So-net無料ブログ作成

アメリカ・コールドベイ空港 [├海外の空港、飛行場]


アラスカ州アリューシャン東地区のコールドベイにある「コールドベイ空港」(マップのヒコーキマークのとこ。赤のマーカーは謎の滑走路跡)。

第二次世界大戦中の1942年に「フォート・ランダル米陸軍飛行場」として建設されました。

冷戦時代の1948年に「ソーンブロ米空軍飛行場」となり、

現在は国営の公共用飛行場で、アラスカセントラルエクスプレスによる定期貨物便に使用され、

太平洋横断便の緊急着陸空港として使用されることもあります。

2011年の統計では、運航数:9,210 でした。


     アメリカ・コールドベイ空港      
「実はコールドベイ空港はスペースシャトルの緊急着陸飛行場に設定されている(いた)」という都市伝説があるそうです

コールドベイ空港 データ
設置管理者:State of Alaska DOT&PF - Central Region
空港種別:Public
3レター:CDB
4レター:PACD
ハ ブ:PenAir
標 高:101 ft / 31 m
標 点:55°12′19″N 162°43′28″W
滑走路:(磁方位、長さ フィート、メートル、表面)
15/33   10,180     3,103     Asphalt
08/26     6,235     1,900     Asphalt

関連サイト:
Wiki/Cold Bay Airport  


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

takkun

なかなかコメントできず、ご無沙汰しておりますm(_ _)m
JFKからの帰りの便で氷漬けのアリューシャン列島を見るたびに、「ここで何かあったらどこに降りるんだろう?」と思っていました。
こういった空港の存在が双発機での太平洋横断を可能にしていると思うと、感慨深いものがあります(涙)
そういった事態に直面するのは、出来れば避けたいものですが。
来月のNY行き、JALの成田発夕便も773に機材変更となり、結局787に乗るのはお預けとなりましたとさ(笑)
JALがJFKに773を毎日2便も飛ばすほど需要があるのかが気になりますが。
by takkun (2017-03-29 15:39) 

とり

■takkunさん
ご無沙汰しております。
太平洋路線で緊急着陸空港というと、
アンカレッジしか思い浮かばなかったんですが、
他にもいろいろあるものなんですね。
NY行き、機材変更ですか。
なかなか787に乗れないのはなんなんでしょうか。
どうぞ気を付けて楽しんできてください。
by とり (2017-03-31 06:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0