So-net無料ブログ作成

屋島飛行場跡地 [├国内の空港、飛行場]

  2014年06月 訪問 

無題0.png

香川県‎高松市‎にあった旧陸軍の「屋島飛行場」。

本土決戦に備えた陸軍の秘匿飛行場で、観光道路を整備拡張したコンクリート舗装の滑走路でした。

キチンと場所を特定する事が出来ず、長い間ナゾの飛行場でした。

4年前によく分からず現地にお邪魔した(下記リンク参照)ので、今回やり直したのでした。

上図、滑走路が途中から上に折れ曲がってるのが非常に気になります。

1947年の航空写真(下記リンク参照)で確認すると、上に折れ曲がる太い道は当然あるのですが、

曲がらずにそのまま直進する細い道は当時もあり、もしかしたら、真っ直ぐ進むのが正しいのかも。

とも思うのですが、真っ直ぐの道は当時の写真でも細くて、滑走路っぽくありません。

道路の太さで考えると、やっぱり様々なサイトにある通り、滑走路は途中で折れ曲がっているのではないかと思います。

 

D20_0034.jpg

・A地点(以下同様)

滑走路西端の起点となる「新川橋」。

ネットではどう調べてもこの新川橋の場所がハッキリしなかったのでした。

やっと会えた新川橋。

 

D20_0040.jpg

新川橋から続く県道155号線(途中から33号になってる)。

ここから画面奥に向かって滑走路でした。

滑走路として使用するため沿線の民家は疎開し、橋の欄干も切り取られたのだそうです。

当飛行場については様々なサイト様でいろいろ情報があるのですが、

「タダノのとこから屋島神社参道のとこまで」というのがよく見受けられる表現です。

また飛行場の長さについては、「観光道路を千メートルに渡って整備拡張した」という記述が多いです。

詳しい資料では滑走路西端について、「タダノのとこから」が「新川橋」となっており、

東端については、「参道の西側部分が飛行場になった」と表現されています。

この通りに屈曲部も含めてグーグルアースで長さを測ると1,074mとなり、

資料にしばしば出てくる千メートルとほぼ同じになります。

林村の飛行場作業に当たっていた高松中学校の生徒が付近の住民と共に作業に従事しました。

工事は道路を滑走路幅に広げ、両側に道路と並行して深い溝を掘り、

その土を道路との間に盛り上げ、同じ高さにして固めました。

基礎には牟礼や庵治から大きな砕石を運んできて敷石しました。

拡張した部分は芝で覆い、周囲の田畑と見分けがつかないようにしました。

滑走路に沿って北側には水路があり、南側(上の画面で道路に沿って右側)にはヨシズがあり、

飛行機を駐機させていたのだそうです。

屋島神社参道も整地拡張され、ヨシズの広がる陸軍機の秘匿場所となったのだそうです。

 

D20_0036.jpg

・A地点 新川

当時はここの河原から砂利を採り、トロッコで運んでいたのだそうです。

この飛行場は結局使用されることは無かったのですが、

米軍の高松爆撃計画では、指定番号2602(Kirai Airfield)として登録されていました。

一応当地の東南東約26kmに「東かがわ市帰来(きらい)」があります。

随分と距離が離れていますが、現在のところ帰来とその周辺に飛行場跡は確認されていません。

7月4日の高松空襲の際、当飛行場を狙ったと思われる空襲があり、屋島山上の獅子霊巌部分が被爆したのだそうです。

 

屋島飛行場跡地map   


      香川県・屋島飛行場跡地      

屋島飛行場跡地 データ

設置管理者:旧陸軍
空港種別:軍用飛行場
所在地:香川県‎高松市‎新田町‎甲‎
座 標:N34°20′11″E134°06′08″
滑走路:1,074m
磁方位:08/26
*座標、磁方位はグーグルアースにて算出

沿革
1945年 春建設開始
       7月4日高松空襲

関連サイト:
国土地理院 1947年10月当時の写真(USA R517-4 47) (「同意する」をクリック→戻る→再度■をクリック)  
ブログ内関連記事      

この記事の資料:
「高松空襲戦災誌」


コメント(6)  トラックバック(0) 

コメント 6

鹿児島のこういち

なぜ曲がってるんでしょう?上空から見て、「ここは、飛行場じゃないよ(^O^)・・・」ってカモフラージュなのかぁ(゜д゜)
by 鹿児島のこういち (2014-08-27 09:09) 

ジョルノ飛曹長

折れ曲がった滑走路ですか・・・
着陸がとても難しそうです。^^
by ジョルノ飛曹長 (2014-08-27 12:55) 

an-kazu

那須与一くらいしか思い浮かばない地名ですが、
いろいろな歴史があるものですねφ(..)メモメモ
by an-kazu (2014-08-27 22:30) 

とり

皆様 コメント、nice! ありがとうございますm(_ _)m

■鹿児島のこういちさん
確かにこんな折れ曲がってた普通滑走路と思わないですよね~^^;

■ジョルノ飛曹長さん
確かにそうですね。

■an-kazuさん
古文の教科書に出ていたエピソードはここでのことだったのですね(滝汗)
by とり (2014-08-28 06:07) 

はーめる

高松町の住人ですが、JR屋島駅の東一帯に「東帰来」と「南帰来」の地名が住宅地図で確認できますよ。
by はーめる (2014-12-10 23:12) 

とり

■はーめるさん
米軍資料は非常に正確だったのですね。
貴重な情報どうもありがとうございましたm(_ _)m
by とり (2014-12-11 06:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0