だと思うのですが、通れなくなっていました。

 

D20_0039.jpg

この先に航空関係の施設があるということをにおわせるものは特になし。少なくともオイラは気が付きませんでした。

 

地上局を使用して飛ぶと、どうしても地上局から次の地上局へとジグザクに飛ぶことになってしまいます。

地上局を使わなければ、目的地までより直線的に向かうことが出来、燃料、時間の節約に大きな効果があります。

INS、GPSの普及と共に、こうした地上局廃止の流れは以前から予測できたことなのですが、

こんなに重要なポイントがこうもあっさりと消えてしまうとは、ビックリです。

あちこちサイトを覗いてみると、自家用機のオーナーさんたちからも「廃止ちょっとまってよ~」という声が挙がっているようですが。。。

 

御宿TACAN map   


      千葉県・御宿VORTAC     

御宿VORTAC データ
設置管理者:国土交通省
所在地:千葉県夷隅郡御宿町岩和田
座 標:N35°11′″00E140°22′14″
標 高:70m
周波数:115.7MHz
*標高はグーグルアースにて算出

沿革
2015年3月5日 廃止

関連サイト:
FLIGHT INFORMATION GUIDE "SUP VFR INFO"/御宿VORの廃止    
ブログ内関連記事       


千葉県・鳥居崎埋立地 [├場所]

  2015年6月 訪問 

無題8.png

千葉県木更津市の「鳥居崎埋立地」。

昭和15年当時、木更津中學校致芳會滑空部が当埋立地で滑空訓練をしていたという記録が残っています。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんどうもありがとうございましたm(_ _)m

国土地理院の19946年の航空写真(下記リンク参照)や、もっと古い地図で確認しても、

このカギ型の埋立地のどの部分が滑空場として使用されていたのか絞り込みができておりません。

地元図書館所蔵の地図も確認したのですが、戦時中は県道90号線よりもう少し内陸側まで、全面白抜き表示になっており、

如何にも「埋立地」という感じがします。

1946年、終戦翌年の写真ではもう既に建物が随分と建っています。

埋立地内のどこかを部分的に滑空場として使用していたのではないかと。

市史も確認したのですが、滑空訓練に関する記述は特にありませんでした。

 

D20_0033.jpg

・A地点。

埋立地のこの部分は戦後幅広に形が変化しています。

 

D20_0036.jpg

・B地点。

先頭の地図、B地点にある「見染の松」は、「死んだはずだよお富さん」の与三郎がお富を見初め、

逢瀬を重ねた場所なんだそうです。

ご両人に遠慮して流石にこれを切り倒して飛ばしたりはしないでしょうね~。

 

千葉県・鳥居崎埋立地 map   


      千葉県・鳥居崎埋立地     

鳥居崎埋立地 データ

所在地:千葉県木更津市富士見3丁目
座 標:N35°22′49″E139°54′54″
標 高:2m
*座標、標高はグーグルアースにて算出

関連サイト:
国土地理院 1946年2月当時の写真(USA M58-A-6 30) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事       


千葉県・千葉県立千葉中学校・高等学校 [├場所]

  2015年6月 訪問 

D20_0029.jpg

千葉県千葉市にある「千葉県立千葉中学校・高等学校」。

なんだかやけに緑で縁取られた絵になっておりますが、これは事案発生が怖くてビビりながら撮ったからです(゚Д゚;≡;゚Д゚)

昭和15年、当時の「縣立千葉中學校」校庭でグライダー訓練が行われていました。

この情報はアギラさんから頂きました。アギラさんありがとうございましたm(_ _)m 

上の写真は1946年当時の航空写真(下記リンク参照)でも校庭だった南東側。

 

 

千葉県立千葉中学校・高等学校 map   


      千葉県・千葉県立千葉中学校・高等学校     

千葉県立千葉中学校・高等学校 データ

所在地:千葉県千葉市中央区葛城1丁目5−2
座 標:N35°35′56″E140°07′46″
標 高:18m
着陸帯:150m×110m(当時)
*座標、標高、着陸帯長さはグーグルアースにて算出

関連サイト:
国土地理院 1946年2月当時の写真(USA M58-A-6 79) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事