So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカ・メリルフィールド空港 [├海外の空港、飛行場]


アラスカ州アンカレッジにある「メリルフィールド空港」。

前記事の「エルメンドルフ・リチャードソン統合基地」の南南西約4kmにあります。

610m、805m、1,219mと短いながらも3本の滑走路があり、ここは完全に小型機用の空港です。

(2013年にFedEx寄贈のB727が着陸した)

Wikiによれば、844機の単発機、41機の双発機、16機のヘリ、1機のグライダーがこの空港を定置場としています。

計900余機という恐るべきその数字に違わず駐機場を見てみれば、

まるでここはイオ○かジャ○コの駐車場なのかと見紛うばかりにずらりと並ぶ小型機の群れ(XДX)

「航空大国」の裾野の凄みを改めて思い知らされたのでした。


     アメリカ・メリルフィールド空港       

メリルフィールド空港  データ
設置管理者:Municipality of Anchorage
空港種別:Public
3レター:MRI
4レター:PAMR
標 高:137 ft / 42 m
標 点:61°12′49″N 149°50′40″W
滑走路:
2,000ft(05/23)   Gravel/Dirt
4,000ft(07/25)   Asphalt
2,640ft(16/34)   Asphalt

沿革
1930年 設立

関連サイト:
公式サイト  
Wiki/Merrill Field  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0