So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカ・ウィレイ・バーターアイランドLRRS空港 [├海外の空港、飛行場]


アラスカ州バーター島にある「ウィレイ・バーターアイランドLRRS空港」。

LRRSは、「長距離レーダーサイト/長距離レーダーステーション」(Long Range Radar Site / Long Range Radar Station)

の略で、1947年に米軍によって建設され、1953年に島の遠方警戒線レーダー基地を支援するため滑走路を拡張しました。

現在は、ノースロープ郡所有の軍民共用空港となっており、バーター島空港/カクトヴィーク空港としても知られています。

2005年の統計では、運航数:3,350 でした。


     アメリカ・ウィレイ・バーターアイランドLRRS空港       

ウィレイ・バーターアイランドLRRS空港  データ
設置管理者:North Slope Borough
空港種別:Public / Military
3レター:BTI
4レター:PABA
標 高:2 ft / 1 m
標 点:70°08′02″N 143°34′55″W
滑走路:(磁方位、長さ フィート、メートル、表面)
7/25     4,820     1,469     Gravel

関連サイト:
Wiki/Barter Island LRRS Airport  


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: