So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカ・スーゲートウェイ空港コロネル・バッド・デイ・フィールド [├海外の空港、飛行場]


アイオワ州スーシティにある「スーゲートウェイ空港コロネル・バッド・デイ・フィールド」。

軍民共用の空港です。

2017年1月現在、グーグルマップには、

KC-135(フライングブームの影が見えてる)が2機、駐機しているのが映ってます。

Wiki/Sioux Gateway Airport の History によれば、

「スーシティ軍基地の建設は、1942年3月、日本の真珠湾攻撃の約3カ月後に始まった。ここはB-24、B-17の乗組員のための主要な訓練センターになった。」

とあります。

両機は太平洋戦線で使用されましたから、Wkiki英語版がわざわざ真珠湾に触れている通り、

対日開戦が建設の発端になった空港なのかもしれません。

戦後は一旦閉鎖されたものの、空軍準備基地として使用されたと説明があります。

ただ、いつから民間機も乗り入れるようになったのか、「スーゲートウェイ空港」の後に続く「コロネル・バッド・デイ・フィールド」

とは一体何なのか、ナゾな空港です。


     スーゲートウェイ空港コロネル・バッド・デイ・フィールド       

スーゲートウェイ空港コロネル・バッド・デイ・フィールド  データ
設置管理者:Sioux Gateway Airport Authority
空港種別:Public
3レター:SUX
4レター:KSUX
標 高:1,098 ft / 335 m
標 点:42°24′09″N 096°23′04″W
滑走路:
9,002(13/31)   Concrete
6,600(17/35)   Asphalt

沿革
1942年 3月 スーシティ軍基地着工
1942年 7月5日 完成
1945年 12月スーシティ軍基地閉鎖
1946年 9月 空軍準備基地として開設

関連サイト:
公式サイト  
Wiki/Sioux Gateway Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0